2017年9月17日 (日)

ブログ12周年御礼

170813hanayama_1

皆さま、ブログ日常旅行日記をご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログは9月10日に12周年を迎えました。

更新の少ないこのページを見ていただいてありがとうございます。
この記事で1088本目ですので、この1年で25本の記事を載せたことになります。
昨年度の22本から若干の改善ですが、自分としては、ややきっかけをつかんだかなと思っています。

この春から夏にかけて、北陸方面や四国方面など、あちこち出かけました。
これだけは伝えておかないとという内容は賞味期限が切れないうちに上げていくつもりです。

それでも劇的に更新ペースが上がることはないと思いますが、
今後ともよろしくお願いします。
昔の記事でもコメントいただけると非常にうれしいです。


写真は、京の夏の旅で訪ねた京都大学花山天文台本館です。
昭和4年の開設です。ドームだけでなくあちこちが丸いデザインになっています。
まだ9/30まで公開されていますのでどうぞ。
無料シャトルバスが運行されているので行きやすいです。


<関連記事>
 ブログ5周年の記事
 ブログ6周年の記事
 ブログ7周年の記事
 ブログ8周年の記事
 ブログ9周年の記事
 ブログ10周年の記事
 ブログ11周年の記事

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

2017年、明けましておめでとうございます

170101hato
鳩の飾り瓦(藤井寺市)

新年明けましておめでとうございます。

今年はとくに近代の郊外住宅地や公園、木造アパートなどの記事化、面格子ファンクラブの活動などに力を入れていきたいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。

古い記事へのコメントでも、お気軽にどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

2016年、今年もお世話になりました

161210toyokuni

もうすぐ2016年が終わります。
今年も当ブログを見に来ていただいてありがとうございます。
毎年ブログの更新が少ないことを懺悔する場になってしまっていますが、それにしても今年は少ない。

振り返りの一枚は何にしようか迷いつつ、明るい話題として、10月にオープンした、トヨクニハウスのトヨクニコーヒーを選びました。このような利用は着実に進んでいますし、このような場を好む人も増えていますね。

一方で大事なことが分かっていながらも解体されていく、大丸心斎橋本店や神戸のファミリアホールのような例もありますが。

さて、今年の記事を振り返ります。

●2016年を振り返って

1月 ・日牟禮八幡宮楼門の彫刻(2015年)
   ・中村公園のラジオ塔(2015年)
   ・大丸心斎橋店本館の公開

2月 ・名古屋のラジオ塔ふたたび

3月 ・まちかどの近代建築写真展 in 大阪 テーマは小さな建物たち
   ・鶴舞公園シリーズ(2015年。実は途中)

4月 ・まちかどの近代建築写真展 in 名古屋 初開催

5〜7月 なし 

8月 ・瑞浪の近代建築
   ・今日の夏の旅

9月 ・ブログ11周年

10月 ・小豆島・草壁本町編

11月 なし

12月 ・木津川アート2016シリーズ


 実は、上記以外にも、紀ノ川沿いの大和街道を橋本から名手まで歩いたり、京都の八瀬遊園、京大高槻農場、新舞子、西高野街道、沙弥島・坂出、菱屋西住宅、加賀屋新田会所、豊中、武庫之荘住宅地、明石、岐阜、桑名、西向日住宅地、岡本の洋館見学会、多治見・笠原・土岐、岡崎2回、甲陽園、恵我ノ荘住宅地、三本松・白鳥・引田、鳴門、天美荘園、童仙房、豊橋、高取土佐、文の里、イケフェス、大山崎、都島、藤井厚二の3住宅、京都と回ってます。
これをまとめながら、なんてこと、と思ってしまいました。
このページが検索でヒットしないことを願うばかり。

いくつかは年明けに記事にするつもりですが・・・

 これに懲りず、新年もよろしくお願いいたします。

<関連記事>
 「2012年のまとめ」
 「2013年のまとめ」
 「2014年のまとめ」
 「2015年のまとめ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

ブログ11周年御礼

160903paulista
<旧カフェーパウリスタ甲陽園支店(既に解体されたはず)>

皆さま、ブログ日常旅行日記をご覧いただき、ありがとうございます。
当ブログは9月10日に11周年を迎えました。

最近ますます更新が滞りがちで、この記事で1063本目ですので、この1年で22本の記事を載せたことになります。
5〜7月の3ヶ月も記事を書いていないので、申し訳ない限りです。

書くことがないのかというと、むしろ逆で、出かけてばかりで書く間がなくなっているのが実際です。
私の場合は発信しないと意味がないと痛感しています。

岡崎、香川、鳴門などに遠出した他、最近また近くの郊外住宅地も確認に回っています。
もう少し発信の方に時間を割きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。


なお、トップの写真は先日、見学会が開かれた旧カフェーパウリスタ甲陽園支店です。
惜しまれながら解体されたはずですが、この波に千鳥のステンドグラス等は神戸の「海外移住と文化の交流センターミュージアム」に収蔵されると伺っています。
記録に残す方、保存活用運動に走り回られる方、残るための方策を伝えられる方、公開を働きかけて広く知ってもらう方、写真展を開催される方、アートとして表現される方等々、それぞれの役割で継続して活動されている方々には頭が下がります。

<関連記事>
 ブログ5周年の記事
 ブログ6周年の記事
 ブログ7周年の記事
 ブログ8周年の記事
 ブログ9周年の記事
 ブログ10周年の記事

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年12月31日 (木)

2015年もお世話になりました

151231daimaru

まもなく、2015年も終わり。
今年も日常旅行日記をご覧いただき、ありがとうございました。
今年は今まで以上に更新が減ってしまい申し訳ありません。

このブログのテーマで今年の大きなニュースといえば、大丸心斎橋店本館の建て替えです。
今のところ、御堂筋側の外観は残る、内部は一部部材を再利用して再構成する部分がある、ということのようですが、どこまで内部の良さが残されるのか、気がかりなところです。
ぜひ1階の内装を空間として残していただきたいと思います(できれば階段室も)。

どういう形になるのか、まだ未確定な部分があります。
 →こちらで1/15まで署名活動が継続しています

さて、このブログに戻って、今年の記事を振り返ります。

●2015年を振り返って

1月 ・高砂の市営住宅

2月 ・山本住宅地(八尾市)
   ・高砂の近代建築

3月 ・園田住宅地 
    ・まちかどの近代建築写真展 in 大阪
    ・名古屋の道徳エリア

4月 なし

5月 ・天下茶屋の木造アパートの解体

6月 なし

7月 ・有鄰館日本館の公開

8月 なし

9月 ・大和高田シリーズ

10月 ・大和高田の続き

11月 ・面格子写真展開催
    ・のせでんアートライン
    ・はならぁと2015・宇陀松山

12月 ・レトロ銭湯へようこそ写真展


 実際には、名古屋に2回(鶴舞公園や中村公園)、京都の太閤坦住宅地、三田、今里の公園、ヨドコウ迎賓館、西宮、鞆の浦・福山、常滑・半田、津久野等行ってますので、記事にできなかったのは申し訳ないところです。

 不本意な内容ではありましたが、来年もよろしくお願いいたします。

<関連記事>
 「2012年のまとめ」
 「2013年のまとめ」
「2014年のまとめ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

ブログ10周年御礼

150829noe01
<大阪市城東区今福西の洋館付き長屋>

本年9月10日をもって、本ブログは10周年を迎えました。
見に来ていただいている皆さま、本当にありがとうございます。

10年というと一区切りですが、振り返ってみてもメインのテーマはほとんど変わっていないな、よく変わらなかったなと思います。当初はもう少し個人的な内容であったり、映画や展覧会などの記事もありましたが、それらは切り離して、次第に近代の街歩きに純化してきました。

この間、取り上げた建物がなくなったことも度々で・・・というより、書いて間もなくなくなったりして、呼ばれたのかと思うこともあります。できるだけ、その後の変化があったものは、追記していきたいと思っています。

ブログを続けてきて良かったことはたくさんあります。
同好の方や関係者の方と知り合えたこと
記事をまとめる過程で深く知ることができたこと
情報が集まりやすくなったこと 等々

この記事は1041本目ですので、この一年に書いた記事は33本です。
かなり少なくなってしまい、申し訳ないところです。

素材自体はたくさんあって、今書き始めている昨年の大和高田、網干、近江八幡、今年に入って名古屋の鶴舞公園、京都の太閤坦、三田、ヨドコウ迎賓館、西宮、鞆の浦・福山、大阪市内の近代公園等々が眠っています。
公開しないことには出かけたことが生きてこないので、忙しいと言い訳せず、記事にしていきたいなと思います。決して飽きてはいませんので。

コメントいただけると非常に励みになります。
まだまだ継続しますので、これからもよろしくお願いします。

150829noe02
<洋館付き長屋の洋館部>

<関連記事>
 ブログ5周年の記事
 ブログ6周年の記事
 ブログ7周年の記事
 ブログ8周年の記事
 ブログ9周年の記事

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

2015年もよろしくお願いします

141103tsuru1

新年明けましておめでとうございます。

年初にあたって、今まで載せられなかった写真を使おう、と思ったらたくさんありすぎて悩みました。
伝えたいことはたくさんあって、記事を書くための素材もあるのにもったいないなと思います。ここで紹介しないと紹介されないようなものはなんとか伝えていきたいと思います。
それは郊外住宅地や木造アパートであったり、飾り瓦や面格子、持ち送り、戸袋などのまちなかのデザインであったり。
年末の記事にも書きましたように、しばらく昨年の記事を続けます。
ご了解ください。

一方、今年は大丸の心斎橋本店がどうなるかも気になります。

年初から暗いトーンになってしまいましたが、楽しんでもらえたり、「おっ」と思うような記事内容を心がけますので、本年も本ブログをよろしくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年12月31日 (水)

2014年お世話になりました

141221harima
<大阪市阿倍野区播磨町1丁目の和洋折衷住宅>

皆さま、今年もお世話になりました。
今年最後の投稿で今年を振り返ります。

今年は仕事の関係で平日にブログを書く時間が確保できませんでした。
休日は出かけてしまって、結局記事にできず、投稿数もかなり減ってしまいました。
時々様子を見に来ていただいた方、すみません。

振り返ると、記事の連続性にとらわれないなど、もう少し工夫の余地はあったかなと思います。

いくつかの記事は来年に持ち越しになります。
記録として必要性のある、市営住宅、郊外住宅地のシリーズは、遅れても報告していきたいと思っています。
実は投稿できていない、名古屋、八尾市山本町、大和高田などの記事もあります。

また年初から今年の記事が続くことになりますが、よろしくお願いします。

■2014年を振り返って

1月 ※当初は2013年の記事が続く、例年のパターン
   ・はならぁと2013(今井町">犬島豊島
   ・はならぁと2013(今井町)
2月 ・はならぁと2013(大宇陀)
    ・瀬戸内国際芸術祭2013(須田粟島
    ・ブレイカープロジェクトの山王ツアー
3月 ・瀬戸内国際芸術祭2013(志々島善通寺高見島佐柳島
    ・私の精華小学校写真展
    ・まちかどの近代建築写真展 in 大阪 テーマは工場建築
4月 投稿なし
5月 ・はならぁと2013(奈良きたまち)
    ・鶴之荘住宅地(川西市)
6月 ・上野芝向ヶ丘住宅地(堺市)
7月 ・高砂市営住宅シリーズ ※継続中
8月 ・銀座センターの解体(大阪市西成区)
9月 ・あやめ池温泉場跡(奈良市)
    ・ブログ9周年
10月 ・京の夏の旅(島原の輪違屋)
11月 ・木津川アート2014
12月 ・別府国東半島中津の旅
    ・はならぁと2014(生駒宝山寺参道) ※継続中

141230sumiyoshi01
<大阪市住吉区住吉2丁目の洋館付き住宅>

141230sumiyoshi02
<大阪市住吉区住吉2丁目の和洋折衷住宅>

 こういうささやかな住宅なども撮っていますが、報告できないまま埋もれてしまっています。
このブログの役目を考えると惜しいなと思います。

反省ばかりになってしまいましたが、継続できたのは何よりだと思っています。
皆さま、ご覧いただきありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい。

<関連記事>
 「2012年のまとめ」
 「2013年のまとめ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

2014年あけましておめでとうございます

140101kn1

皆さま、明けましておめでとうございます。

ブログ「日常旅行日記」をご覧いただきましてありがとうございます。
昨年を振り返って思うのは、「新しいことに取り組まなかったな」ということです。
別に大きなことをするという意味ではなくて、「こんなのも面白い」という発見があまりなかったような・・・
今年はそんな気付きがあれば良いなと思います。

近代のまちへの関心は変わらず、
今年も近代の郊外住宅地や公園、レトロアパートなどを訪ね歩くつもりです。

さて、冒頭の写真です。

よく見ると見たことのあるガラス窓。

140101kn2
磨りガラスで絵が描かれているものです。
遠いので分かりにくいのですが、遠くに富士山があって、帆掛け船が見えて、手前に松原と民家があるという構図かと思います。注意して見るとこういうのも身近で見かけられるのですね。

140101kn3
ちょっとユーモラスな鯉の瓦。

140101kn4
生け垣の南天

身近な気付きを大切にしつつ、ブログを続けたいと思います。
しばらく昨年の(それも夏の!)記事が続きますので、お付き合いください。

本年もよろしくお願いします。
引き続きコメント歓迎です!

<関連記事>
 2013年を迎えて

続きを読む "2014年あけましておめでとうございます"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

2013年もお世話になりました

131230matsu1
<大阪市西成区松の加納医院>
 スクラッチタイルに角丸の建物
 3階は増築?

131230matsu6
 裏から見ると木造っぽいつくりです

皆さま、2013年もお世話になりました。
年末ですので、この一年を振り返ってみたいと思います。

昨年からの流れで、瀬戸内国際芸術祭の島を何度も訪ねましたが、それ以外は仕事が忙しかったこともあって、あまり遠出せずでした。6月から10月まではほとんど更新できず。

地域型のアートイベントに出かけては、よそ見レポートをするというパターンが定着しています。
このブログで関心の強い近代建築の活用については、今年は旧ジョネス邸、旧精華小学校などは残念な状況です。もったいないことです。一方で、小規模な建物については、京都・ならまち・中崎町・空堀といったエリアを離れて、どこでも単発で活用されるようになり、それは心強い動きだと思います。

昨年に続き、今年も瀬戸内芸術祭やはならぁとの記事を持ち越してしまいました。
会期中に記事にして、訪ねていただくという流れが作れなかったのは反省点です。

はなはだマイペースなブログですが、ご覧いただいてありがとうございました。


■2013年を振り返って

 1月 ※当初は2012年の記事が続きます
    ・平野探訪
    ・西宮船坂ビエンナーレ2012
    ・はならぁと2012
     (五條名柄田原本八木大和郡山
    ・歴史的建造物を守るためのシンポジウム(1/12)
 2月 ・甲子園住宅地シリーズ
 3月 ・まちかどの近代建築写真展(テーマ:学校)
    ・東京シリーズ(上野下アパートなど)
 4月 ・海中から現れる阪神パーク跡
    ・雲雀丘のオープンガーデンシリーズ
 5月 ・旧大阪市営高見住宅
    ・春の瀬戸内国際芸術祭
     (坂出女木島男木島直島
    ・近江八幡のヴォーリズ建築探訪
    ・神戸塩屋の旧ジョネス邸保存問題
 6月 ・竜山石を訪ねるシリーズ
 7月 ・竜山石を訪ねる続き
 8月 ・宝山寺獅子閣の特別公開
 9月 ・ブログ8周年
    ・稲野住宅地呉羽の里住宅地
 10月 ・夏の瀬戸内芸術祭(伊吹島
 11月 ・夏の瀬戸内芸術祭(観音寺高松大島宇多津
    ・旧精華小学校解体始まる
    ・はならぁと2013(桜井本町)
    ・オープンナガヤ大阪2013
 12月 ・新・福寿荘で「まほろば荘」
    ・阿倍野長屋で「電化美術展」
    ・夏の瀬戸内芸術祭(小豆島)
    ・はならぁと2013(五條)

<関連記事>
 「2012年のまとめ」

 最後に、年末の西成の風景を紹介しておきます。
 主に明治末から大正時代にかけて開発された、今宮村第一・第二耕地整理事業のエリアです。

131230matsu2
木造アパートの橘住宅。

131230matsu3
壁の模様の思い切りがよい住宅。

131230matsu4
マンションの階段

131230matsu5
その名も昭和ハウスという木造アパート

131230matsu7
看板建築風の店舗。大阪市西成区松1丁目。トップの写真と同じ並びにあるのですが、この通り、いい建物があります。

131230matsu8
これも同じ並びにある建物。
壁面の凹カーブ、分割パターンが良い感じです。

131230matsu9
手押しポンプ井戸などもあります。

131230matsu10
鶴見橋1丁目にある木造アパートの御園荘。

131230matsu11
「空室アリマス」

131230matsu12
長橋では再開発が行われるようです。
フェンスで囲まれた土地が広がっていて不思議な感覚。

131230matsu13
鶴見橋の商店街にあるオギノ産婦人科。
味があります。

131230matsu14
鶴見橋商店街近くの古い建物。
この2階真ん中の窓のことを「おたふく窓」と呼ぶことを最近知りました。
↓こういう窓(とそのバリエーション)です。
┌─┬─┐ 
├┬┴┬┤
││ ││
├┴┬┴┤
└─┴─┘

今年もあとわずか。
皆さまも良い年をお迎え下さい。


より大きな地図で レトロなアパート を表示

| | コメント (6) | トラックバック (0)