« 宝山寺参道の旧旅館(生駒市) | トップページ | 2014年お世話になりました »

2014年12月31日 (水)

宝山寺参道の気になるものたち(生駒市)

141116hozanjiplus01

奈良町家の芸術祭・はならぁとの生駒宝山寺参道エリアでは、旧たき万旅館以外にも「ぷらす」(サブ)会場がありましたので、そちらも回りました。

こちらも元旅館の旧サンキ旅館です。
70年代ぐらいの建物?

141116hozanjiplus02

入ると床がはがされていて、コンクリートがむき出しです。
黒瀬正剛さんの作品が展示されていました。
その場にあるものをスタンプしたり、描いていく制作方法らしいのですが、コンクリートの接着剤の跡が作品と似たような流れを描いていたりして、その場とつながっているようにも感じられました。

141116hozanjiplus03

眺めの良い3階のワークショップ会場まで上がれますよということなので、上がらせてもらいます。
階段下にタイルのパッチワーク。
面白いタイルが集まっています。

141116hozanjiplus04

狭い階段を上っていきます。

141116hozanjiplus05

この日はワークショップはないので見るだけ。

141116hozanjiplus06

矢田丘陵が一望できます。
お天気も良くてすばらしい眺め。
この時に気になる建物があって、後で見に行きました。

141116hozanjiplus07

もう一つの発見は、ここからだと静養院断食療養所の建物がいい角度で見られること。
大正7年のケーブル開業時からあります。

141116hozanjiplus12

続いて、前に来たときにも気になった旧門前町駐在所。
ここも展示会場になっていました。

141116hozanjiplus13

中は花の空間になっています。

141116hozanjiplus08

最後にもう一つ、宝山寺洗心閣も。
宝山寺は階段を上り詰めた先にあるのですが、その途中に、洗心閣という現役の宿坊があり、会場の一つになっていました。

141116hozanjiplus09

ここからの眺めがまたすごいんです。
座って矢田丘陵・奈良盆地が見渡せます。
この時はお香も焚かれていました。

141116hozanjiplus10

備え付けの古い柱時計。
かなり大きなもの。

141116hozanjiplus11

トイレもレトロです。
個室の扉といい、タイルといい。

141116hozanjiplus19

ここまで来たので宝山寺にもお詣りします。

141116hozanjiplus20

この時は奈良・斑鳩1dayチケットを使ったのですが、その特典としておみくじが付いていました。
残念ながら末吉。おみくじを無料でというのが良くなかった?

141116hozanjiplus14

はならぁとを離れ、近くを探訪します。
ツタの絡まる気になる住宅がありました。

141116hozanjiplus15

スクラッチタイルを貼った門柱があります。
門柱に関しては古そう。

141116hozanjiplus16

面白い面格子もありました。
かなりデザインが入っています。

141116hozanjiplus17

よくあるタイプと少し違う持ち送り。
矢羽根形と流線型がかっこいいデザインです。

141116hozanjiplus18

旧サンキ旅館から見かけて気になった住宅。
ハーフティンバーの古い洋館風デザインですが、建材は新しそうで、古いものかどうか。
周囲の軽井沢町という地名も気になりますし、もう少し周辺を歩いてみないといけないようです。

この後、大和郡山会場も回るため、今回はここで切り上げて移動しました。

<関連記事>
 「生駒参道の旧旅館」(2014年11月)
 「宝山寺獅子閣」(2013年8月)
 「生駒ケーブルの周辺」(2013年8月)

※年内にもう1本記事をアップします

|

« 宝山寺参道の旧旅館(生駒市) | トップページ | 2014年お世話になりました »

日常旅行(奈良)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/60898869

この記事へのトラックバック一覧です: 宝山寺参道の気になるものたち(生駒市):

« 宝山寺参道の旧旅館(生駒市) | トップページ | 2014年お世話になりました »