« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月25日 (金)

大正の鶴舞公園(名古屋市)

150125tsurumapark48
鶴舞公園平面図、大正初期(佐藤昌『日本公園緑地発達史・下巻』、1977年、p349)
※クリックすると拡大します

名古屋の鶴舞(つるま)公園探訪の続きです。
鶴舞公園は第10回関西府県連合共進会の会場となった後、明治45年から跡地の本格的な整備に入り、大正時代にほぼ完成しました。
今回の記事では大正時代の鶴舞公園について紹介します。

今回の写真もとくに注釈がなければ、2015年1月のものです。

150125tsurumapark36
公園内に掲げられていた私立名古屋図書館の解説板。
※クリックすると拡大します

大正年間には公園内に文化・スポーツ施設が整備されていきました。
大正2年、共進会時の林野別館を改造して、竜ヶ池畔に私立名古屋図書館が開館しました。
写真を見て分かるように、浮見堂のたもとにありました。

150125tsurumapark35
大正12年、図書館は市立名古屋図書館となって鯱ヶ池(今はベビーゴルフ場)畔に移転し、現在の図書館は昭和59年に新築された名古屋市鶴舞中央図書館です。

150125tsurumapark37
大正2年には運動場も整備されます。
平面図で見ると今の運動場をトラックと野球場の2つに分けたような状態です。
さらに昭和7年、鶴舞公園運動場が開設されます。
スタンドがとても低い。

150125tsurumapark39
運動場外周の石垣。
どの時代かは分かりません。

150125tsurumapark40
小さな門。古そうにも見えます。

150125tsurumapark38
運動場の土手上にあった水飲み場。
石造なのがレアに思います。

150125tsurumapark33
園内解説板によれば、大正7年、私立浪越動物園より寄贈を受けて、市立動物園が開園しました。
現在、通用門の門柱のみが残っています。

150125tsurumapark34
動物園があった場所。
面積1.2ha、飼育動物は250種800点に及びました。
動物園は昭和12年に東山に移ります。

日常旅行日記「東山公園・動物園」

150125tsurumapark41
※クリックすると拡大します

大正12年には沼沢地を改造して菖蒲池ができました。
戦時中はイモ畑、麦畑になりましたが、戦後復元されました。

150125tsurumapark31_2
※クリックすると拡大します

胡蝶池から流れる川をまたいで、石積の橋があります。

150125tsurumapark32

橋の親柱はアーチのデザインです。
未来派といえば良いのでしょうか。
菖蒲池ができたのと同じ、大正12年の文字が入っています。

Tsurumapark_t
※クリックすると拡大します(再掲)

前の記事でもこの写真を使いましたが、関西府県連合共進会の会場の北部18406坪は明治44年に県立愛知医学専門学校・愛知病院の用地として譲渡され、大正3年に新築移転してきました。
現在は名古屋大学医学部と附属病院です。

150125tsurumapark42
※クリックすると拡大します

建物は新しくなっているものの、校門が残っています。

150125tsurumapark43
愛知県立医学専門学校の正門。

150125tsurumapark44
正門両脇の壁と柱は、スクラッチタイルとテラコッタ、石の組み合わせで、は虫類の皮膚のようです。

150125tsurumapark45
こちらは県立愛知病院の正門。
学校の正門との違いがほとんど分かりません。

150125tsurumapark46
※クリックすると拡大します

もう一つ、鶴友会館の門があって、こちらは塀と同様のスクラッチタイル+テラコッタ+石の正門です。

150125tsurumapark47
※クリックすると拡大します

ゆるやかな傾斜がついているので、塀が少しずつずれて上がっていくのが面白いところです。

Tsurumapark_t15
『名古屋市全図』(大正15年)より鶴舞公園周辺
※クリックすると拡大します

そして大正末年にはこんな配置になっていました。
右端の八幡山古墳が公園に取り込まれたのは、大正8年のことです。
既に周囲の都市化が進んで、学校や住宅地に囲まれています。

(参考)
 名古屋市みどりの協会HP「鶴舞公園の歴史」
 愛知県教育委員会『愛知県の近代化遺産』(平成17年)
 佐藤昌『日本公園緑地発達史・下巻』(昭和52年)

(関連記事)
*名古屋の近代公園
 「中村公園のラジオ塔?」
 「名古屋のラジオ塔、再び」
 「東山動物園の旧モノレール」
 「東山動物園の恐竜像」
 「東山公園・動物園」
 「東山植物園の温室」
 「道徳公園のクジラ像」
*全国の近代公園
 「近代の公園」(目次)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

明治の鶴舞公園(名古屋市)

150125tsurumapark01
2015年1月に名古屋の鶴舞(つるま)公園を訪ねました。
明治42年開園の歴史ある公園で、広い園内には近代の遺産がたくさん残されており、近代の公園好きとしては外せない場所です。
数回に分けて紹介します。

なお、写真はとくに注釈のない場合は、2015年1月時のものです。
古い記事となってすみません。

鶴舞公園は軸線が強く意識されている公園で、この写真は鶴舞駅前の入口から、ヒマラヤ杉の並木を通って噴水塔に至る中央の軸です。ヒマラヤ杉のうち何本かは、後で紹介する明治43年の関西府県連合共進会の際に植えられたものだそうです。

150125tsurumapark04
この中央軸は公園の外にも続いていて、JRの高架に、明治42年の開園時に作られた扁額の復元品が掲げられています。開園時の内閣総理大臣だった桂太郎の筆によります。元々のものは戦時供出されたそうです。

さらにこの先、軸を延長すると新堀川(旧精進川)に至るのですが、そこには記念橋が架かっています。
新堀川とは、新堀川を掘るときに出た余った土砂を、鶴舞公園造成に使ったという関係にあります。

150125tsurumapark02
※クリックすると拡大します

これが現在の鶴舞公園の配置図です。
噴水塔を中心に放射状に軸が伸びているのが分かります。
大きく分けて、左上が洋風公園、右上が和風公園、下が運動公園になっています。

150125tsurumapark03
「第10回関西府県連合共進会会場全図」(愛知県教育委員会『愛知県の近代化遺産』(平成17年)、p331より引用)
※クリックすると拡大します

元々鶴舞公園は、第10回関西府県連合共進会の会場として整備されました。
京都の岡崎公園、大阪の天王寺公園(ともに内国勧業博覧会を機に整備)と同じ成り立ちの公園です。

関西府県連合共進会は、内国勧業博覧会(万博のといった方が分かりやすいか)の地方版で、明治16年の大阪開催から2〜5年ごとに各府県持ち回りで開催されていました。

明治43年の名古屋開催は、名古屋開府300年記念事業として、愛知県は前回の三重県開催から予算規模を4倍に増やすという熱の入れようでした。共進会は入場者236万2748人を集めて大成功し、「名古屋が近代的城下町から近代都市へと発展する契機になったと評価され」ています。

多くの施設は仮設でしたが、噴水塔、奏楽堂、貴賓館(聞天閣。戦災で焼失)の3つが永久建築として建設されました。図は左が北なのでご注意下さい。

共進会終了後、永久建造物を残して仮設建築を解体し、本多静六博士、鈴木禎次工学士の設計で、公園の再整備が行われました。

会場の左側(北側)部分は、明治44年に愛知医学専門学校、愛知病院の敷地として譲られ、現在は名古屋大学医学部・附属病院となっています。また後に八幡山古墳が公園に追加されました。

(参考)愛知県教育委員会『愛知県の近代化遺産』(平成17年)
    佐藤昌『日本公園緑地発達史・下巻』(昭和52年)
    名古屋商工会議所HP「第10回関西府県連合共進会」

