« 富小路殿公園(京都市中京区) | トップページ | 鹿垣児童公園(京都市中京区) »

2019年1月10日 (木)

南部児童公園(京都市伏見区)

180225nanbupark_1
昭和12年の皇太子殿下ご誕生記念公園からもう一つ。
京都市伏見区にある南部児童公園です(昭和17年開園とも)。ここは名前に児童公園が入っています。
これも土井勉さんの「京都市の公園形成史-第二次大戦前まで-」(土木史研究、第11号、1991年6月)からの情報です。

面積は2619㎡で、伏見商業学校の跡地利用とのこと。
私立伏見商業学校は、大正5年の創立で、手狭になったため、昭和5年に現在の市立桃山中学校の位置に移転したということです。

訪問日:2018年2月25日

180225nanbupark_1_1
公園の入口はアールを描くデザイン。
この部分は新しそうに見えます。

180225nanbupark_1_2
公園の2つある入口はどちらも通路になっていて、中庭のような公園です。
この写真は東側から見たところ。

180225nanbupark_1_3
古そうなデザインが残っていて、例えば、公園の北側にあるこの部分。
これだけでは何か分かりませんが、この形だと、中央に壁泉があったのではと思えます。

180225nanbupark_1_4
砂場は年代不明。その奥に何か見えますでしょうか?

180225nanbupark_1_5
これです。明らかに古そうなコンクリート。
所々にアールが入っています

180225nanbupark_1_6
裏を見ると金具が出ていますので、国旗掲揚台だと思います。

180225nanbupark_1_7
人研ぎの滑り台。昭和中期でしょう。

180225nanbupark_1_8
公園の東側の通路接続部分。ここのコンクリートのデザインにも若干のアールが入っていて、古いものと思われます。

180225nanbupark_1_9
敷地東側の通路。ここは民家に挟まれています。
花壇部分もデザインされているような。

180225nanbupark_1_10
東側入口。明確な門柱などはないですが、門の痕跡があります。

180225nanbupark_1_11
もう一つ、この公園の特徴として、公園の北側にも鉄柵があります。
これが何かというと。

180225nanbupark_1_12
その向こうにはプール!
この時の児童公園にはプールが併設されていたという説明通り、(戦前のという感じではないですが)25mプールが残っています。
残念ながら2000年頃から閉鎖されているようです。

使われていないとはいえ、プールを併設する公園という形を残している点で貴重な公園だと思います。

<関連記事>
 日常旅行日記「近代の公園目次」

|

« 富小路殿公園(京都市中京区) | トップページ | 鹿垣児童公園(京都市中京区) »

日常旅行(京都)」カテゴリの記事

コメント

思い出の南部公園。まさかの歴史を知る。更に愛着が湧きました。ブログ作成者の方、有り難うございます。

投稿: 伏見の俺河童 | 2019年9月28日 (土) 05:06

伏見の俺河童様、コメントありがとうございます。
そう言っていただけると書いた甲斐があります。
京都の公園は戦前のデザインがちょくちょく残っているので良いです。

投稿: びんみん | 2019年9月29日 (日) 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南部児童公園(京都市伏見区):

« 富小路殿公園(京都市中京区) | トップページ | 鹿垣児童公園(京都市中京区) »