« 河川敷の大幸公園(名古屋市東区) | トップページ

2019年3月27日 (水)

神野公園の石柱(名古屋市熱田区)

181008jinno0

名古屋市熱田区にある神野(じんの)公園を訪ねました。

「名古屋の公園」(昭和18年)によれば、昭和12年に中野土地区画整理組合から用地の寄附の申し出があり、設備を整備して昭和18年に開園した公園です。「施設はブランコ、砂場等を設けアカシヤ始め八十本の樹木がある」とのことです。

訪問日:2018年10月8日

181008jinno1

公園の南側から見たほぼ全景。

地図で確認するとこの公園のあたりは昭和11年までは未開発の土地で、むしろもっと南の港の方が都市化が進んでいます。区画整理事業によって、都市化が進んだようです。

181008jinno2
ボックス型の公衆便所。
・・・が言いたいのではなく、その向こうの石柱が見えますでしょうか。
181008jinno3
これです。敷地の南東隅あたりに立っている小さな石柱。
181008jinno4
これだけ拡大すれば分かりますでしょう。
・・・って分かりませんね。
もしかして、戦後、文字が削られたのでしょうか。
181008jinno5
裏を見ると「昭和十五年十一月建之」とその下に「中野」「在郷」などの文字が見えます。
181008jinno6
そして側面には「皇紀二千六百年記念」の文字。
昭和15年とイコールです。
紀元二千六百年記念事業として作られた何かを示しているようなのですが、何だったんでしょう。
構造的に国旗掲揚台ではなさそうです。
公園の建設記念としては早すぎます。
記念植樹?
181008jinno7
他に気になったものとしては設置時期不詳ですが、円弧状に配された石積のベンチです。
やや風化しているので、ある程度の年月は経っていそうです。
181008jinno8
その外側にはまた円弧状の石畳。
181008jinno9
その先には木製ベンチもあります。
シンプルなタイプ。
181008jinno10
こちらも今となっては懐かしさを感じさせる木のベンチ。
181008jinno11
そしてここにも個人的グッドデザインの水飲み場があります。
遊具に関しては滑り台など新しいものでした。
181008jinno12
ついでながら、神野公園の近くにあった気になる建物も紹介しておきます。
なんとなく熱帯雨林の研究所を思わせます。
181008jinno13

村木鑿泉探礦株式会社という名称と社章がタイル上に表示されて、ねじねじボーダータイルで縁取られています。

全面に貼られた緑釉のスクラッチ風タイルも柔らかな色むらがあって、探検家の服装っぽく、社名にマッチしているような気がするのは考えすぎでしょうか。

 

<関連記事>
 日常旅行日記「近代の公園目次」

|

« 河川敷の大幸公園(名古屋市東区) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河川敷の大幸公園(名古屋市東区) | トップページ