« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

七里の渡しの宿場町(名古屋市熱田区)

140720shichiri01
名古屋の道徳公園を歩いた後、まだ時間がありましたので、近くの七里の渡しまで足を伸ばしました。
かつての東海道が、ここから七里(約28km)の海路で桑名に渡っていた場所です。

140720shichiri02
一帯は宮の渡し公園として整備され、復元された常夜灯などがあります。

140720shichiri03
※クリックすると拡大します。

解説板などもあり、東海道五十三次の浮世絵も掲げられています。
ここにあるように、宮というのは熱田神宮で、地図で見るとまさに熱田神宮の前から船が出入りしていました。興味深い位置関係だと思います。

140720shichiri6_2
※クリックすると拡大します。

渡しの向かいに見えた気になる建物。
大阪屋釣船店とあって、釣船の宿のようです。

140720shichiri04
※クリックすると拡大します。

さて、当然ながら船着き場として、宿場町がありました。
港に面する通りに、今もその名残があります。こちらは旧料亭「魚半」。明治29年の建物です。戦時中は三菱重工業の社員寮として使われ、今はグループホームになっています。

140720shichiri05
※クリックすると拡大します。

また、数軒隣には旧旅籠「伊勢久」(丹羽家住宅)があります。

140720shichiri08
裏側に回ると赤煉瓦の蔵がありました。
位置関係からすると、これも料亭魚半の関係かも。

140720shichiri07
さらに向かいにタイル貼りの洋風建築があって気になったのですが、ブログ「かどの煙草屋までの旅」の記事によると、料亭魚半の別邸洋館なんだそうです。

140720shichiri09
※クリックすると拡大します。

別の角度から。

140720shichiri10

別邸には和館もあります(というより和館が主か)。
昭和3年の建築だとのこと。

かつて日本の大動脈だった名残を感じさせる一角でした。

<関連記事>
 「名古屋のレジャーランド跡・道徳」
 「道徳公園のクジラ像」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

道徳公園のクジラ像(名古屋市南区)

140720doutokupark01
※クリックすると拡大します

昨年の7月、名古屋の道徳公園にクジラ像を見に行きました。
これです。

実はとても古くて、できたのは昭和2年。
作者は、後藤鍬五郎という人です。
前回の記事で、東昌寺に残された観音像の作者でもあります。

名古屋市の認定地域建造物資産の第25号であり、
「夢なごや400」事業で、名古屋市民によりグランプリの「どえりゃあ大賞」に選ばれたそうです。
なので、一部では有名な像らしい。

>名古屋市HP「道徳公園クジラ像」

140720doutokupark02
目が怖い。
浮世絵に描かれるようなクジラです。

140720doutokupark03
後ろから。
水はありませんが、クジラの周辺は池になっています。
クジラの頭に穴があり、以前は噴水になっていたようです。

140720doutokupark06
子供たちに人気で、なかなか撮影できませんでした。

140720doutokupark04
本物の池との間に石橋が架かっています。古そう。

140720doutokupark07
※クリックすると拡大します

園内に道徳公園についての解説板があります。
道徳公園も歴史が古くて、名古屋市の公園としては昭和16年開園ですが、昭和6年の豊田土地区画整理事業で整備されました。ということは、クジラ像はそれ以前からあったのですね。ここにあった映画のマキノ中部撮影所の関連らしいです。何かの映画に使われたのでしょうか。

140720doutokupark05
※クリックすると拡大します

さらに裏面にも解説。
江戸時代に干拓されたという歴史から、大正14年の名古屋桟橋倉庫株式会社による開発、マキノ中部撮影所、前回記事で紹介した道徳観音山や泉楽園のことまで説明されています。

Nagoyamap_doutoku2_s11
「大名古屋市街全図」、昭和11年 より拡大
※クリックすると拡大します

前回の地図をもう一度リンクしておきます。
撮影所と一体的に描かれています。
黎明池(今の月見池)は公園の外になってますね。

140720doutokupark13

公園の中に頌徳碑があり、ここにも地域の歴史が記されています。
江戸時代に鷲尾善吉という人が新田を開拓したのですが、風水害でとても苦労されたらしい。

碑文全文を載せておきます。

  頌徳碑

文政四年鷲尾善吉翁道徳前新田開築
開築者、鷲尾善吉翁は寛政四年尾張の国
海西郡塩田村、禄高百石頭百姓の家に生
まれ、文化十四年二十六才の時、自費を以
て道徳前新田開築に着工、即ち今の道徳
北町より南は山崎川の堤、東は道徳本町
西は港区の境、市電南場通りに亘る百
二十五町歩の海面、即ち七里の渡し以東最
大の新田を文政四年完成す。その後風水
害のため、度重なる堤防の決壊により財政的
な力尽きて、遂に債務の為に尾張藩主
徳川家の御小納戸に新田を差し出し、又
外に多くの借財を背負い、八年間の辛苦は
水泡に帰し、文政七年郷里塩田村に帰り
明治十四年九十才の高齢にて歿せり。
尚道徳本町に鎮座せる稲荷社は、開築当時
村内守護の氏神として祭祀せられたり。
以来、藩の御小納戸の所領となり、この村を
御小納戸の新田又は道徳前新田と言えり。
萬延元年には一ヶ年に堤防が三回決壊し、
農民は海草を主食とした。最後には藩主
徳川家の威光により堤防の大修築を行い
以来何時の風水害にも安泰であった。
大正十四年、徳川家所領新田を宅地は住居
者に払い下げ、その他は桟橋会社が譲り受け
区画整理を行い、分譲した。
茲に有志相集りて先人の偉業を賞賛し、頌徳の碑を建立す。
 撰大矢源一 書 愛知県会議院 久野静
       刻 熱田傳馬町月東石材店内 栗田為三郎
昭和三十年八月

翁の子孫安一郎氏・廣政氏を迎え、除幕の式を行う

140720doutokupark14
公園の門柱ももしかしたら古い?

140720doutokupark09
確実に開園当初からあるのは、この月見池(黎明池)です。
北側から。

140720doutokupark08
南から見た月見池(黎明池)。
マキノ撮影所により、この池で映画「実録忠臣蔵」のシーンも撮影されたとか。

140720doutokupark10
他にも気になるものを紹介していきます。
グラウンドに面する台。
凝灰岩っぽいもので、かなり風化しています。

140720doutokupark15
国旗掲揚台の台座らしきもの。

140720doutokupark11
公園には定番のフジ棚もあります。

140720doutokupark12
支える柱にリベットが使われています。

140720doutokupark16
最後に60〜70年代風な公衆トイレ。
アールの効いたデザインで良いです。

道徳公園は、名古屋市営の公園でありながら、撮影所の名残がある楽しい公園です。

<関連記事>
 
 「近代公園記事の目次」
 「名古屋のレジャーランド跡・道徳」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

名古屋のレジャーランド跡・道徳(名古屋市南区)

140720doutoku01
※クリックすると拡大します

昨年7月、名古屋で昭和初期に開発された地域である道徳に出かけました。
一番の目的は、次回紹介する道徳公園のクジラ像を見るためだったのですが、周辺も興味深いエリアでした。
観光に行くようなエリアではないので、なんでそんなところにと言われてしまいましたが。

地域全体を回るため、南側の名鉄・大江駅から歩き始めました。
道徳橋が架かっています。親柱がアールデコっぽくて面白いです。昭和初期でしょうか?

140720doutoku02
地区に入ると木造アパートがありました。ときわ荘といいます。
昭和40年代ぐらい?

