« 2020年1月 | トップページ

2020年2月

2020年2月11日 (火)

配水塔の稲葉地公園(名古屋市中村区)

181209inabaji1

もう少し名古屋の近代の公園の話題を続けます。
日を改めて中村区の公園をめぐりました。

以前、中村公園には行ったことがあり、それ以来です。
「中村公園のラジオ塔?」
改めて確認したら、ラジオ塔を紹介しただけで、中村公園自体はちゃんと紹介していませんでした。
いずれ機会がありましたら。

さて、地下鉄の中村公園駅から西に歩いて行くと稲葉地公園に着きます。

北側正面から見るとなんとなくギリシャ風の列柱の向こうに、列柱に囲まれた名古屋市演劇練習館アクテノンが見えます。
この建物はもともと昭和12年に建てられた稲葉地配水塔で、この改修事例は有名なので私も写真では見たことがありました。
もちろん塔の列柱にちなんで、手前の列柱を並べたのでしょうね。

訪問日:2018年12月9日

181209inabaji2

この公園の平面図を見ると面白い形をしています。
つまり公園が南北に突き出しているんです(右が北です)。
この南北軸は稲葉地配水塔の中心を通っていて、配水塔を中心に据えた設計になっていることが分かります。
現在の配置というだけでなく、当初の図面を見てもそうなっています。

181209inabaji3

こちらが北に延びる街路。

181209inabaji4

こちらは南側に延びる公園から見たところ。
こちらは完全に公園です。旧配水塔が真正面に見えます。

181209inabaji5

旧稲葉地配水塔は昭和12年にできました。名古屋汎太平洋平和博覧会が開かれた年です。名古屋市西部で区画整理による都市開発が進み、水需要が増大して市街地東部・東山の配水場ではまかなえなくなったため、市内2番目の配水塔として計画されました。当初は貯水容量590立米で計画されてもっとシンプルな形だったのですが、計画中に水需要の増大が見込まれたため、改めて4000立米のタンクに変更され、大きなタンクを列柱で支えるという特徴的な形になったようです。(『愛知県の近代化遺産』(平成17年)p242〜244より。以下も主に同書による)

しかしながら、昭和19年に市内西部に大治浄水場が完成し、配水方式がポンプによる圧送に切り替わったため、わずか7年で稲葉地配水塔は役目を終えてしまいました。

その後、水道局の管理のまま約20年間放置されていましたが、名古屋の一区一図書館の施策により、改修を経て、昭和40年に中村図書館として開館しました。この時、吹き抜けだった2〜4階にスラブを打つ改修が加えられています。図書館としては26年。中村公園内に新図書館が建設されたため、平成3年(1991年)に閉館しました。

しかし演劇関係者から市民向けの演劇練習場確保の要望を受け、大小の練習室を設け、2階中央のスラブや屋根スラブ、柱の一部を撤去して鉄骨で置き換えるなどの工事を経て、平成7年(1995年)に名古屋市演劇練習館アクテノンとしてオープンし、今に至っています。今年で25年ですね。もうすぐ演劇練習館としての利用期間が一番長くなります。

この日も演劇の練習で使われていて、わずか7年で役割を終えてしまった建物がこのように使い続けられるというのはありがたいことです。
ちなみに演劇練習館への改修を決断したのは当時の西尾市長。実は水道局出身で、中村図書館への改修の際に担当課長だったというのは不思議な巡り合わせです(施設紹介パンフより)。

181209inabaji6

勝手に見て回ってもいい感じの建物ではないので、事務所で建物の見学に来ましたと申し出ると、職員の方が案内してくださいました。
1階には図書館時代を思わせる書架が並んでいます。
そして中央にはタンクを支えていた柱。

181209inabaji7

柱は吹き抜けになった2階、3階を突き抜けています。

181209inabaji8

4階が一番、配水塔らしさを感じられる空間です。
タンクを支える構造が見えています。

181209inabaji9

さらに配水塔時代の配管が今も残されています。

181209inabaji10

タンクだった5階にはリハーサル室があります。
この日も練習が行われていましたので、外して撮っています。

181209inabaji11

5階の平面図。
当然ながらこういう丸い形の配置です。

181209inabaji12

4階には、配水塔時代、図書館時代など時代ごとの写真・資料が展示されていました。

181209inabaji13

4階からの眺め。
この下にはかつてプールがありました。
水道施設にプールは付きものみたいですね。

高層ビルが建ち並んでいるのが名古屋駅のあたり。

181209inabaji14

紅葉の季節は過ぎていましたが、きれいな並木道がありました。

181209inabaji15

公園を歩き回って気になった遺構も少しあげておきます。
こちらは公園の西側。ここにも入口があったのでしょうか。

181209inabaji16

敷地の北西あたり。土管のようなものが突き出しています。
水飲み場?かとも思いましたが分かりません。

181209inabaji17

こちらは私にはなじみ深いグッドデザインな水飲み場。

181209inabaji18

名古屋らしく、富士山型遊具もあります。
赤富士です。

181209inabaji19

懐かしい回転ジャングルジム。

181209inabaji20

最後に、感心したのが名古屋には遊具を寄附する「まごころ遊具事業」という制度があるのですね。
私的なメッセージを書いたプレートを取り付けることができるのですよ。

稲葉地公園は今も配水塔が主役の公園でした。

<関連記事>
 日常旅行日記「近代の公園目次」

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

港北公園と博覧会(名古屋市港区)

181008kouhoku0

このところ公園ブログみたいになっています。
古い話ですみませんが、名古屋の公園めぐりをした日のラスト、港区の港北公園を訪ねました。
白鳥西公園の後です。
既に日没で画像が暗くてすみません。

