« 鳴門の近代建築など(2) | トップページ | 本野精吾邸公開中(京都市北区) »

2017年7月 3日 (月)

鳴門の石材

160911muyaishi_1 鳴門の記事の(たぶん)最後に鳴門で見かけた石を紹介します。
鳴門を歩いていると、緑がかった石をよく見かけました。
上の写真は撫養町斎田にあるお寺の裏の石垣です。

 

「和泉砂岩ではないか」と教えていただいて調べてみると、和泉砂岩系の撫養石(むやいし)ということが分かりました。

 

(日本シームレス地質図より)

 

凡例が被さってて見にくいですが、
鳴門周辺の地質をみると、グリーンのところが和泉砂岩ということになると思います。
撫養石の産地は大毛島の真ん中辺りにある三ツ石だとのことです。

 

160911muyaishi02_1 撫養石の石垣がよく見られたのが、撫養街道から一本南側の通りです。

 

160911muyaishi03_1 撫養街道側が高くて、裏通りには勝手口から階段を下りる形になります。
昔は水路が流れていたのではないでしょうか?

 

160911muyaishi04_1 こちらも同じく。
石垣が表面がきれいに揃っています。
階段の色が違うのは耐久性重視で花崗岩を使っているのかもしれません。

 

160911muyaishi05_1
同じ並びに市杵島姫神社があって、ここの石垣も撫養石。

 

160911muyaishi06_1 一方、県立の鳴門高校の校門では阿波青石(緑泥片岩)が使われていました。
徳島=阿波青石ということで、地域の素材として使ったのだと思いますが、どのスケールで考えるかですね。現在撫養石は入手しにくいのかもしれませんが。

 

 

160911muyaishi07_1 他に、撫養川の東側(林崎のあたり)で、こういうカラフルな石垣がありました。
赤い石はチャートでしょうか。

 

160911muyaishi08_1 さらに塩田の町、鳴門町高島に行くとこんな美しい石垣がありました。
絵画作品みたいです。

 

160911muyaishi09_1_1 同じく高島の撫養石の石垣。
塀のカーブがきれいです。

 

160911muyaishi10_1 撫養町小桑島のあたりでしょうか。
石造のお地蔵さんの祠で、これも撫養石だと思います。

 

地元の石材が使われていると、町の色合いが出て良いですね。

 

 

<関連記事>
 「鳴門の近代建築など(1)」  「鳴門の近代建築など(2)」  「鳴門の渡船に乗る」
 
「大毛島から高島へ」  「隠れた名所・小鳴門公園」

 

 「加賀石の里めぐり(1)鵜川石切場跡」  「来待石の町」  「竜山石を訪ねて(1)石切場めぐり」

|

« 鳴門の近代建築など(2) | トップページ | 本野精吾邸公開中(京都市北区) »

国内旅行(徳島)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳴門の石材:

« 鳴門の近代建築など(2) | トップページ | 本野精吾邸公開中(京都市北区) »