« 港北公園と博覧会(名古屋市港区) | トップページ

2020年2月11日 (火)

配水塔の稲葉地公園(名古屋市中村区)

181209inabaji1

もう少し名古屋の近代の公園の話題を続けます。
日を改めて中村区の公園をめぐりました。

以前、中村公園には行ったことがあり、それ以来です。
「中村公園のラジオ塔?」
改めて確認したら、ラジオ塔を紹介しただけで、中村公園自体はちゃんと紹介していませんでした。
いずれ機会がありましたら。

さて、地下鉄の中村公園駅から西に歩いて行くと稲葉地公園に着きます。

北側正面から見るとなんとなくギリシャ風の列柱の向こうに、列柱に囲まれた名古屋市演劇練習館アクテノンが見えます。
この建物はもともと昭和12年に建てられた稲葉地配水塔で、この改修事例は有名なので私も写真では見たことがありました。
もちろん塔の列柱にちなんで、手前の列柱を並べたのでしょうね。

訪問日:2018年12月9日

181209inabaji2

この公園の平面図を見ると面白い形をしています。
つまり公園が南北に突き出しているんです(右が北です)。
この南北軸は稲葉地配水塔の中心を通っていて、配水塔を中心に据えた設計になっていることが分かります。
現在の配置というだけでなく、当初の図面を見てもそうなっています。

181209inabaji3

こちらが北に延びる街路。

181209inabaji4

こちらは南側に延びる公園から見たところ。
こちらは完全に公園です。旧配水塔が真正面に見えます。

181209inabaji5

旧稲葉地配水塔は昭和12年にできました。名古屋汎太平洋平和博覧会が開かれた年です。名古屋市西部で区画整理による都市開発が進み、水需要が増大して市街地東部・東山の配水場ではまかなえなくなったため、市内2番目の配水塔として計画されました。当初は貯水容量590立米で計画されてもっとシンプルな形だったのですが、計画中に水需要の増大が見込まれたため、改めて4000立米のタンクに変更され、大きなタンクを列柱で支えるという特徴的な形になったようです。(『愛知県の近代化遺産』(平成17年)p242〜244より。以下も主に同書による)

しかしながら、昭和19年に市内西部に大治浄水場が完成し、配水方式がポンプによる圧送に切り替わったため、わずか7年で稲葉地配水塔は役目を終えてしまいました。

その後、水道局の管理のまま約20年間放置されていましたが、名古屋の一区一図書館の施策により、改修を経て、昭和40年に中村図書館として開館しました。この時、吹き抜けだった2〜4階にスラブを打つ改修が加えられています。図書館としては26年。中村公園内に新図書館が建設されたため、平成3年(1991年)に閉館しました。

しかし演劇関係者から市民向けの演劇練習場確保の要望を受け、大小の練習室を設け、2階中央のスラブや屋根スラブ、柱の一部を撤去して鉄骨で置き換えるなどの工事を経て、平成7年(1995年)に名古屋市演劇練習館アクテノンとしてオープンし、今に至っています。今年で25年ですね。もうすぐ演劇練習館としての利用期間が一番長くなります。

この日も演劇の練習で使われていて、わずか7年で役割を終えてしまった建物がこのように使い続けられるというのはありがたいことです。
ちなみに演劇練習館への改修を決断したのは当時の西尾市長。実は水道局出身で、中村図書館への改修の際に担当課長だったというのは不思議な巡り合わせです(施設紹介パンフより)。

181209inabaji6

勝手に見て回ってもいい感じの建物ではないので、事務所で建物の見学に来ましたと申し出ると、職員の方が案内してくださいました。
1階には図書館時代を思わせる書架が並んでいます。
そして中央にはタンクを支えていた柱。

181209inabaji7

柱は吹き抜けになった2階、3階を突き抜けています。

181209inabaji8

4階が一番、配水塔らしさを感じられる空間です。
タンクを支える構造が見えています。

181209inabaji9

さらに配水塔時代の配管が今も残されています。

181209inabaji10

タンクだった5階にはリハーサル室があります。
この日も練習が行われていましたので、外して撮っています。

181209inabaji11

5階の平面図。
当然ながらこういう丸い形の配置です。

181209inabaji12

4階には、配水塔時代、図書館時代など時代ごとの写真・資料が展示されていました。

181209inabaji13

4階からの眺め。
この下にはかつてプールがありました。
水道施設にプールは付きものみたいですね。

高層ビルが建ち並んでいるのが名古屋駅のあたり。

181209inabaji14

紅葉の季節は過ぎていましたが、きれいな並木道がありました。

181209inabaji15

公園を歩き回って気になった遺構も少しあげておきます。
こちらは公園の西側。ここにも入口があったのでしょうか。

181209inabaji16

敷地の北西あたり。土管のようなものが突き出しています。
水飲み場?かとも思いましたが分かりません。

181209inabaji17

こちらは私にはなじみ深いグッドデザインな水飲み場。

181209inabaji18

名古屋らしく、富士山型遊具もあります。
赤富士です。

181209inabaji19

懐かしい回転ジャングルジム。

181209inabaji20

最後に、感心したのが名古屋には遊具を寄附する「まごころ遊具事業」という制度があるのですね。
私的なメッセージを書いたプレートを取り付けることができるのですよ。

稲葉地公園は今も配水塔が主役の公園でした。

<関連記事>
 日常旅行日記「近代の公園目次」

|

« 港北公園と博覧会(名古屋市港区) | トップページ

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 港北公園と博覧会(名古屋市港区) | トップページ