名港線の港区役所駅を降りると、すぐそこが公園です。
人工の築山に設置された滑り台が興味をひきました。

港北公園は昭和17年にできた公園です。
ただし今の形とはかなり異なります。
初期の形がどうだったかは私には調べられていません。

訪問日:2018年10月8日

181008kouhoku1

港北公園はこういうかなり変則的な形です。
東園と西園に分かれていて、地図上では移動させられていますが、西園は平和橋の左(西)に続いています。

181008kouhoku2

南端の港図書館のあたりから探索を始めました。
見たことのない大がかりなシーソー?があります。
ネットで吊されるタイプ。

181008kouhoku3

北に向かって進んでいきます。

181008kouhoku4

すると平和橋というアールデコデザインの橋があります。
橋といっても現在は陸橋。

181008kouhoku17

橋のたもとに解説板が設置されていました。
昭和12年に開催された名古屋汎太平洋平和博覧会にあたって約13万円を投入して建設された橋で、博覧会の記念として残る唯一のもの、とのことです。

181008kouhoku15

振り返ると、名古屋汎太平洋平和博覧会の写真入りの解説板もあります。
この博覧会は名古屋市の主催で昭和12年3月15日から5月31日までの78日間にわたって開催され、会場は現在の港北公園周辺の50万平方m、総事業費1600万円(博覧会自体には300万円)、国内の各道府県や外国29カ国が参加、総入場者数は約480万人という戦前の名古屋で最大規模の博覧会です。

解説の写真を見ると、運河の真ん中に掛かっているのが平和橋です。
主会場の西側部分はのちに東邦ガスの工場をへて、現在はららぽーと名古屋みなとアクルスとなっています。
たまたまこの時は、ららぽーとのオープン後10日ほどで、結構な人出でした。
また港区役所もこの会場跡地に建っています。

181008kouhoku16

名古屋汎太平洋平和博覧会の栞。
その序文を読むと「日本の名古屋から世界の名古屋へ!此の大飛躍の記念として花の“なごや”の春の空にありとあらゆる太平洋文化の粋を集めて築き上げる豪華なる文化の殿堂。これが我が「名古屋汎太平洋平和博覧会」である。
 熱田神宮、釈尊遺骨奉安塔、名城の金鯱は云うも更なり、百十万を突破する人口、近郊を合わせて十一億円に達する年工産額、聖世の隆運に疆りなく伸び行く大名古屋に昭和十二年からは海の玄関たる名古屋港と、陸の玄関たる名古屋駅とが世界的都市に相応しい壮麗さを以て登場して新たに世界交通の要衝となる、その他、国際飛行場、観光ホテル、さては世界屈指の大動植物園、大水族館等が相次いで竣工し、今や新興名古屋は躍進日本を表徴しつつ文化に産業に世界的都市としての新たなる発展の段階に入らんとしている。そしてこの画期的大飛躍の首途に当たって、太平洋の平和と新文化の建設を目指す一大事業、これが我が「名古屋汎太平洋平和博覧会」である。」
と当時の勢いを感じさせる非常に熱いメッセージが書かれています。

ちなみにこの時の参加国は、満州国、オランダ領インド、フィリピン、ブラジル、タイ、中華民国、オーストラリア、フランス領インドシナ、イギリス領インド、ビルマ、スリランカ、南アフリカ連邦、メキシコ、グアテマラ、ホンジュラス、コスタリカ、サルバドル、パナマ、ヴェネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、チリ、アルゼンチン、マイソール(インド)、シンガポール、トラヴァンコール(インド)、カナダ、アメリカ合衆国、その他となっています。汎太平洋なので、アジアと北中南米、オセアニアということのようです。

名古屋汎太平洋平和博覧会については、あちこちに書かれているので深入りはしないことにします。
興味ある方は、下記のページなども見てみてください。

港区HP「ミナトガタリ 第10弾なごや古道・街角案内人 第7章 汎太平洋平和博覧会について」

 

181008kouhoku8

さて平和橋に戻ります。
親柱はアールデコのデザインで、ラジエーターのような形が取り込まれています。
会場のシンボルであった平和塔とも似たデザインのようです。

181008kouhoku10

昭和十一年十月竣工となっています。

181008kouhoku9

建設は名古屋市の石原鈼治郎となっています。


181008kouhoku6

現在、平和橋の下は、港北公園の東園と西園をつなぐ通路のようになっています。
橋の構造を下からも眺められるということになります。

181008kouhoku11

車止めはアールデコのデザインを踏襲しているようでした。

181008kouhoku12

また、平和橋の隣には公園の由来を示すこんな石碑もあります。

「港北公園は、中川運河の支線として開さくされた港北運河の一部を埋立て、公園として整備することにより、災害時における避難場所の確保、地域住民のレクリエーションの場の確保等“ゆとりとうるおいのあるまち”を目指し整備したものである。
 昭和59年3月 名古屋市」

 港北運河の東部が埋め立てられて港北公園が完成するのは、この石碑より後、昭和61年のことだそうです。(名古屋市HPの中川運河に関する年表

181008kouhoku7

平和橋の上から埋め立てられた運河の部分を臨む(東方向)。

181008kouhoku5

さて橋をくぐって西園にも行ってみます。

181008kouhoku13

平和橋をくぐった先にも遊歩道が続いています。
ここも埋め立てられた運河です。

181008kouhoku14

その先には運河の残りと、きれいな夕焼けがありました。
ここにはみなとアクルスの船着き場があって、中川運河の水上バスが着くようになっています。

今度は船で来ても良いかもしれません。

<関連記事>
 日常旅行日記「近代の公園目次」

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