« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月30日 (木)

あおい公園/旧下鴨膳部公園(京都市左京区)

190209aoi17

京都市の近代の公園めぐりの続きです。
地蔵本児童公園の後、疎水分線沿いに進み、高野川を越えて、この日は京都工芸繊維大学や写真の松ヶ崎浄水場に寄り道しました。
松ヶ崎浄水場は昭和2年、蹴上浄水場に次いで京都で二番目にできた浄水場です。この建物は昭和2年当初の旧最高区ポンプ室(電気室)とのことです。

訪問日:2019年2月9日

190209aoi18

松ヶ崎浄水場の南側を流れる疎水分線にかかる橋。
煉瓦の構造物も気になります。

190209aoi19

住宅地に入ると焼きすぎ煉瓦の塀を持つ家がありました。
凝ってます。

190209aoi13

蔵と洋館付きの住宅。

190209aoi12

こちらも2階建て洋館付きの住宅。
窓の格子が面白い形です。

190209aoi0

古い住宅の眺めながら歩いて行くと正面に、あおい公園(旧下鴨膳部公園・昭和10年)がありました。
さすがにこの時期の公園は凝っていて、ここも門柱脇の壁が手前に広がるカーブになっている上に帯の模様が付いています。

190209aoi11

この公園前は住宅地設計上のポイントとなる場所らしく、ハの字に開く石橋が架かっています。
先ほどの住宅はこの右手にあり、住宅地の中でも重要な通りなのではないでしょうか。
ちなみに流れる川もただの川ではなくて、高野川の宝ヶ池付近で取水され、下流では下鴨神社の糺の森を流れる泉川です。
この水路が公園に沿うように折れています。

190209aoi1

あおい公園の南側の門も同じデザインでした。

190209aoi2

公園のほぼ全景。
そんなに目立つものがないように見えるかもしれませんが、面白いものがいろいろありました。

190209aoi3
なんといってもこれ。
大きな岩に「記念」とだけ書かれています。
一体何の記念?と疑問ですが、そういうときは裏に回ります。

190209aoi4

裏側に碑文がはめ込まれていました。
右側の石には関係者の名前が刻まれていました。

190209aoi5

そして左側の石にはこの碑文です。
書き起こしてみます。


昭和六年二月、下鴨土地区画整理組合成立
時は市長を組合長に推し、鞍馬街道以東高
野川右岸に至る下鴨学区の北部及び松ヶ崎
学区の一隅を画して、農耕地帯の市塵化を
図りしが、市当局の援助と組合員二百余家
の協戮とに因り、諸般の準備著著緒に就き
翌年二月興工十月完竣。所投の資金十七万
二千余円。所整の地面十四万七千七百余坪
街路溝渠井井縄縄居住安便、方域殷賑の基
を開けり。乃ち梗●を石に●して新開の遊
園に安し、以て永遠の記念に備う。
昭和八年三月誌す


 ※旧字体は可能な限り新字体に変更しました。
  送りがなはカタカナをひらがなに改めました。
  適宜、改行や句読点を追加しています。
  不正確かもしれませんので参考程度にご利用下さい。

 つまりは下鴨土地区画整理事業の竣工記念碑です。

190209aoi6

また、国旗掲揚台も残っていました。

190209aoi7

裏側に回るとちゃんと旗竿を固定する凹みと金具が残っています。

190209aoi8

また隣の葵小学校との間に石柱が立っています。
小学校と行き来できるように門があったのでしょうか。

190209aoi9

もう一対、南側にもありました。

190209aoi10

シンプルな砂場。

公園には、平成になってから設置された三等三角点などもありましたが、記事のボリュームの関係で省略します。

190209aoi14

公園から続く葵小学校の塀は、アーチの小窓のような装飾が付いていて古そうです。

190209aoi15

もう一つ、周辺の見どころとして、先ほどの泉川にかかる石橋があります。
公園沿いの住宅は泉川を石橋でまたいで正門というつくりになっていて、この石橋が立派なんです。
蔵・洋館付きの住宅自体も良いですが。

190209aoi16

こちらもきれいな石橋です。
下鴨土地区画整理事業の区域内には古い住宅が多数あるようですが、この日は公園メインでしたので、次の公園に向かいました。

 

<関連記事>
 日常旅行日記「近代の公園目次」

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

地蔵本児童公園(京都市左京区)

190209jizomoto3

一乗寺公園の後は、第二太田川・疎水分線を下ったところにある地蔵本児童公園(昭和13年)を訪ねました。
(途中、マヤルカ古書店があります)
ここはアールデコ・デザインの門がきれいに残っているようです。
手前に開くようにカーブさせた門壁に、カーブさせた花壇を組み合わせ、丸窓を2つずつ。
金属は後から付け直しているかもしれませんが、どうなんでしょう。

これは南側の入口です。全部で3ヶ所の入口がこの形でした。

訪問日:2019年2月9日

190209jizomoto7

地蔵本児童公園と縦書きの銅板っぽいプレートがはまっています。
丸窓には井の字の格子。これは北東側の門です。

190209jizomoto0

疎水分線から見るとこういう位置関係です。
奥が地蔵本児童公園。

190209jizomoto1

こちらは北東入口。全く同じデザインの門です。

190209jizomoto2

北東入口の門の左側。
この角度が形が分かりやすいでしょうか。
花壇に2本の線を入れているのがアクセントになっています。

190209jizomoto4

こちらは西側入口。同じデザインで、どれもきれいに残っています。

190209jizomoto5

間の柵はコンクリートの角柱を鉄パイプと低い壁でつないでいますが、角だけは五角形の柱でした。

190209jizomoto6

破損した柱。内部の鉄筋が露出しています。

190209jizomoto8

この公園で門以外に気になったのはこの遺構です。
今では何の役目も果たしていませんが、形からして国旗掲揚台ではないでしょうか。

190209jizomoto9

背面側から見たところです。
柱を取り付ける凹みがあれば確実なのですが、それは確認できません。

190209jizomoto11

あと謎の石柱。

190209jizomoto12

この石柱はこの場所にあります。
それ以外に気になるものは見つけられませんでした。

190209jizomoto13

京都の公園でよく見かける人研ぎの滑り台。

190209jizomoto14

円形の砂場。公園は手前(東)半分に遊具があり、奥(西)半分がベンチのある広場です。

190209jizomoto15

コンクリートのベンチ。昭和中期ぐらいか。

ネット情報では、かつて市電車両が児童館として置かれていたらしく、その状態が見られなかったのは残念です。

 

<関連記事>
 日常旅行日記「近代の公園目次」

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

一乗寺公園(京都市左京区)

190209ichijoji0

久しぶりの更新は、京都の近代公園編に戻ります。

現在、外出を控えているとはいえ、全く誇れることではありませんが、取材して記事にできていない写真が大量にあるので、たぶん一年以上それで記事が書けます。

ということで、今回は1年前に京都市街地北部の公園を巡った記録です。

まず最初は、京都市左京区の一乗寺公園です。
叡山電鉄のすぐ側にある公園ですので、車窓から見ている方もおられるかも。一乗寺駅の南側です。
昭和17年に防空緑地として整備された公園です。

上の写真は公園の北東角入口です。公園は西側が叡山電鉄、北・東・南は道路に接していて、北側の道沿いに、疎水分線に注ぐ第二太田川が流れています。

訪問日:2019年2月9日

190209ichijoji1

公園の表示はこんな感じ。
たどたどしく見えるのはなぞったから?
アールを描いていますが、非常にシンプルなのでアールデコなのかというとそこまで言いにくいところ。
昭和17年という時期的にそれほど凝った装飾はしていないと思います。

190209ichijoji2

公園の南東入口の公園表示は大理石に彫られているようで、こちらの方がオリジナルに近そうです。
こちらもアール。

190209ichijoji3

公園の南東入口。公園の門柱から鉄パイプでつながれて、シンプルなコンクリートの壁と柱が続いています。

190209ichijoji8

車止めに使われている花崗岩の石柱がちょっと気になります。

190209ichijoji5

公園東側の入口。門柱脇の壁に逆三角形の窓が開いているシンプルなデザインです。

190209ichijoji6

このデザインは何カ所かにあって、こちらは北西側入口です。

190209ichijoji4

公園内部はというと非常に整然としています。

190209ichijoji7

看板が立っていて、この公園の地下は第二太田川調整池として、平成27年に整備されたそうです。
写真のようなコンクリートの柱が並び、川の増水時に水を溜める空間にされたので、工事の際に公園は掘り返されて、埋め戻されたのかと思いましたが、平成21年(2009年)のGoogle streetviewの画像を見てもあまり変わりませんので、それ以前からこのようになっていたようです。

190209ichijoji9

公園の南半分は野球場になっていて、通常の公園部分とはヒマラヤ杉、隣接する一乗寺保育園との境は弧を描くケヤキ並木?で縁取られています。

 

190209ichijoji10

ベンチも古いものは確認できず、こんな木のベンチでした。

公園内部については、気になるものを見つけられずです。

 

 

<関連記事>
 日常旅行日記「近代の公園目次」

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »