« 追記情報 | トップページ | 秋の香川・島めぐり(3)粟島散策 »

2014年2月15日 (土)

秋の香川・島めぐり(2)旧国立粟島海員学校

131102awashimakaiin1
須田港に寄り道をした後、粟島汽船で粟島に渡りました。
片道320円、15分ほどの船旅です。

131102awashimakaiin3
※クリックすると拡大します

粟島港に入る直前、左手にペパーミントグリーンの洋館が見えます。
これが旧国立粟島海員学校で、以前から訪ねたかった建物です。

131102awashimakaiin6
※クリックすると拡大します

海辺の道を歩いて旧国立粟島海員学校へ。
明治30年に日本で最初の海員学校として創立しました。
塩飽諸島では塩飽水軍や北前船、咸臨丸の船員など優秀な船乗りを輩出してきた歴史があり、その流れで島の発展を意図して設立されたようです。
現在の建物は大正9年のものです。
昭和62年に廃校になった後、粟島海洋記念館として使われています。

131102awashimakaiin7
※クリックすると拡大します

正面を見上げたところ。
華やかな建物です。

131102awashimakaiin28
玄関の門柱も幾何学的です。
これも大正時代のもの。

131102awashimakaiin8
床下換気口の面格子も同じく幾何学模様。

131102awashimakaiin9
瀬戸内国際芸術祭の会場となっていて、いくつかの部屋に展示がありました。
この部屋では海中から引き上げられたものを使った展示がされていました。

また、他に海員学校や粟島の船乗りに関する展示室もあります。

131102awashimakaiin11
※クリックすると拡大します

2階は講堂になっていて、ここが見どころです。

131102awashimakaiin12
2階に上がってくる階段の手すり。

131102awashimakaiin13
天井の通気口。

131102awashimakaiin14
メインのシャンデリアはとてもモダンです。

131102awashimakaiin15
周囲の照明。

131102awashimakaiin16
窓からは練習船が着いた桟橋、その向こうに瀬戸内海と四国が見えます。

131102awashimakaiin17
木の廊下。

131102awashimakaiin18
窓越しに見る校舎は懐かしさを感じさせます。

131102awashimakaiin19
一室ではアレンジしたコッペパンが食べられるコッペサンド舎があり、人気でした。
給食スタイルです。
せっかくなので私もここで昼食。

131102awashimakaiin20
公開されていない部屋。

131102awashimakaiin22
※クリックすると拡大します

本館を裏側から。

131102awashimakaiin23

本館の裏からT字に教室が伸びていて、その先端。
教室は地味なのですが、海に面するこの部分だけ、黄色のアクセントを入れています。

131102awashimakaiin24
※クリックすると拡大します

庭にもいろんなものが展示されていました。
これは日清戦争の戦利品として受け取った戦艦「鎮遠」の鐘だそうです。
奥に見える丸いのは機雷?

131102awashimakaiin25
※クリックすると拡大します

この石畳は大正10年頃に海員学校の生徒が高見島の石を敷き詰めて作ったそうです。

この瀬戸内海ののどかな小島に、塩飽海運の流れを汲んで、世界で活躍する船員を輩出するこんな立派な洋風の学校があったということに感慨を憶えます。

<関連ホームページ>
 ル・ポール粟島HP「粟島海洋記念館」


より大きな地図で 瀬戸内国際芸術祭2013 を表示

|

« 追記情報 | トップページ | 秋の香川・島めぐり(3)粟島散策 »

国内旅行」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/59139527

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の香川・島めぐり(2)旧国立粟島海員学校:

« 追記情報 | トップページ | 秋の香川・島めぐり(3)粟島散策 »