140720doutoku03
碁盤の目の道路に斜めの道路が分かれていて、特徴的な場所に来ました。

Nagoyamap_doutoku_t15
「名古屋市全図」、大正15年 より
※クリックすると拡大します

ここで簡単に地域の変遷を確認します。
この地域は熱田神宮の南に位置し、江戸時代の後期までは「あゆち潟」という海でした。文化14年から干拓が進められ、文政4年(1821年)に干拓が完了して、道徳前新田となりました。のち尾張徳川家の所領になります。
大正時代にもまだ都市化されておらず、幹線道路や公園の計画だけが表示されています。
大正14年(1925年)に名古屋桟橋倉庫株式会社が徳川家から土地を譲り受け、区画整理をして分譲しました。
(参考:道徳公園の解説板)

Nagoyamap_doutoku_s11
「大名古屋市街全図」、昭和11年 より
※クリックすると拡大します

昭和11年の地図ではすっかり都市化されています。

Nagoyamap_doutoku2_s11
「大名古屋市街全図」、昭和11年 よりさらに拡大
※クリックすると拡大します

しかも、いろいろと興味深いものがあります。
道徳校園の南にはマキノ中部撮影所がありました。
花里町や玉姫町のあたりは特徴的な街区で、名前からも新地らしいことが分かります。
隣の観音町もまた複雑な街区です。
後で紹介しますが、観音町には人工の山や温泉場「泉楽園」があり、一帯は一大レジャー地区でした。
「道徳」という地名と随分ギャップがあります。

Nagoya_sensaimap_doutoku
「戦災概況図・名古屋」(国立公文書館アーカイブ)より道徳付近
※クリックすると拡大します

戦災では地区の東北部が焼失しています。
北の方は実際には都市化していなかったようです。

140720doutoku04
実際、地区を歩いていても、南の方には古い住宅が点在していました。

140720doutoku05
※クリックすると拡大します

これなど地区の南西部にある建物で、かなり重厚です。

140720doutoku07
こういう平屋の木造建築があります。

140720doutoku17
2階建ての長屋もあります。

140720doutoku14
地図で観音町と書かれたあたり、観音公園があります。

140720doutoku06
※クリックすると拡大します

ここに地域の歴史を示す案内板が設置されています。
昭和3年から昭和39年まで存在した道徳観音山についての解説です。
観音山は高さ18mで、頂上には高さ6mの観音像、そこから高さ12mの瀧が落ち、下はプールになっていて、内側は名古屋初のスケート場だったというかなり斬新なレジャー施設です。今も残っていたらB級スポットとして名所になっていそうですが、残念ながら伊勢湾台風後の昭和39年に観音山は取り壊されてしまいました。

140720doutoku15
観音山があった場所は住宅地になり、街区の形にその名残を留めるのみです。

140720doutoku08
所々に斜めの街路があります。

140720doutoku13
※クリックすると拡大します

観音町の南に東昌寺という禅寺があり、そこに観音山の麓にあった観音像(山頂のではない)が移設されています。観音像は禅寺らしからぬ生っぽさ。

140720doutoku09
※クリックすると拡大します

また観音山跡の北側に古そうな建物がありました。
山忠商店といって、立ち飲みのある酒屋です。

140720doutoku10
※クリックすると拡大します

モールガラスの窓や換気口などに古さを感じさせます。

140720doutoku11
※クリックすると拡大します

さらに北には敷島湯という渋い銭湯があります。
素晴らしいことに現役です。

140720doutoku19
東西の道路は道徳銀座の名前が付いていて、かつては非常に賑わったそうです。

140720doutoku18
地域にある山神社は、昭和15年にできたもの。

この北側に道徳公園があるのですが、それは次回紹介します。

140720doutoku21
さらに北に進みます。
赤い屋根の和風6軒長屋があります。

140720doutoku22_2
※クリックすると拡大します

こちらも古そうな住宅。
山忠商店もそうでしたが、赤い屋根が並ぶような町だったのかなと思います。

かつてレジャー地区だったことが想像できないぐらい、今は静かな住宅地です。
注意深く観察すれば、何か名残を発見できるかもしれません。

<関連記事>
 「東山動物園の旧モノレール」
 「東山動物園の恐竜像」
 「東山公園・動物園」
 「東山植物園の温室」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

園田住宅地(兵庫県尼崎市)

140629sonoda01
※クリックすると拡大します。

尼崎の園田住宅地の紹介です(昨年6月訪問)。
前回も書きましたが、昭和11年に園田駅開設とともに開発された住宅地です。
面積は70892坪。180戸。

住宅地の象徴のような水路沿いに古い住宅がありました。
六ノ橋の隣です。

140629sonoda02
煙突はシンプルな角形ですが、王冠のようなデザインが入っています。

140629sonoda03
後ろから。窓が無くて、蔵みたいですね。

140629sonoda08
住宅地は猪名川から分かれた藻川の側にあります。
高い堤防の上から住宅地を眺めることができます。
それだけ土地が低いということ。

140629sonoda09
住宅地内の公園。当初からあります。
区画の角がアールになっているのに注目。

140629sonoda13
住宅地の東南部ですが、アールの石垣がきれいです。

140629sonoda16
こちらにもアールの石垣。

140629sonoda14
アールの凸型ブロック塀。
角を丸めるのが流行りだした頃なんでしょうか。

140629sonoda04
住宅地の中でも特徴的な場所として、街路樹のある斜行道路があります。

140629sonoda05
その側に平屋の住宅。
懐かしい路地があります。

140629sonoda06
別の方向から。
市営住宅っぽいなと思ったのですが、そういう表示はありません。

140629sonoda11
※クリックすると拡大します。

またこれも古いかも?という住宅。
いかにも古いデザインではないですが、古そうな匂いがします。

140629sonoda12
とくに門柱と扉が素敵です。

140629sonoda07
和風の住宅もあります。

140629sonoda10
こちらにも和風住宅。

140629sonoda15
※クリックすると拡大します。

最後に駅前にあるアールのきれいな美容室。
写真なのにパースみたい。
古い建物がごろごろしているわけではないですが、こんな建物が所々にあります。

<関連記事>
 「目次:近代の郊外住宅地と別荘地、社宅」
 「園田住宅地の十二橋」

<関連サイト>
 「図説 尼崎の歴史−近代編」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

まちかどの近代建築写真展 in 大阪10周年! テーマはお役所建築

150307machikado1

今年も「まちかどの近代建築写真展」の春場所、大阪展が開催されています。
テーマはお役所建築で、全国各地のお役所の写真が紹介されています。
今回は幅広く、もちろん戦前の近代建築が中心なのですが、解体のおそれがあるということで、新しいものでは名護市庁舎(1981年)まで含まれています。
見比べると見えてくることもあります。

今回は丸窓のある部屋をゆったり使っての展示です。
そして、ぜひハaハaハaさんのハヤシライスも。
今年は日曜日もオープンしていますので、見に行きやすいと思います。
ぜひお越し下さい。

「まちかどの近代建築写真展in大阪Ⅹ」(通算第43回)
 テーマ:「お役所建築」

 会期:2015年3月7日(土)13時~4月4日(土)15時まで
 会場:ハヤシライスと雑貨の店 ハaハaハa
    〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-28 2F
    >アクセス
    Tel 06-6576-0880
    OPEN平日8:00~18:00
  土日祝日11:00~18:00
    CLOSE  火曜日,水曜日
    HP  http://www.tapo.jp/blog/
    Facebook http://www.facebook.com/MatatabiWorks

 主催:ハヤシライスと雑貨の店 ハaハaハa
 企画:まちかどの近代建築写真展実行委員会
 協力:近代建築探訪メーリングリスト

150307machikado2

150307machikado04

150307machikado03

150307machikado06

今回の大阪展は、記念すべき10周年!
そして会場の天満屋ビルは80周年ということで、バースデーケーキがプレゼントされました。天満屋ビルクッキーも力作です。

※ちなみに私は出品していません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

園田住宅地の十二橋(兵庫県尼崎市)

140629sonodahashi01
昨年6月のことなのですが、阪急神戸線の園田駅周辺にある園田住宅地を歩きました。
昭和11年の園田駅開設に併せて阪急が地元とともに開発した住宅地です。
阪急は低湿な土地を買収して土盛りをし、水路を整備する工事を行ったそうです。

そういうことは後から知ったのですが、歩いていると水路があり、面白い橋がありました。筆文字で「十ノ橋」と書かれています。水路は南北に流れていて、橋は東西の道に架かっています。西にハの字に開き、親柱の上には何かの残骸があります。

(参考)「図説 尼崎の歴史-近代編」

140629sonodahashi03
興味をひかれて水路沿いに歩いてみました。
すると「十一ノ橋」がありました。

140629sonodahashi04
面白いと思ってさらに進むと「十二ノ橋」があります。
片側しか残っていなくて、この先、水路は暗渠になっています。
この先は阪急にぶつかりますので、ここまでで終わりでしょうか。
せっかくなので、逆方向にどこまで橋が残っているのか、たどってみることにしました。

140629sonodahashi05
「九ノ橋」があります。

140629sonodahashi06
ややっ? 植木鉢のようなものが親柱の上に乗っています。
どうもこれが残骸の元の形のようです。
もしかして花でも植えられていたのでしょうか?
橋のデザインとしてはユニークです。

140629sonodahashi07
「八ノ橋」

140629sonodahashi08
こちらは実際に鉢植えになっていました。
たぶん、この家の人がやっているのでしょうね。

140629sonodahashi09
たどっていくと小さな水門があります。
東西の水路と分かれています。

140629sonodahashi10
「七ノ橋」。ここまで全く同じ橋です。

140629sonodahashi11
「六ノ橋」の手前に堰があります。

140629sonodahashi12
よく見ると穴太区用水と書かれています。
区は旧字体です。
元は穴太という地区だったんですね。

ちなみに「六ノ橋」は東西の幅広い道路に架かっていて、住宅地内でも計画上のポイントになる場所のようです。奥に近代建築っぽい住宅が建っていましたが、それは次回にでも。

140629sonodahashi13
さらに進みます。
「五ノ橋」があります。

140629sonodahashi14
「四ノ橋」。これぐらいハの字に開いています。

140629sonodahashi16
「三ノ橋」には以前の橋名表示が残っていました。
これも筆文字ですが、太めの字体です。
ここもきれいに鉢が残っています。

140629sonodahashi17
「二ノ橋」

140629sonodahashi18
そして「一ノ橋」
ということで全部揃っていました。
ここで水路が折れていて、「一ノ橋」だけが南北の道に架かっています。
また、上に乗っているオブジェ?も丸いようなのですが、これは復元の仕方でそうなっているのか、元々そうだったのかどうなんでしょう。カーブが鉢のカーブではないような気するので、これで良いのかも。

140629sonodahashi19
これで終わりかと思いきや、その先にも同じような橋がありました。名前はありません。
ここで水路がまた南北に折れ曲がります。

ちなみにこちらが上流側で、上流から順に一から十二までの橋が架かっていることになります。
開発時に水路の整備が鍵だったので、修景の際、特に意識されたのかもしれませんね。面白いです。

>地元の自然と文化の森協会のHPに、この住宅地と水路、橋のことが紹介されていました。
 やはり橋は開発当初からのもので、植木鉢らしきものは花生けだとか。
 自然と文化の森協会HP「園田の昔」

140629sonodahashi20
さて、水路の東側の家は水路越しに出入りするため、この十二橋以外にも水路にはたくさんの橋が架かっていました。面白いものを紹介します。
まずこれはトマソン化した橋。
奥の駐車場に建っていた家に出入りするための橋だったのでしょう。

140629sonodahashi21
瓦屋根が乗って竹垣がある和風の橋。

140629sonodahashi22
丸太が架かっているのもありました。
どう使っていたのでしょう。

弱点の水を逆に積極的に活かす、面白い住宅地計画だと思います。
次回は建物を紹介します。

<関連記事>
 「目次:近代の郊外住宅地と別荘地、社宅」
 「園田住宅地」

<関連サイト>
 「図説 尼崎の歴史−近代編」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »