« 南田児童公園(京都市左京区) | トップページ | 港北公園と博覧会(名古屋市港区) »

2020年1月31日 (金)

北白川児童公園(京都市左京区)

190114kitashirakawa0

白川沿いに歩いた京都の近代公園めぐり、この日最後は北白川児童公園(昭和16年)でした。
既にかなり薄暗くなっています。
この公園の変わっているのは、北白川小学校に隣接しているというより一体化していて、校舎をコの字型に囲んでいることです。
今はフェンスで区切られていますが、元はもっと一体的だったのかもしれません。

訪問日:2019年1月14日

190114kitashirakawa1

公園東側の入口。門柱から続くアールの低い塀が招き入れています。

190114kitashirakawa2

読み取りにくくなっていますが、白い石に北白川児童公園と縦書きされています。

190114kitashirakawa3

内側から見るとこういう形。
階段と一体的なデザインです。

190114kitashirakawa4

北東隅にも入口の跡がありますが、今は塞がれて、柵の一部となっています。
一種のトマソン?

190114kitashirakawa5

こちらは右から北白川児童公園と書かれていて、戦前のものっぽいです。
なぜ塞いでしまったのかは不明。階段になっているので自転車で突っ込むと危ないからでしょうか。

190114kitashirakawa6

コの字の北側は遊具エリアになっています。
砂場やベンチ、シーソー、鉄棒などがあります。

190114kitashirakawa7

ここにも人研ぎの滑り台があります。
そしてブランコ。

昔の一般的な遊具が並んでいます。
あとジャングルジムがあれば完璧?

この公園での収穫は公園の門柱でした。

190114kitashirakawa9

日が暮れたので、この日は南田児童公園あたりまで戻って銀水湯に入って帰りました。

この日はこれで終了ですが、京都の近代公園めぐりはまだまだ続きます。

 

 

<関連記事>
 日常旅行日記「近代の公園目次」

|

« 南田児童公園(京都市左京区) | トップページ | 港北公園と博覧会(名古屋市港区) »

日常旅行(京都)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南田児童公園(京都市左京区) | トップページ | 港北公園と博覧会(名古屋市港区) »