« 大和高田市・本町通りの近代建築 | トップページ | のせでんアートライン開催中 »

2015年11月 1日 (日)

はならぁと2015の宇陀松山

151031uda11
毎年開催されている、奈良町家の芸術祭「はならぁと」
今年も訪ねてきました。
今年の「こあ」会場(キュレーターが関わるメインの会場)は、宇陀松山、八木札の辻、今井町の3ヶ所で、うち前2ヶ所を回りました。

会期は11月3日までありますので、行ける方はぜひ。
奈良町家の芸術祭「はならぁと」2015HP

今回、八木と宇陀松山を結ぶ無料バスが片道3便出ていて、とても便利です。
あまり利用されていないのがもったいないなと思います。
(乗車場所と降車場所がかなり離れているので注意)

151031uda08
さて、宇陀松山に着いて歩いて行くと、川を渡って城下町の西門に出ます。

151031uda09
入ってすぐに、最初の展示会場「熊鯛商店」があります。
ゴムをかぶったブロンズ像をどこかで見たことあると思ったら、2013年に今井町の会場に出展されていた諸熊さんでした。諸熊さんは、宇陀松山に移り住み、ここでお店をされているそうです。
はならぁとが定着のきっかけになったのでしょうか。

151031uda10
会期中は、うつわまかせというユニークな企画カフェが出展されています。
メニューがなくて、うつわを選ぶと、うつわに合ったチャイと野菜サラダが提供されるというシステム。
私はチャイ(300円)だけでしたが、野菜を頼んだ方にはかなり凝った伝統野菜などの小皿料理が提供されていました(250円)。

151031uda01
今回、宇陀松山の展示で一番面白く感じたのは、こちらのマルカツです。
かなり傷んだ町家の空き家です。

151031uda02
ここに3人にアーティストが住み、3種の演劇作品を制作したそうです。
普段上演されているのは、この町家を舞台装置とした物語で、上演といっても展示に近いものです。楽しみをそぐので詳しい説明はしませんが、この家に住んでいた方の姿を探偵のように掘り起こし、記録するようなもので、とても面白い体験でした。

151031uda03
その隣には旅館として使われていた建物があります。
ここは入れません。

151031uda04
会場のひとつ、霜永家。
舶来らしき掛け時計が面白く、力士のシールが貼ってあるのがまた意図せず作品化しています。

(追記)
この時計は、明治期に流行した四ツ丸時計またはだるま時計というタイプだそうです。本家・米イングラハム社製。

151031uda05
「アキヤマ」もお勧めで、明るい店頭から一転、薄暗い空間が奥に続いています。
店の間の奥に、台所、蔵、そして居室へと続く不思議な間取りです。

151031uda06
2013年の時に会場だった建物が今回、お店になっていました。
そして、隣の空き家が今回の会場に。
空き家の活用が進み、参加者にとってもまた別な町家を体験できますし、お店も利用できるというよい循環が生まれているようです。

151031uda07
帰りがけに見た旧松山町役場。
傷んでいるのか、ちょっと心配な姿。

前回とは重ならない会場が多く、内容的にもとても楽しめました。

※参加される方へ
 ・現地で配られている地図などはありません
 ・立派な公式ガイドブックが500円で販売されていて、
  これにマップが掲載されていますし、
  有料会場に入れる缶バッジ(別に買うと300円)
  も付いていますのでお得です。
 ・あちこちで靴を脱いで上がるので、
  脱ぎやすい靴で出かけるのが良いです。

<関連記事>
 ○2013年
 「宇陀松山の千軒舎」
 「宇陀松山の街並み・前編」
http://binmin.tea-nifty.com/blog/2014/02/post-1453.html

|

« 大和高田市・本町通りの近代建築 | トップページ | のせでんアートライン開催中 »

建築」カテゴリの記事

日常旅行(奈良)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんにちは。
奈良に住んでかなり経ちますが、こんな楽しそうなイベントがあったのですね。3日までですか?残念。来年は是非見学したいものです。

投稿: AZ | 2015年11月 6日 (金) 11:05

AZ様、はじめまして。
コメントありがとうございます。
そうなんです。4年前から開催されていて、今回が5回目。
毎年、開催場所は変動しますが、主に空き家の町家を使って開催されるアートイベントで、町家の内部が見られるので、毎年楽しみにしています。
ぜひ来年ご参加下さい。

投稿: びんみん | 2015年11月 7日 (土) 11:17

びんみんさん、こんにちは。

去年も「はならぁと」に行かれた記事が有ったような気がします。本当に一年が早く飛んでいきますね。色々有効活用されているようですし、流石に動いてはないでしょうが 何ともあの時計は見物です!それに旅館として使われていた建物にも風情が有ります。残っている・残しているって素晴らしいです。

投稿: まあちゃん | 2015年11月 8日 (日) 10:31

まあちゃんさま、こんにちは。
コメントありがとうございます。
「はならぁと」はできるだけ毎回出かけるようにしています。あの時計はやはり動いていなくて、修理すると余計に悪くなるかもとのことで置いているそうです。
はならぁとは、イベントによって活用を進めて、残していく取り組みなのが素晴らしいなと思います。

投稿: びんみん | 2015年11月 8日 (日) 12:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/62589672

この記事へのトラックバック一覧です: はならぁと2015の宇陀松山:

« 大和高田市・本町通りの近代建築 | トップページ | のせでんアートライン開催中 »