150125tsurumapark08
共進会の絵葉書(著者蔵)。写真が裏焼きだったため、反転。
※クリックすると拡大します

ちょうど共進会開催時の絵葉書がありましたので、紹介しておきます。
手前が噴水塔で、当時は側面の小池と背面の大池はありません(大正3年に付加)。

左に一部見えているのが会場入口、その奥が展示館の南翼、一番奥に見えるお城は愛知県売店で、右に見える立派な建物は大阪府売店です。

150125tsurumapark05
さて現在の噴水塔全景です。
地下鉄鶴舞線の建設工事の際に一度解体されましたが、元通りに復元されました。

150125tsurumapark21
※クリックすると拡大します

もう少し近くから。
全体的には西洋古典様式のデザインです。
設計は鈴木禎次・鈴川孫三郎。

150125tsurumapark06
中央の噴水塔。
足元には木曽川から運んだ岩が配されていて、ここだけ和風です。

150125tsurumapark09
名古屋市章が入った水盤。
カラスの水飲み場に。

150125tsurumapark07
噴水塔のステージ上から公園入口を見たところ。

150125tsurumapark10
絵葉書より(筆者蔵)。

前池の両脇にある塔には、元は照明器具が付いていました。

150125tsurumapark11
絵葉書より(筆者蔵)。

夜はこのように灯りが灯っていました。

150125tsurumapark12
(2016年1月30日撮影)

こちらは共進会時のもう一つの記念物、奏楽堂です。
こちらも鈴木禎次の設計。ルネサンス風で、細部にはアールヌーヴォー風のデザインも入っています。
当初は木造だったのですが、昭和9年に室戸台風で大被害を受けて取り壊され、昭和12年にRC造のシンプルなものに建て替えられました。その後、2代目の奏楽堂も取り壊され、現在は平成9年に創建当初の形に復元(ただし柱は鋼柱に)された3代目奏楽堂が建っています。

奏楽堂が重要な意味を持つのは日比谷公園と同様で、「当時は公園の奏楽堂で軍楽隊の演奏を聴くことが文化の先端を行く風潮であったと考えられる」(『日本公園緑地発達史』)そうです。

150125tsurumapark14
周囲の柵には音符が配されていて、君が代の楽譜になっているそうです。

150125tsurumapark13
奏楽堂の脇には、2代目奏楽堂の棟飾りと舞台の縁石を利用したモニュメントが立てられています。
こちらはアールデコですね。

Tsurumamap_2
※2万分の1迅速図「名古屋」(明治24年測図)。この地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成したものです。
※クリックすると拡大します

ところで、少し話を戻して、鶴舞公園がどんな場所に作られたかということも見ておきます。
開園前の敷地は名古屋市街地の外、御器所村です(明治42年名古屋市に編入)。
台地沿いの低湿地で水田や大根畑が広がっていました。
そのため、新堀川の土砂で埋め立てたわけです。

公園内にはその時の痕跡もあって、竜ヶ池は潅漑用のため池でした。

>もう少し広範囲の地図はこちらをどうぞ
 「今昔マップ on the web」鶴舞公園付近

Tsurumapark_t
古写真「愛知医学専門学校及び愛知病院全景」(筆者蔵)
※クリックすると拡大します

この古写真は恐らく大正初期のものです。
大正3年に移転してきた愛知県立医学専門学校と附属病院を写した写真ですが、手前に鶴舞公園の竜ヶ池が大きく映り込んでいます。
右の小川から水が流れ込み、左の堰堤で堰き止めているため池の様子がよく分かります。

右下にはたぶん護岸用の石、左奥には多くの土管が積まれていて、改修工事進行中の様子が伝わってきます。

なお左に映っている浮見堂は、空襲時の爆風で飛ばされましたが、同様のものが再建されています。

周辺の下水道が整備されるとともにため池に流入する水が減り、水質が悪化したため、昭和30年には近くのビール工場から冷却水の余り水をパイプで引いて、落差4mの酒勾の滝というものが設けられました。ビール工場が平成12年に閉鎖されたため、今は水を引いていません。

150125tsurumapark15
現在の竜ヶ池を北から写したものです。正面に浮見堂が見えます。

150125tsurumapark16
浮見堂を近くから。

150125tsurumapark22
竜ヶ池に流れ込む水路。

150125tsurumapark18
日本庭園には、共進会開催に合わせて作られた池があります。
その一つが胡蝶ヶ池。
鈴菜橋を中心に、蝶が羽を広げたような形をしています。
この写真に写っている南側部分は、終戦後、進駐軍により埋め立てられ、ベビーゴルフ場になっていましたが、昭和30年に復元されました。

150125tsurumapark19
また胡蝶ヶ池から出た水は秋の池に注ぎます。
秋の紅葉が美しい樹木を植えた池です。
その後、春の池、夏の池へと水を流す予定でしたが実現していません。
春の池・夏の池は、今の庭球場、公会堂のあたりです。

150125tsurumapark20
最後にちょっとユニークなものを。
公園の北東にあるソテツです。
公園開設時に鬼門を抑えるために植えられたらしいです。
江戸時代の残像を感じる、初期の公園らしい設計配慮だなと思います。

(参考)
 名古屋市みどりの協会HP「鶴舞公園の歴史」
 愛知県教育委員会『愛知県の近代化遺産』(平成17年)
 佐藤昌『日本公園緑地発達史・下巻』(昭和52年)

(関連記事)
*名古屋の近代公園
 「中村公園のラジオ塔?」
 「名古屋のラジオ塔、再び」
 「東山動物園の旧モノレール」
 「東山動物園の恐竜像」
 「東山公園・動物園」
 「東山植物園の温室」
 「道徳公園のクジラ像」
*関連する公園
 「博覧会跡の岡崎公園」
 「日比谷公園の明治」
*全国の近代公園
 「近代の公園」(目次)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

まちかどの近代建築写真展 in 大阪XI 「小さな建物たち」始まる

160305machikado01

今回で11回目となる、まちかどの近代建築写真展 in 大阪が始まりました。
毎年春の恒例になっていて、写真展の春場所。
今回のテーマは「小さな建物たち」ということで、銭湯、散髪屋、商店などの看板建築などが取り上げられています。ある意味、今まで以上に「かわいい」建物たちです。

すぐに来ていただきたいところですが、一度だけ来られるつもりなら、4/2(土)以降の最終週がお勧めです。
というのは、街の小さな建物などを描かれているオーライタローさんの油絵絵画展「小さな建物、街の記憶」がコラボ開催されます。その期間、実行委員会メンバーの方が在廊されているので、直接お話もできます。

大場典子さんによる大丸心斎橋店の写真コーナーもあります。

以下、開催概要

 「まちかどの近代建築写真展in大阪ⅩⅠ」(通算第53回)
 テーマ「想い出の商店街 小さな建物たち」

 会期2016年3月5日(土)~4月9日(土)
  3月5日(土)は13時から。最終日は15時まで
 
 会場:ハヤシライスと雑貨の店 ハaハaハa
  〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-28 3F
  Tel 06-6576-0880
 OPEN  11:00~18:00
 CLOSE  火曜日,水曜日 ※ご注意

 協力:まちかどの近代建築写真展実行委員会
         近代建築探訪メーリングリスト 

【関連サイト】
 ハハハな一日「今年もあります!まちかど近代建築写真展」
 オーライタローさんのブログ「日々是オーライ」 


 160305machikado02
設営を少しお手伝いしてきました。
会場は昭和10年に建てられた天満屋ビル。カフェハaハaハaさんでの開催です。

160305machikado03


160305machikado05


160305machikado04
今回、大場典子さんによる大丸心斎橋店の写真展も同時開催されています。

160305machikado06
設営終了後には、名物のハハハヤシライス。
スープセットも出来ていて、ますますメニューが充実していました。
ケーキセットなどもあります。
ぜひカフェハaハaハaさんでお茶・お食事して帰って下さい。

ちなみにお隣のレトロビル、商船三井築港ビルにもうどん屋さん、たいやき屋さんが入っていますので、お腹に余裕がありましたら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »