« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月29日 (木)

高砂市営末広住宅

140504suehiro00
※クリックすると拡大します

これも昨年5月の記事です。
高砂市営今市住宅を見た後、近くの末広住宅を訪ねました。
こちらも河川跡にある住宅です。
昭和29年から30年にかけて建てられました。
ここは平屋の二戸一の住宅が9軒、一直線に並んでいます。

140504suehiro01
※クリックすると拡大します

裏側から見るとこんな感じ。
裏はでこぼこがあって個性が出ています。

140504suehiro02
※クリックすると拡大します

東の端から。
木造下見板張りの美しい並び。

140504suehiro04
※クリックすると拡大します

この住宅はかなり原型を留めています。

140504suehiro05

外部にある流し。

140504suehiro06
※クリックすると拡大します

南の庭側には各種の増築が見られます。
こういうのも見比べると面白いと思います。

飛び飛びに4つの木造市営住宅を紹介しました。
いずれも空きが出次第、解体されていきそうですので、今のうちに見ておいた方が良さそうです。

<関連記事>
 「高砂市営宮前住宅」
 「高砂市営天川住宅」
 「高砂市営今市住宅」
 「高砂市営中筋住宅」(2013年4月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

高砂市営今市住宅

140504imaichi01
昨年5月に高砂市の木造市営住宅を訪ねたときの記録です。
季節外れですみません。

かなり間が空きましたが、4つ訪ねたうちの3つ目、高砂市営今市住宅です。
今市住宅は昭和29年から30年にかけて建設された住宅です。場所は高砂市役所の目の前。古い空中写真を見ると、戦後すぐは河川敷でした。当初は34〜44棟の住宅があったようですが、訪問時で10棟・14戸残っていました。『高砂市市営住宅再生マスタープラン』によれば、4戸が空き家でH29年度に解体される予定です。

この写真は一番北側の道から。
この道沿いに2戸1の住宅が10棟並んでいました。
4棟・8戸が残っています。

140504imaichi03
北西隅の2戸1住宅。

140504imaichi04
下見板張りの住宅で、パステルカラーのペンキ塗りが懐かしい感じです。
玄関扉もたぶんオリジナルの木の扉が残っています。

140504imaichi05
2戸1住宅の道沿いの側面。
戸袋も木製です。

140504imaichi02
真ん中の道沿いはガランとしていて、とくに南側の区画はすっかり更地です。

140504imaichi06
戸建て住宅。高砂市営住宅に共通する、木製手すりのついたデザインです。

140504imaichi07
戸建て住宅の側面を遠目から。
下見板張りです。

これだけ空き地が広がるとさびしいですが、建設当初としては良い住宅だったのではないでしょうか。

140504imaichi08
ところで、市営住宅の北隣に気になるお屋敷がありました。
かなり大きなお屋敷です。

<関連記事>
 「高砂市営宮前住宅」
 「高砂市営天川住宅」
 「高砂市営中筋住宅」(2013年4月)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

東粉浜のレトロアパート?(大阪市住吉区)

141230sumiyoshiapart01
久しぶりのレトロアパートシリーズです。
知人のN夫妻に教えてもらって、住吉大社近くの元レトロアパートらしきものを訪ねました。
住吉大社駅から北に5分ほど歩くと見えてきます。
「らしきもの」というのは、今は歯科医院で、アパートではないし、アパートという表示も残っていないからです。

でもこの形はアパートですよね。

141230sumiyoshiapart02
玄関をはさんで両翼が前に出ています。
向かって左側が古いままで、スクラッチタイルが貼られています。
この感じ、天王寺の千寿荘を思い出しました。

141230sumiyoshiapart03
もう少し近くから。角にアールが入っているところが良いです。

141230sumiyoshiapart04
玄関への通路は玉石で縁取られています。
傷んでコンクリートで補修されているのが惜しい。

141230sumiyoshiapart05
玄関脇に気になるものがあります。
ガス灯?

141230sumiyoshiapart06
玄関も木製の扉です。
お医者さんのご自宅として使われているのでしょうか。

141230sumiyoshiapart07
銅製雨樋の屋根からの水を受ける部分に洋風のデザインが入っています。

141230sumiyoshiapart08
隣が駐車場になっているので、阪堺電車の線路からもその姿を見ることができます。

まだこんないいレトロアパートの建物(らしきもの)が残っているんですね。
情報をくださったN夫妻に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

2015年もよろしくお願いします

141103tsuru1

新年明けましておめでとうございます。

年初にあたって、今まで載せられなかった写真を使おう、と思ったらたくさんありすぎて悩みました。
伝えたいことはたくさんあって、記事を書くための素材もあるのにもったいないなと思います。ここで紹介しないと紹介されないようなものはなんとか伝えていきたいと思います。
それは郊外住宅地や木造アパートであったり、飾り瓦や面格子、持ち送り、戸袋などのまちなかのデザインであったり。
年末の記事にも書きましたように、しばらく昨年の記事を続けます。
ご了解ください。

一方、今年は大丸の心斎橋本店がどうなるかも気になります。

年初から暗いトーンになってしまいましたが、楽しんでもらえたり、「おっ」と思うような記事内容を心がけますので、本年も本ブログをよろしくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »