« 2015年3月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年5月

2015年5月 6日 (水)

天下茶屋の木造アパートの解体(大阪市西成区)

150404oumisoen01_2
<2015年4月4日> ※クリックすると拡大します

いつもは現存する建物の記事を書くのですが、今回は解体された木造アパートの記事です。
天下茶屋東2丁目、上町台地の崖下に2棟の気になるアパートが並んでいました。
それぞれ、近江荘園、松和荘別館といいます。

同じく気になっていたというN夫妻から、今年3月に、アパートが解体されているという知らせを聞き、見に行きました。
記事にするのが遅くてすみません。

行ってみると既にほぼ更地になっていました。
空き地になってみると石垣が高く見えます。
次の建築に関する掲示はありませんでしたので、老朽化による解体のみではないでしょうか。

150404oumisoen02_2
<2015年4月4日> ※クリックすると拡大します

階段の上から見るとこんな状態。奥は保育所、隣は集会所です。

150404oumisoen03_2
<2015年4月4日> ※クリックすると拡大します

まだ近江荘園の玄関タイルが残っていました。

140420oumisoen04
<2014年4月20日> ※クリックすると拡大します

ここから1年前の様子を振り返ります。
階段の上から撮った写真です。
手前の赤い建物が近江荘園。
奥の灰色の建物が松和荘別館です。
(ちなみに本館がどこにあるのかは未確認)

140420oumisoen05
<2014年4月20日> ※クリックすると拡大します

近江荘園を見上げたところ。
かなりの存在感でしょう?

140420oumisoen06
<2014年4月20日> ※クリックすると拡大します

近江荘園の玄関周り。
玄関のあたり、Wのアーチになっていたり、両脇も少しデザインが入っています。

140420oumisoen07
<2014年4月20日> ※クリックすると拡大します

一方の松和荘別館。
結構奥に長い建物です。

140420oumisoen08
<2014年4月20日> ※クリックすると拡大します

玄関の円柱が太くてインパクトがあります。
扉は新しいですが、同様の扉が付いていたのでしょうね。

中も気になりましたが、分からずじまいでした。

空き家対策の影響もあるのかもしれません。
木造アパートの雰囲気が好きで追っかけていますが、時間との勝負のようです。
なお、近くの一聖荘は、空き家ながら、まだ現存していました。


| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年7月 »