« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月20日 (金)

日吉公園と茶ノ木島公園(名古屋市中村区)

181209hiyoshi01

名古屋市中村区の近代の公園を巡った話の続きです。
里山公園の後は南下して日吉公園(昭和10年)を訪ねました。

181209hiyoshi02

公園の南西入口の門柱が独特で、橋の親柱のような形をしています。
もしかしたら当初の門柱なのかもしれません。

181209hiyoshi03

公園の中はこのようになっていて、中央部に森があります。

181209hiyoshi04

その実体は神社。現在の社殿はごく小さなものですが、日吉神社または日之宮といいます。

181209hiyoshi05

隣に石碑があって、由緒ある神社だと分かります。
「日吉丸生母祈願乃址」とあって、つまり豊臣秀吉の母がここにあった日吉権現に、子どもが授かるようにと日参し、生まれたのが豊臣秀吉で、その感謝を込めて日吉丸という幼名を付けたという伝承があるそうです。

181209hiyoshi06

公園の南側に鳥居があって、その横にも「日吉丸生母祈願の跡」という看板が立っています。

『名古屋の公園』(昭和18年)によれば、昭和7年、名西土地区画整理組合が、敬神思想の助長・奨励と旧跡保存を目的に日の宮神社の境内を拡張して公園としたもので、昭和10年に名古屋市に寄附され、由来にちなんで日吉神社と名付けられたそうです。中村公園と似たようなルーツなのですね。
当初は設備が充実していて、公会堂(日吉会館)、四阿、公衆便所、橋梁2つ、国旗掲揚柱1基、ベンチ5ヶ所、滑り台、ブランコ、鉄棒、藤棚、芝生が整備され、吉野桜など633本の樹木があったとのことです。

181209hiyoshi07

古いものとして、鳥居の前に国旗掲揚柱があります。

181209hiyoshi08

裏を見ると昭和8年と書かれているようですので、これが『名古屋の公園』に記載のある国旗掲揚柱でしょうか。

181209hiyoshi09

それ以外の古いものはよく分かりません。
ここにも懐かしい回転ジャングルジムがありました。
もちろん戦前ではありません。

181209hiyoshi10

砂場がひょうたんの形なのはさすがに豊臣秀吉を意識していますね。

181209hiyoshi11

ハードディスク型のトイレもありました。

続いて、名古屋駅に戻りながら、茶ノ木公園(昭和12年)も見に行きました。

181209hiyoshi12

茶ノ木公園は防災公園の米野公園の一部になっていて、恐らくこの写真の左奥の部分がそうではないかと思います。
米野公園はこの時はまだ整備途中で、木々はまだ育っていませんでした。

181209hiyoshi13

米野公園の案内板があります。
このうち「子どもの遊び場」となっているのが旧茶ノ木公園ではないでしょうか。

181209hiyoshi14

なお、米野公園の案内板に「(整備中)」とあるように、実際の風景を見ると案内図のようになっていません。
右側のカーブする遊歩道が柵で囲まれた通路で分断されていて、奥には住宅まであります。2つの異なる風景がパッチワークされているようです。公園を断ち切って道が作られているようですが、もちろん逆で、整備できるところから盛り土して公園が建設されています。なんとも不思議な風景です。

181209hiyoshi15

その隣に茶ノ木島公園はあります。

181209hiyoshi16

ちゃんと茶ノ木島公園の表示が残っています。

181209hiyoshi17

横にちゃんと茶ノ木島公園の解説板が設置されています。
こういうのはうれしいですね。

『名古屋の公園』によれば、日吉公園と同じく名西土地区画整理組合から昭和12年に寄附を受けたものです。当初の施設には、ブランコ、滑り台、鉄棒、藤棚等があり、ヒマラヤ杉など362本の樹木が植わっていたそうです。

181209hiyoshi18

隣接して熊野神社があり、神社と一体的な公園だったようです。

日が沈んだこともあり、この日の名古屋市中村区の公園巡りはこれで終了しました。

 

<関連記事>
 日常旅行日記「近代の公園目次」

| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月)

里山公園(名古屋市中村区)

181209satoyama17

名古屋の公園めぐりの記事、これも2018年です。
稲葉地公園を見た後、用事があったので一度中村区を離れ、また戻って中村日赤駅から歩き始めました。
元中村町のあたりは古い建物がよく残っていました。
こちらも洋間付きの長屋っぽい建物です。

訪問日:2018年12月8日

181209satoyama18

正方形のタイルを埋め込んだ門柱なども。
なんとなく古そうなデザイン。

181209satoyama19

こんな風にあちこちにあります。

181209satoyama20
途中、遊歩道がありました。
地図を見ても分かるのですが、見るからに水路跡の遊歩道です。
庄内用水の中井筋(惣兵衛川)が暗渠化されて、中井筋緑道として整備されています。
昭和58年から整備が始まっています。

181209satoyama2

ほどなく今回の目的地、里山公園(昭和10年開園)に着きました。
里山といいながら、平坦な街中の公園です。

181209satoyama1

里山公園の表示は新しいもの。
昭和10年ということで期待したのですが、古いものは残っていないようです。

『名古屋の公園』(昭和18年)によると、中村土地区画整理組合が造成して寄附した公園で、滑り台や砂場があった他、檜・桜など樹木218本があったそうです。

181209satoyama3

公園の南側から。奥行きはここから奥に見える住宅の手前まで。
小さな公園なのですぐ見終わります。

181209satoyama4

整備工事中らしく、公園の一部が柵で囲まれていました。
この回転ジャングルジムは残ったのでしょうか。

181209satoyama5

公園の一角にある集会所はある程度古いかもしれませんが、トタンに覆われていて分かりません。

181209satoyama6

よく見かけるグッドデザインな水飲み場。

181209satoyama7

何かないかと行ったり来たりするのですが、とくに気になるものはありませんでした。
むしろ奥の長屋が気になります。

181209satoyama8
ということで、周辺の長屋などを見ていきます。
洋風の長屋というのか、四角く部屋が張り出していて、その上部の物干し台になっているベランダ柵や敷地境界の低いコンクリート柵にアーチのデザインが施されています。

181209satoyama9

家の前がちょっとした前庭になっていて、こういうコンクリートの柵で囲まれているんです。

181209satoyama10

玄関扉などもモールガラスを使ったすっきりしたデザインです。
昭和30年代ぐらい?

181209satoyama11

並びには洋間付き長屋らしきものもありました。
コンクリートの柵が似ていながら少し違うデザインなのも面白いところ。

 

181209satoyama12

次の公園に向かうため、ジグザグに南下していきます。
こちらも洋間付きの長屋のようです。

181209satoyama13

このようなタイプが周辺には多いようです。

181209satoyama14

とくに右端の一軒が古い姿を留めているようでした。
板塀も足元に四角い開口が並ぶ、洋風っぽいデザイン。

181209satoyama15

こちらも下見板張りの洋間付きの長屋。

181209satoyama16

こちらは真ん中の一棟が前に出ています。

公園自体に古さを感じ取ることはできませんでしたが、周囲の住宅に古くモダンな雰囲気を感じることができました。

 

<関連記事>
 日常旅行日記「近代の公園目次」

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »