« 小豆島・草壁本町を歩く | トップページ | 木津川アート2016・メイン編 »

2016年10月22日 (土)

小豆島・草壁本町から安田へ

160731kusakabe33
小豆島の草壁本町の近くで見かけた持ち送り。
よく見ると花とトゲのある茎が表現されていて、工芸的です。ノイバラでしょうか。

草壁本町を歩いた後は、バスで小豆島北東部の港町・福田に向かおうとしたのですが、ここでハプニング発生。腕時計の時間がずれていて、バスに乗り遅れてしまったんです。
幸い、瀬戸芸期間ということでバスが増発されていて、2時間待ちぼうけということにはなりませんでしたが、それでも次のバスは1時間後です。
せっかくなので次のバス停まで旧道を歩くことにしました。

これが意外な収穫になりました。

160731kusakabe32
まず出会ったのが片城橋。
別の親柱に昭和2年と書かれています。

160731kusakabe12
※クリックすると拡大します

全体として、こんな風に親柱と一部欄干が残っています。
もう少し先に新しい片城橋があったので、移設されたのかと思いましたが、地図をよく見ると旧片城橋を通る旧河道が確認できます。おそらく河川改修によって河道が直線になり、新たに橋が架けられたのですね。

160731kusakabe13
※クリックすると拡大します

佃煮工場の島乃香(株)片城工場の通用門跡?
大正風なデザインです。

160731kusakabe14
※クリックすると拡大します

さらに進むと大きな敷地が見えてきました。
歯科医院です。

160731kusakabe34
下見板張りの建物があって、旧診療所かなと思いました。
戦後っぽい質感です。

160731kusakabe15
※クリックすると拡大します

カラフルな石で門柱が作られています。

160731kusakabe16
※クリックすると拡大します

破損した部分から煉瓦が顔を見せていて、壁が煉瓦造であることが分かります。

160731kusakabe17
※クリックすると拡大します

さらに不思議な建物が。
「内海町片城車庫」と書かれています。
何の車庫なんでしょう。ボンネットバス?

160731kusakabe18
※クリックすると拡大します

車庫本体の前に、かわいらしい建物が附属していて、こちらは事務所でしょうか。

160731kusakabe19

斜向かいにはロープウェイの車両を転用した集会室がありました。
寒霞渓ロープウェイの車体らしいです。
オリーブ畑の中に置かれた車体は、窓が大きくて眺めが良さそうですね。

160731kusakabe20
安田の町に入ったところで、洋館+和洋折衷住宅がありました。
好みの住宅です。

バスに乗り遅れたおかげで、得る物の多い時間になったと思います。

<関連記事>
 「小豆島・草壁本町を歩く」
 「夏の香川・島めぐり(14)小豆島へ」
 「夏の香川・島めぐり(15)小豆島の醤油工場」
 「夏の香川・島めぐり(16)小豆島の洋館付き住宅・煉瓦」

|

« 小豆島・草壁本町を歩く | トップページ | 木津川アート2016・メイン編 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/64381224

この記事へのトラックバック一覧です: 小豆島・草壁本町から安田へ:

« 小豆島・草壁本町を歩く | トップページ | 木津川アート2016・メイン編 »