« ブログ9周年 | トップページ | あやめ池の住宅地(奈良市) »

2014年9月24日 (水)

あやめ池温泉場跡と新地跡(奈良市)

140923ayameikeonsen0

以前から訪ねようと思っていた奈良市の菖蒲池を訪ねました。
ただし、あやめ池遊園地のあった駅北側を回る時間は今回なくて、南側のみです。
ぷにょさんのブログ「まちかど逍遙」の記事「あやめ池温泉とパレス温泉」を参考にさせていただきました。

あやめ池遊園地のあった頃は何度か連れて行ってもらったのですが、その頃の面影はなく、2004年の閉園後にこういうすっきりした駅前になっています。

140923ayameikeonsen03
※クリックすると拡大します

駅前の地図で確認します。
上があやめ池遊園地の跡。
東洋民俗博物館(昭和3年)も今度行ってみたいところ。

駅の南にも池があって蛙股池と言います。
こちらが今回の目的地。
どちらの池も、元々は東向きの谷を堰き止めたため池のようで、周辺はアップダウンの多い、複雑な地形です。

140923ayameikeonsen01
菖蒲池駅の南側には線路をくぐって渡ります。
大阪方面に帰るには必然的に通るはずですが、記憶にありません。

140923ayameikeonsen02
駅前脇にはレトロな建物が並んでいます。

140923ayameikeonsen05
※クリックすると拡大します <筆者蔵>

さて、今回訪ねた一番の目的というのは、この建物の跡を確認するためです。
村野藤吾がごく初期に設計監修したという菖蒲池温泉場(昭和4年)です。
ドイツ風の魅力的な建物。どの程度関わったかよく分からないとのことなのですが・・・

140923ayameikeonsen06
※クリックすると拡大します <筆者蔵>

内部の様子もあります。
遊戯室です。上の写真でいうと左側の建物の1階部分だそうです。

140923ayameikeonsen07
ぼんぼり状のシャンデリアが面白いです。

140923ayameikeonsen19
話が飛ぶのですが、この周辺を一通り歩いた後、昼ごはんを食べようと寿司屋の「うおよね(魚米)」さんに入りました。ここで大きな出会いがあったんです。ご主人に絵葉書をお見せしたところ、懐かしんでいただいて、エピソードが次々と。資料もいろいろと見せていただきました。

寿司屋さんをされているのはここ20年ほどで、80年ほど前から魚屋をされていたそうなんです。
菖蒲池温泉場についてもよくご存じで、というのは父親に付いて、温泉場に入っていたホテルに魚を届けていたから。

上の写真で、左側の建物の1階が遊戯室、ご主人の記憶ではダンスホール(どちらが時代的に先なのかは未確認)。2階が映画館でした。
右側の建物に男湯・女湯の大浴場があって、右に大軌経営のホテルが入っていたそうです。

140923ayameikeonsen08

また、魚屋さんなので、あやめ池遊園地にアシカのエサとなる魚も届けていたそうです。
子ども時代の遊び場でもあったので、どこに何があったか記憶が鮮明で、記憶をもとに小さな紙にスケッチをたくさん描かれています。これはすごいです。全部で13枚あります。

140923ayameikeonsen09
※クリックすると拡大します

一通り撮らせていただいたのですが、例えば、駅から菖蒲池温泉場の周辺の様子。
どんな木が植わっていたかまで記憶されています。
うおよねさんの向かいには射的場があったと教えていただきました。
菖蒲池の新地は賑やかで、髪結いの人などもいたそうです。駅北には市川右太衛門が設立した全勝キネマ撮影所があり、映画関係者が出入りし、セルロイド職人などもおられたとか。撮影所は火災で焼失したそうなのですが。

140923ayameikeonsen20
※クリックすると拡大します

またあやめ池の遊園地内。
猿山、ゾウ舎、大劇場、プールから植生まで、こちらも詳細に描かれています。

新聞の切り抜きやあやめ池遊園地が閉園したときの記念パンフレット、参考書(『奈良町風土記 続編』(山田熊夫著))などまで見せていただきました。
最後に名刺をいただいて、聴きたいことがあったらまた尋ねてくださいとのことでしたので、改めてお話を伺いに行きたいなと思っています。

さて、うおよねさんに行く前の話に戻ります。

140923ayameikeonsen04
菖蒲池温泉場の跡地はマンションになっていて、当時の様子をしのぶのは難しいです。
菖蒲池温泉場の建物は、戦後、OSK歌劇団の学校として使われていたそうです。
マンションが建てられたのは37年前。

140923ayameikeonsen10
その手前に新地の跡があります。
この通りの両側に旅館が建ち並んでいました。

140923ayameikeonsen11
※クリックすると拡大します

この建物はご主人によると旅館「紀の庄(きのしょう)」の建物だったそうで、医院がそのまま使っています。

140923ayameikeonsen12
2階部分に照明が並んでいます。

140923ayameikeonsen13
新地だったところも見に行きました。
これは新地時代の建物ではないと思いますが、玄関周りをタイルで埋め尽くしているのが新地っぽいなあと思います。

140923ayameikeonsen14
こういう古い長屋も残っています。
ひさしにむくりがあるのがしゃれていて良いです。

今回はうおよねのご主人との出会いがあったおかげで、思いがけず収穫の多い探訪となりました。
昼ごはんも1軒目のピザ屋さんは満員、2軒目のうどん屋さんは定休日で、たまたまここになったので、これも縁ですね。
忘れられないうちに、ぜひまた訪ねてみたいと思います。

|

« ブログ9周年 | トップページ | あやめ池の住宅地(奈良市) »

日常旅行(奈良)」カテゴリの記事

コメント

菖蒲池温泉場・・・・
先月、大阪歴史博物館で行われている村野藤吾展を見に行きましたが、そういう建物の記述はあったかなぁ? 私が覚えてないだけかもしれません。すみません。
この写真を見ると、あまり彼らしくない感じの建物ですね。昭和初期だからでしょうか?大正時代のデザインの感じがします。

しかし、お寿司屋さんのご主人のスケッチは見事ですね!
私も実物を見てみたいです。

投稿: うっかり如来 | 2014年10月 7日 (火) 20:08

うっかり如来さま
コメントありがとうございます。
そうなんです。私も、紹介されているかなと思ったのですが、年表などにも記載されておらず。本人も触れないようで、確証がないので外しているということかもしれません。
先日の講演会で、近鉄の方は、近鉄と最初に関わった作品として紹介されていました。

お寿司やさんのご主人のスケッチ、見事でしょう。
機会ありましたらぜひお話を伺ってみてください。

投稿: びんみん | 2014年10月 8日 (水) 01:51

びんみんさん、こんにちは。「いずれあやめかかきつばた」って言葉が頭をかすめたまま今日に至りました・・・

それにしてもお寿司屋さんのご主人の絵やら資料、想い出話はお見事、の一言です!それも三軒目に入ったお店での思ってもいなかった凄い収穫ですね。人との出逢いや縁はそれこそ乙なものです。

濃い緑の木々が様々な色に変化しています。季節の変わり目ですし、台風が来る様子ですのでお気を付け下さい。

投稿: まあちゃん | 2014年10月 9日 (木) 10:03

まあちゃんさま、こんばんは。
ほんと大収穫でした。よくお会いできたものだと思います。
実を言うと、向かいにインド料理店があってどちらにしようか迷ったので四軒目とも言えます。
この週末、せっかくの連休ですが、台風が迫っているので残念です。

投稿: びんみん | 2014年10月10日 (金) 00:56

中学まであやめ池におりました。
そこから京都、東京、仙台と20年以上離れて久しいのですが。今は亡き父の『昔あやめ池には温泉があったんやで』との一言が気になってびんみんさん旅行記にたどり着着ました。あんな要塞のような施設があやめ池にあったなんて信じられません。いつか同じルートをトレースしてみたいです。でも立派な建物、なぜ無くなったんでしょうね、、、お湯が枯渇した?とか?どんどん気になります笑

投稿: きりん | 2015年7月13日 (月) 12:57

きりんさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
あんな立派な建物、もったいないですね。
温泉自体は特別なものではなかったのか。
うおよねさんはぜひ訪ねてみてください。
私が聞けなかった話もまだ持っておられると思いますので。

投稿: びんみん | 2015年7月14日 (火) 02:24

あやめ池温泉場は1929(昭和4)年7月に建てられました。

1974(昭和49)年6月に建物が解体されたようですが、保存運動がなかったのは残念です。

投稿: 西山 | 2015年7月20日 (月) 21:54

西山様、はじめまして。
コメントありがとうございます。
昭和49年まではあったのですね。
これだけインパクトのある建物で、保存運動がなかったというのは不思議です。

投稿: びんみん | 2015年7月25日 (土) 02:20

すごいですね~!
私平城生まれの43歳ですが
全然知りませんでした。

投稿: にゃふんぱす | 2016年3月10日 (木) 15:48

にゃふんぱすさま、コメントありがとうございます。
もっと上の世代でないと分からないかもしれませんね。
私はあやめ池遊園地には連れて行ってもらったことがあるのですが、駅の反対側には行く用事がなく、知ったのは最近です。

投稿: びんみん | 2016年3月11日 (金) 02:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/60365017

この記事へのトラックバック一覧です: あやめ池温泉場跡と新地跡(奈良市):

« ブログ9周年 | トップページ | あやめ池の住宅地(奈良市) »