« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月22日 (日)

新田跡の山本住宅地(大阪府八尾市)

140621yamamoto02
※クリックすると拡大します

昨年6月に訪ねた河内山本の記事の続きです。
こちらはいつもの私の調子で紹介します。

河内山本駅の北側には古い郊外住宅地である山本住宅地が残っています。
例えば、この建物が代表格。
山本龍造さんによれば、元医院らしいとのこと。

140621yamamoto03
門柱のデザインも良いですし、アーチがあったり、メダリオンっぽい装飾があったり、いかにもな洋館です。

140621yamamoto01
さて、この山本住宅地は玉串川沿いに細長く伸びています。
春には桜並木が色付きます。

140621yamamoto00
※クリックすると拡大します

「山本新田について」という説明板がありました。
玉串川は旧大和川が二手に分かれた支流の一つで、かつては川幅200mほどもありました。それが江戸時代の大和川付け替えで水量が減り、河川敷は山本新田になりました。(山中さんと本山さんの二人で開発したので山本)もっとも「新田」とはいいつつ、河川敷なので水田ではなく棉作が行われていました。18世紀に新田は住友家の手にわたり、以来、200年にわたって住友家の土地になります。

大軌(今の近鉄)が開業して山本停車場ができると、昭和初期に駅の北側の新田が住友合資会社や大軌の手によって山本住宅地へと変わりました。河川敷の微高地なので、住宅地には良かったのだと思います。そういう意味では甲子園の枝川の開発に似ています。

140621yamamoto05
説明はそのぐらいにして、郊外住宅地の名残を見ていきます。

戦後建築っぽいですが、洋館付き住宅。
壁に目地が切ってあるのがデザイン的に面白いです。

140621yamamoto07
※クリックすると拡大します

洋館付きというより、和洋併置に近い住宅。
洋館部が2棟あります。
なかなかのもので、裏側にアーチもありました。

140621yamamoto08
和風の平屋住宅。
下見板張りだったり、窓の格子が木製だったり、門柱が古いタイプだったりするところに名残を感じます。

140621yamamoto12
※クリックすると拡大します

これも洋館付き住宅。
見どころのある住宅は玉串川沿いの西側に集中しています。

140621yamamoto04
住宅地では門柱・門扉も古いタイプのものが残っています。
チョコレート菓子っぽい門柱・門扉。
手斧ではつったようなもようの木製門扉は昭和10年代のものではと思うのですがどうでしょう。

140621yamamoto06
スクラッチタイルの門柱。

140621yamamoto09
これも渋い門柱と門扉。

140621yamamoto11
和風の立派な門もあります。

140621yamamoto13
川を下っていくと、面白い橋があります。
スリットの入った太い円柱が親柱として据えられています。

140621yamamoto14
ここから西に水路が分岐しているのですが、ここに架かっている小橋が趣きあるんです。

140621yamamoto15
こんなふうに水路が蛇行しながら、各種の小橋が密に架かっています。

140621yamamoto16_2
※クリックすると拡大します

これも何となく古そうな建物という気がします。

140621yamamoto17
川の東側もゆったりした敷地の住宅地になっています。
堂々とした和風住宅。

140621yamamoto18
こちらの和風住宅も立派ですね。

140621yamamoto19
玄関灯も古いタイプのものが付いています。

140621yamamoto20_2
※クリックすると拡大します

少し時間があったので、駅の南側も歩いてみました。
ここにも洋館付き住宅があります。
北側で見たのと同じようなデザインで、連続性を感じさせます。
南側は改めて歩かないといけません。

駅前は多少繁華ではありますが、山本住宅地は今も良好な環境を保っています。
桜の季節に訪ねるのが良さそうです。

<関連記事>
 「河内山本の小発見。とか」
 「目次 近代の郊外住宅地と別荘地、社宅」

<関連ブログ>
 ひろの東本西走「玉串川近くの建築、山本団地」
 まちかど逍遙「山本の洋館」

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

河内山本の小発見。とか(大阪府八尾市)

140621yamamotohakken01
※クリックすると拡大します

これも昨年6月のことなのですが、近鉄の車窓から気になっていた河内山本を歩いてきました。
山本というとよく読ませていただいているブログ「大阪 アホげな小発見。とか」の山本龍造さんの名前の由来であると、いつかの新聞記事で読みました。
山本さんへのオマージュ(しっくりこない言葉ですが)として、小発見ネタを記事にします。

まずは山本の味のある街角。
小さな小屋らしきものとかトタンも良いですが、何と言っても妙に高いカーブミラー。
背の高い人にも対応したカーブミラー、というわけはないでしょうが。

140621yamamotohakken02
次に近代建築っぽい建物。

140621yamamotohakken03
玄関両袖の壁をよくよく見ると、
これ円柱が埋め込まれていますね。
もともと玄関両脇の柱だったのを改修したのかも。
そうだとすると、この違和感ない継ぎ足しは見事です。

140621yamamotohakken04
河内山本には古い建物がたくさん残っています。
これもその一つ。

140621yamamotohakken05
マジョリカタイルまで埋め込んだ壁がにぎやか。
半分失われているようなのが残念です。

140621yamamotohakken06
※クリックすると拡大します

スクラッチタイル貼りの建物。
直線が印象的です。

140621yamamotohakken07
町名看板。
境界をはさんで、右が山本町3丁目2、左が山本町3丁目2・・・って同じですね。
角なのでどちらからも見えるようにという配慮と思うのですが、これぐらいの角度だとどちらも見えます。

140621yamamotohakken08
狭い路地にシュロにカイヅカイブキ。
この看板、カイヅカイブキの幹のカーブにすごくフィットしていますね。

140621yamamotohakken09
※クリックすると拡大します

最後に、これが一番お気に入りです。
最初は石に開いた穴に「ん?」と思ったのですが、郵便受け・新聞受けですね。
ということはこの石は擬石ということでしょうか。
こういう遊び心、好きです。

河内山本、面白いところです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

追記情報

主立った追記・変更についてお知らせします。
トップページのちょっと下あたりに表示されるように調整します。

2015.2.24 阿倍野のレトロアパート一富士荘が解体されました。「松崎町のレトロアパート」に追記しました。

2014.2.19 上野芝の旧木村清邸は既に解体されたそうです。MANAZOUさん情報で、「上野芝住宅地(堺市)」に追記しました。

2014.2.15 高岡駅前ビルが昨年11月から解体されているそうです。「高岡の駅前ビルと換気塔」に追記しました。

2013.5.28 6/15に旧ジョネス邸の2回目の内覧会及びシンポジウムが開催されるそうです。「旧ジョネス邸の内覧会に参加」に追記しました。

2013.3.5 ニッケ工場の解体が進んでいるという知らせを聞いて、「加古川の近代を訪ねて(2)ニッケ工場」に追記しました。また一部写真を拡大しました。

2012.12.30 「粋な夜間サービス」に追記しました。鹿児島銀行大阪支店が10月に解体されたそうです。
       「大阪中央郵便局の見学会に参加」に追記しました。大阪中央郵便局は一部を残して解体されました。

2012.1.3 「帝塚山万代池公園の周辺」に追記しました。旧大阪府女子専門学校の校舎が2009年に解体されていたようです。


続きを読む "追記情報"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

高砂の近代建築など

140504takasago02
高砂編、最後は高砂市中心部の近代建築などです。
山陽電車の高砂駅の東に三菱製紙(株)高砂工場があります。
工場は明治34年操業開始で、明治・大正期の煉瓦建築がたくさん残っているらしいのですが、表からうかがえるのはごく一部です。
この建物は正門の奥に見える建物。

140504takasago01
西側の塀越しに確認できる建物。

140504takasago03
本町の通りを歩いて行きます。
看板建築っぽいお店。
「カフェ デラコンチャ」
廃業しています。

140504takasago04
レトロ感溢れる銀座商店街のゲート。
マツバ煉炭のネオン広告が効いています。

140504takasago20
この銀座商店街には、江戸時代の染物屋を改修した多目的スペース「高砂や」があります。

140504takasago05
さらに先へ。
元理髪店っぽい看板建築。

140504takasago06
※クリックすると拡大します

高砂商工会議所は、旧高砂銀行本店(昭和7年)。
いかにも銀行という建物ですね。

140504takasago07
4連の蔵。
高砂は江戸時代、加古川の舟運を利用した物資の集散地として栄えたそうで、その名残を感じさせる風景です。

140504takasago08
こちらは高砂道場。

140504takasago09
蔵が建ち並ぶ今津町。
空き家が多そうです。

140504takasago10
これも今津町にある板張りの蔵です。

140504takasago11
※クリックすると拡大します

高砂神社の裏手に、立派な煉瓦倉庫があります。
旧横田工業倉庫で、豊田工業という工場が入っています。

140504takasago12
※クリックすると拡大します

煉瓦積みの美しい倉庫です。

140504takasago13
※クリックすると拡大します

再び本町の通りへ。
高砂市消防署高砂分署。
昭和10年に建てられた旧高砂町消防会館です。
ミニチュアの建物がくっついているみたいです。

140504takasago14
※クリックすると拡大します

三菱製紙(株)高砂工場の魚町倶楽部。
明治37年、外国人技師のために建てられた下見板張りの洋館で、元々は最初に紹介した工場内にあったのが、明治38年に現在地に移築されています。

140504takasago15
※クリックすると拡大します

鐘紡社宅の近くにある住宅。
門から家まで非常に長いアプローチです。どうしてこうなったんでしょうね。

140504takasago16
※クリックすると拡大します

片岡医院。
古そうな建物です。

140504takasago17
※クリックすると拡大します

鍛治屋町にある立派な洋館付き住宅。
三星化学合資会社の事務所が入っています。
昭和5年頃の建物との情報があります。

140504takasago18
※クリックすると拡大します

歩き回って駅に向かう途中、梅ヶ枝湯という銭湯がありました。
入口の木製桟などに年季を感じさせる建物なので入ってみましたが、中も期待に違わぬレトロぶりでした。
建物の古さに反して、中は部活帰りの中学生たちでいっぱいで、これならしばらく安泰かも。

140504takasago19
※クリックすると拡大します

裏に回ると薪で風呂を沸かしている様子が見られて面白い。
建物もモルタル、煉瓦、下見板張りのパッチワークでユニークです。
すっかり満足して高砂を後にしました。

高砂編、ようやく完了です。

<関連サイト>
 MANAZOUの近代建築・看板建築レトロ探訪
 「兵庫県高砂市探訪その1」
 「兵庫県高砂市探訪その2」
 まちかど逍遙「梅ヶ枝湯」
       「高砂の双璧」
       「憂鬱なGW、高砂を歩く」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

旧鐘紡社宅と迎賓館(高砂市)

140504kanebo02
※クリックすると拡大します

高砂市の木造市営住宅を巡った後、高砂の街に戦前の旧鐘淵紡績社宅が残っているとのことで見に行ってきました。旧市街からやや西に外れるので、ここを目的にしないとたどりつかないと思います。
赤い屋根の戸建て住宅が整然と並んでいるので、一目瞭然です。

鐘淵紡績の高砂工場の創業は明治41年。
社宅が建設されたのは昭和11年で、終戦直後にあった一戸建て社宅12棟のうち11棟が残っています。壁面がサイディングになったり、サッシを変えたりしているので、そんなに古そうには見えません。
恐らく幹部向けの住宅で、その周囲には長屋の一般社員向けの社宅が連なっていましたが、そちらはなくなっています。

1947年の米軍撮影写真(国土地理院)

140504kanebo05
※クリックすると拡大します

グラウンドをはさんで、南側には大きめの社宅。

140504kanebo13
※クリックすると拡大します

北側には小さめの社宅が並んでいます。
役職の違いでしょうか。

140504kanebo03
※クリックすると拡大します

こちらは小さい方の社宅です。
といっても十分大きいですが。

140504kanebo06
※クリックすると拡大します

未舗装の道路をはさんで板塀が続き、庭の松が枝を伸ばしていて、風情があります。

140504kanebo01
※クリックすると拡大します

大きめの社宅の間にも未舗装の道路。

140504kanebo04
※クリックすると拡大します

ちょっと横長なのが分かりますでしょう?
今は関連会社のカネカ社宅になっています。

140504kanebo08
※クリックすると拡大します

敷地の南側、工場との間には、同じ昭和11年に迎賓施設として建てられた出汐館が残っています。
階段室にアールの入ったモダンなデザインです。
今はカネカのクラブになっています。

140504kanebo09
周囲を囲む柵も、柱がアーチになっています。

140504kanebo10
※クリックすると拡大します

出汐館の裏側から。
出窓が傾けてあるのがおしゃれな感じです。

140504kanebo7
出汐館に連なる長屋は、戦後すぐの空中写真には写っていないので、戦後のものかも。

140504kanebo11
西側に工場の浄水施設があって、この建物もそこそこ古そうです。

140504kanebo12
大きな道路をはさんで現在はカネカの工場と社宅。
電信柱がミニ鉄塔です。

このように工場、社宅、迎賓施設が一体となって残っているのは貴重だと思います。

<関連記事>
 インデックス「近代の郊外住宅地と別荘地、社宅」
 「新居浜の山田社宅」(2009年10月)
 「加古川のニッケ社宅街」(2012年2月)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

荒井の宝めぐり(高砂市)

140504arai01
高砂市営住宅を2つ回った後、とくに目当てはないのですが、旧集落の荒井を見に行ってみました。
荒井は法華山谷川の左岸三角州に位置する集落です。農業のほか塩田の塩業が盛んだったそうですが、江戸時代後期には廃れ、代わって棉作が盛んになりました。港町でもあります。近代に入ると塩田跡には野田醤油(キッコーマン)などが進出して海岸部は工場地帯になりました。

旧道の入口にあるアーケード。こういう一店だけでやっているアーケード、時々見ますね。

140504arai02
まちなかに「ふるさと宝の地図」というものが掲示されていて、探訪のヒントになります。以下、かなり参考にさせていただきました。

140504arai03
寛政12年の道標。読めない。

140504arai04_2
元茅葺きらしき家。

140504arai05
その隣に荒井村道路元標がありました。
このあたりが村の中心ということか。

140504arai06
※クリックすると拡大します

銅の雨樋です。
屋根にぴったり沿わせて曲げているところが見どころ。

140504arai07
波を思わせるブロック塀。
2種類のブロックを使っているだけですが、センスを感じます。

140504arai08
荒井神社の門。

140504arai09
洋風の住宅もありました。
玄関回りも良い感じでした。

140504arai10
高砂でよく見かけるカラス?鷹?の瓦。
羽根の一枚ずつまで表現して芸が細かい。

140504arai11
若干ポーズが違う。
身体を翻しています。

140504arai12
反対側にももう一羽。
素晴らしい瓦です。

140504arai13
最後に石臼を再利用した塀。
こういう再利用はたまに見ますね。
これでもかとばかりに使っています。

旧集落は宝がいっぱいあって、興味が尽きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »