« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月12日 (月)

川西の鶴之荘住宅地

140111tsurunoso01
1月のことですが、川西にある旧鶴之荘住宅地を見に行きました。
川西能勢口駅の東側で、今の住所で言うと小戸2丁目のあたりです。
ここは大正3年に北豊島村(現在は池田市)の北田栄太郎氏により開発されました。北田氏は後に池田の満寿美住宅地も開発しています。

住宅地に入るとまず、延々と続く生け垣に驚かされます。

140111tsurunoso12
※クリックすると拡大します

地区内に「鶴之荘景観保存宣言」のプレートが掲げられていました。地域の住民によって景観が保全されているようです。ドラマのロケ地にも使われているそうです。

140111tsurunoso11
住宅地の真ん中には小戸神社の参道があり、狛犬や灯籠が置かれているのも面白いところです。
この構造は池田の室町住宅地とも似ています。

140111tsurunoso02
さて古い住宅に期待したのですが、敷地が大きすぎ、生け垣も高いのでほとんど確認できませんでした。
大正初期の住宅地ですから、建て替えられてもいるようです。

140111tsurunoso04
その代わりにはならないのですが、側溝がかなりゆったりしていて、そこが見どころになっています。

140111tsurunoso03
側溝が幅広いので、玄関には橋がかかることになります。

140111tsurunoso05
説明は簡単にどんどん紹介していきます。

140111tsurunoso06
蔵のある風景。

140111tsurunoso07
植田製油(株)川西寮の脇の門。
かなりの敷地面積です。
側溝の底はほとんどコンクリートで固められていますが、もともとはこんな風に石が敷かれていたのではないでしょうか。

140111tsurunoso08
小振りな石をきれいに敷き詰めています。

140111tsurunoso09
塀と石垣と側溝の組み合わせが庭園のようです。

140111tsurunoso10
こちらはお庭になっています。

140111tsurunoso19
空き地になっても側溝は残る。

140111tsurunoso20
見比べるのも楽しいものです。

140111tsurunoso16
住宅地を流れる水路。

140111tsurunoso13
住宅地の外も歩いてみました。
鉱滓煉瓦を使ったような煉瓦塀。
もろい素材らしく、えぐれています。

140111tsurunoso14
※クリックすると拡大します

敷地の外、小戸3丁目で見かけたこの洋館はかなり本格的。

140111tsurunoso15
pg" border="0"  />
住宅の隙間から、正面の扉も見ることができました。

140111tsurunoso17
腰まで下見板張りの住宅もあります。
ちょっと見にくいですけど。

意外と古い住宅地の周辺にはいい住宅があるように思います。
触発されるのでしょうか。
古い住宅はあまり確認できませんでしたが、良好な環境が保たれていて、散歩するのに良い地域でした。(見学される際は、住民の方にご配慮ください)


より大きな地図で 郊外住宅地・社宅街・木造市営住宅 を表示

*なお、この記事で1000本目の記事となりました。
 目標としていたので、やっとここまで来たという感覚があります。
 今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (6)

2014年5月 6日 (火)

奈良きたまち小景

131109kitamachi01
久しぶりの更新です。
まだ昨年秋の記事です。すみません。

昨年のはならぁとの記事の最後に、奈良きたまちのことも取り上げておきます。
奈良きたまちは、近鉄奈良駅の北側のエリアで、既に観光化されている南側の「ならまち」に対して、エリアとしての認識が進み、面白い店が集積しつつあるエリアです。

きたまちについては、以前にも取り上げていますので、重ならない部分で紹介します。
今回エリアが広いので、古い建物の会場を重点的に回りました。

 「奈良のきたまち」(2010年12月)
 「奈良の工場跡のカフェ」(2010年12月)

この3年の間に、奈良の鍋屋交番はきれいに改修されて観光案内所になりました。

131109kitamachi02
東に歩いて行くと水路跡が。
丸い親柱は奈良でよく見かけます。

 →「率川(いさがわ)跡の散歩道」(2010年4月)参照

131109kitamachi03
眼がチカチカする鮮やかなタイルの壁。
色覚検査のパターンみたい。

131109kitamachi04
味のある門柱がありました。
門柱に埋め込まれた門灯や矢羽根模様の門扉が良いです。

131109kitamachi05
ふと川を見ると鹿の姿が。
奈良公園の芝生で見るのと違った、野生動物っぽい姿です。

131109kitamachi06
双葉屋さんの豆タイル文字。

131109kitamachi07
公認の文字が見える気がするのですが、ちょっとした市場だったのでしょうか。

131109kitamachi08
会場の一つ苻阪家B。
パステル調のタイルがかわいらしいです。

131109kitamachi09
複雑な格子模様。

131109kitamachi10
味わい深い引き戸。

131109kitamachi11
最後に勇湯に入って帰りました。
なかなか渋い銭湯です。

奈良きたまちは、観光化が進んできたとはいえ、まだのんびり歩けるところです。


より大きな地図で はならぁと2013 を表示

| | コメント (2)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »