« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月27日 (月)

はじめての今井町(奈良県橿原市)

130929imai1
※クリックすると拡大します

夏の瀬戸内の記事は終わりましたが、まだ昨秋のはならぁとの記事が残っています。
季節外れで申し訳ないですが、お付き合いください。

今回のはならぁとに合わせて、初めて奈良の今井町を訪ねました(え、今頃?と言われそう)。
近鉄の八木西口駅から歩き、小さな橋を渡って、今井町の北東にたどりつきます。

寺内町を回る前に、観光案内所でもある今井町まちなみ交流センター華甍を訪ねました。
ここは明治36年に建てられた旧高市郡教育博物館です。
とても立派な建物。今井町役場として使われた時期もあったのですが、今は再び博物館的に使われています。今井町の解説やジオラマなどもあるので、町を回る前の予備知識になります。

130929imai2
※クリックすると拡大します

全体に和風でありながら、細部は洋風の面白い建物です。
角が階段状になった窓や菱形の窓などもユニーク。

130929imai3
今井町は中世には寺内町・商業都市で、江戸時代初期には東西600m、南北310mの規模があり、周囲に土居と濠をめぐらせた環濠集落です。
町は西から発展してきたとのことで、最も東にあるこの重文高木家住宅は幕末の建物。
業種は酒造業・醤油業だったそうです。

130929imai4
内部を見学させてもらいました。土間の天井が非常に高い。
届かないので上げ下げ窓を使っています。

130929imai5
座敷には美しい桟が入っています。

130929imai6
桃の釘隠がありました。

130929imai7
続いて重文河合家住宅。
この部分は建物のほんの一部で、奥に非常に大きいお屋敷です。
主屋は18世紀中頃の建物。今も酒造業をされています。
こんな調子で、江戸時代の建物が続きますので、思い切って端折らせていただきます。

130929imai8
※クリックすると拡大します

さらに西に歩いて行きます。
玄関が気になった建物。
玄関上部の斜め格子の窓、型板ガラスの扉や窓、ボーダータイルなど、とても良い感じです。

130929imai9
寺内町の中心といえる称念寺。
寺はいくつもあります。

130929imai10
三つ巴の窓です。ほとんど窓ではないですけど。

130929imai11
西の端まで来ました。
ここには信長と戦ったという今西家があります。
環濠に面して西の守りとなっています。
慶安3年(1650年)に建てられた今井町で最も古い建物です。
中にお白州があって裁きをしたり、牢があったりもしたそうです。
写真は撮れなかったので、リンク先をご覧下さい。
今西家保存会HP

130929imai12
※クリックすると拡大します

格子に欄間のような透かしが入っています。

近くでは長屋の再生工事が行われていて、見学もできました。

130929imai13
2階の手すりが洋風です。

130929imai14
さて再び東に折り返して、中筋町生活広場。
防災小屋を兼ねて、こういった新しいスペースも整備されています。

130929imai15
重文音村家住宅の復元された「かまど」。

130929imai16
磨りガラスで描かれた風景。
中央は澪つくしでしょうか。

130929imai17
全然はならぁとの作品を紹介していませんね。

サガン・井上ギャラリーの土蔵で展示されていた、
諸熊仁志さんのブロンズ作品。
ビニールやゴムでできたような質感を重いブロンズで再現されているのが面白いところです。

130929imai18
ユニークな表現の鬼瓦。
トラかと思いましたが、唐獅子という人もいます。

130929imai19
そしてこれも面白かったのが羊プロジェクト。
JR桜井線の土手に2匹の羊が放たれ、土手の草刈りになっています。
ちょうどフェンスに囲まれるので、移動動物園のようでもあり、時々電車も通ったりして全体が面白い仕掛け、かつ役立つ取り組みです。


130929imai20
※クリックすると拡大します

日が暮れて帰る途中、洋風の住宅を見かけました。
江戸時代の街並みが保存されている今井町では、こういう建物はあくまでさりげなく。

あまり街並みの写真は出しませんでしたが、これだけ面として保存しているのはたいへんなことだと思います。今回ははならぁとメインで回り、中に入るのを飛ばした住宅がいくつもありますので、またそれらも訪ねてみたいと思います。


より大きな地図で はならぁと2013 を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

夏の香川・島めぐり(22)豊島の唐櫃集落

130901karato1
香川県豊島の話も最後です。
甲生(こう)地区の後は、島を反時計回りにバスで、北東部の唐櫃(からと)地区に向かいました。(途中の道はかなり高いところを走って、広々とした景色が見られます)

最初に着いたのは豊島美術館の前。
ロケーションにかなりこだわったというだけあって、この海に突っ込んでいくかのような道というのが気持ちを高めます。

130901karato2
中央右の白いのが美術館で、一帯は海に向かって段々畑が広がる雄大な景色です。

130901karato3
豊島美術館は人気が高いので、入場制限があります。
この日はお天気がいまいちだったのでましだったようですが。

130901karato4
右が豊島美術館の本体、左はショップです。
左にぐるっと丘を回り込むようにアプローチします。
知人からの「いいよ」というお勧めだけで、ほとんど予備知識なく美術館を訪れたのですが、眺めていてあきない展示でした。とくにこの日は途中からにわか雨があり、美術館はぽっかり丸く天井が開いていますので雨が降り込んで、自然の演出がおみごとでした。

130901karato5
その後は、唐櫃浜へ。
唐櫃地区は海岸の唐櫃浜と丘の唐櫃岡に分かれています。
写真から、かなり高低差があることが分かると思います。
これでもかなり下ったところから撮っています。

ところで、唐櫃って面白い地名ですね。
中国との交易と関係あるのかと想像します。
下関にも唐戸地区という古い港がありますし、神戸にも唐櫃があるらしいです。

130901karato6
唐櫃浜を歩いていると、瀬戸内国際芸術祭ではないのですが、昔の海苔加工場を利用した唐櫃美術館がありました。
東北の震災関連の展示をされていました。
手前の漁具が海苔養殖のものだそうです。
インスタレーションになっています。

130901karato7
続いてバスで唐櫃岡へ。
バス停の前には唐櫃公堂という会館がありました。

130901karato8
玄関の丸柱に巻かれた豆タイルが良いです。

130901karato9
隣には中野喜三郎翁の銅像が立っていました。

130901karato11
※クリックすると拡大します

どこでも郷土の偉人はおられるものですが、中野翁はかなり貢献の大きな方だったようです。
石工から始めて、石材と土木工事を商って中野組(現ナカノフドー建設)を興し、皇居眼鏡橋工事、明治29年に中央線笹子トンネル、明治44年に日本橋の改築、昭和2〜11年に国会議事堂の石工事を行ったそうです。旧日本銀行もそうだとか。

130901karato10
※クリックすると拡大します

裏面は地域での事績になっていて、水道の設置、村役場の新築、基盤整備、豊島石の生産販売、海運・漁業の開発振興、神社・仏閣の改修まで広く貢献されたそうです。

130901karato12
さて、唐櫃岡の集落ですが、島の3地区の中でもしっとり落ち着いて、一番雰囲気の良く感じられる集落でした。

130901karato13
唐櫃公堂の裏にあったいい感じの建物。

130901karato14
鬼瓦に十字が入っていますので、教会だったのでしょうか。

130901karato15
斜面に集落が広がっていますので、屋根の連続がきれいです。

130901karato17
また新しいものとして、島キッチンというレストランができています。

130901karato18
モダンなデザインの塀があったりもします。

130901karato19
前回取り上げたように、石垣が特徴的です。

130901karato20
集落の外れに唐櫃の清水という水場があります。
広い水場になっていて、昔は賑わったようです。

130901karato21
このあたりで時間となりましたので、バスで家浦港に行き、高速船で高松経由で大阪に戻りました。

豊島は変化に富んで、各集落も個性豊か、名前通り豊かな島だと思います。
今度は普通の時期に再訪してみたい気もします。

これまで長らく夏の記事を引っ張りましたが、ご覧いただきましてありがとうございました。
実はこの後、「秋の香川・島めぐり編」もあります。
よろしくお願いします。


より大きな地図で 瀬戸内国際芸術祭2013 を表示

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

夏の香川・島めぐり(21)豊島石の祠など

130901teshimaishi1
香川県豊島の甲生(こう)の集落の中に、共同井戸のある広場があって、石仏などが並んでいました。
(この流しも石造みたいですね)

130901teshimaishi2
そこで気になるものが。
石でできたかまくらみたいなものです。
中に仏様かお地蔵さんが入る祠のようです。

それにしてもこんな加工をしてしまうとは。
柔らかい石にしてもこれは手間暇がかかるでしょう。

130901teshimaishi3
ところがこれは特別なものではないらしく、別の広場に行ったらそこにも同様のものがありました。

130901teshimaishi4
拡大するとこんな感じ。
屋根の付いているタイプもあります。

豊島では豊島石という石材が特産で、それで作られているようです。
豊島石は玄武岩質火山礫凝灰岩というもので、柔らかくて加工しやすく、水には弱いのですが、熱には強いので茶室の炉や灯籠に使われているそうです。

その採掘の仕方が面白く、高さ50m、奥行き500mのトンネル状の大丁場が残っているのですが、近年採掘業者が倒産したため立入禁止になっているとのことで残念です。
外からでいいので、すごく見てみたい。

>香川県HP「豊島石」

130901teshimaishi5
さて、広場に戻りますが、神様の名前を書いた石柱なども立っています。

130901teshimaishi6
そしてここにも共同井戸。
井戸と石仏・祠が一体となったスペースが作られるのが豊島の形なのでしょうか。

130901teshimaishi9
唐櫃岡(からとおか)でも同様の祠がありました。

130901teshimaishi10
ちなみに唐櫃岡には、こんな面白い石垣があります。
これは讃岐岩質安山岩で、地滑り地から拾われたものらしいです。
板状に割れるので、面白いパターンになっています。

>香川大学工学部の長谷川先生の研究室による「讃岐ジオサイト(2)豊島」(PDF)
 「讃岐ジオサイト」 非常に面白い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

夏の香川・島めぐり(20)豊島の片山邸ディテール

130901katayamadetail1
香川県の豊島の甲生(こう)集落にある片山邸のつづきです。
今回はディテール。

まずは引手からです。
七宝の引手。花とつるが表現されています。

130901katayamadetail2
これも七宝でしょうか。
菊の花。

130901katayamadetail3
螺鈿の菊の花。

130901katayamadetail4
牡丹のようなのですが、この写真では不明瞭です。

130901katayamadetail5
装飾名としての七宝あるいは木瓜紋。
漆塗りでしょうか。

130901katayamadetail6
たぶん桐の引手。
(90度回転させました)

130901katayamadetail7
楕円の菊の引手。

130901katayamadetail8
桜と桐など。

130901katayamadetail9
続いて、釘隠です。
松竹梅。

130901katayamadetail10
定番の鶴。
柔らかい表現です。

130901katayamadetail11
ちょっと面白い切り取り方の松。

130901katayamadetail12
仏具のような釘隠。

130901katayamadetail13
※クリックすると拡大します

欄間はさすがに材木商だけあって、ここまで凝ったものを使っています。
まるで見本帳みたい。

130901katayamadetail14
松皮菱の欄間。
シンプルですが、かなりめんどくさいのでは?

130901katayamadetail15
小七宝の障子欄間?

130901katayamadetail16
斜め格子をずらした障子欄間?

130901katayamadetail17
最後に桜の花びらが入った小さなドアノブ。

非常に凝った細工の数々で素晴らしい建物でした。


より大きな地図で 瀬戸内国際芸術祭2013 を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

夏の香川・島めぐり(19)豊島の片山邸

130901katayamatei1
豊島の甲生(こう)にある片山邸を紹介します。
訪ねた時には、お屋敷を使って「豊島MEETING art in 片山邸」というアートイベントを開催中でした。

片山家は江戸末期から明治にかけて、材木商として財をなしたそうです。
あちこちで古民家を見せていただきますが、やはり材木商のお屋敷は期待感が高いです。
結論から言うと、島で一番の見どころかも。

江戸時代に高松や津山の殿様が船で遊びに来たとか、勝海舟や坂本龍馬が海援隊とともに来たとか、かなりの格です。

高度成長期には大阪の千里の山を買って・・・という噂を聞きましたが、ほんとかどうか。

130901katayamatei2
片山邸はこんな立派なお屋敷です。
塀が延々と続いています。
この石垣が面白いのです。
角は黒っぽい石の亀甲積みです。

130901katayamatei3
途中から御影石の整層野石積みに変わります。

130901katayamatei4
さらに乱積みに変化。

130901katayamatei5
最後は黒っぽい石に変わります。たぶんこの部分が一番古い。
たびたび増築されてきたということでしょうか。

130901katayamatei6
玄関は東寄りにあって、そこから入ります。

130901katayamatei7
玄関には本業タイルが敷き詰められています。

130901katayamatei8
もう少し拡大するとこんな図柄

130901katayamatei9
もう一つ奥にも別の本業タイルが敷かれています

130901katayamatei10
大きな石の水盤

130901katayamatei11
座敷はこんな感じで連なっています。
母屋は江戸時代末期の建物です。

130901katayamatei12
樹齢700年というソテツが庭の主です。

130901katayamatei13
生き物のような奇岩があちこちに配されています。

130901katayamatei14
廊下をまたいで書院へ。

130901katayamatei16
書院の床の間。
材木商らしく、床柱には奇妙な木を使っています。

130901katayamatei15
一番奥(西寄り)には、離れの茶室があります。

130901katayamatei17
中庭にも灯籠などが配されています。

省略しましたが、裏庭も結構広いです。

広いだけでなくてディテールもすごいんです、というのを次回紹介します。


より大きな地図で 瀬戸内国際芸術祭2013 を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

夏の香川・島めぐり(18)豊島の甲生を歩く

130901koh1
豊島探訪の日、あいにくの雨だったため、レンタサイクルはあきらめてバスにしました。
島の南岸にある甲生(こう)の集落を目指します。
島は前回の家浦、北東の唐櫃(からと)そして今回の甲生の3地区に分かれていて、それぞれに違うらしいです。今でこそ車があるので行き来しやすいですが、昔はむしろ海を通じての対岸との関係がメインだったかもしれませんね。

雨が降るとこういう塀などしっとりしていいのですが、それは後から思うこと。
お天気のせいもいくらかはあるにしても、外に開けている家浦に比べて、落ち着いた集落です。

130901koh2
他の旅行者に勧められた竹の展示は雨天のため中止。
こちらの会場は私一人が観客でした(スタッフも不在)。
雨宿りしながらこの空き家での作品を見ていると、取り残されたような不思議な気分になります。

130901koh3
窓の向こうに草。
天然ステンドグラス。

130901koh4
樋の上にも小さな植物。
天然盆栽。

130901koh5
海岸へと続く道は湿地の中を抜けています。

130901koh6
海岸の作品。

130901koh7
海の向こうには春に訪れた男木島が見えます。
ちょうど男木島灯台が真正面にあるはずなのですが。

130901koh8
港にはたこつぼが積まれていたので、タコ漁をしているのでしょう。

130901koh9
漁港を望むように妙見宮がありました。
港町の風景です。

130901koh10
船を引き上げるための装置。
滑車を使っていたりして面白い。

130901koh11
巻き上げ装置の本体。

130901koh12
漁村住宅の看板がありました。
そういう住宅もあるんですね。
レトロな雰囲気が良いです。

130901koh13
2010年に作られた、旧公民館を利用した作品。
建物の老朽化のため、今回で展示は終了予定だそうです。

130901koh14
建具のトンネルが作られています。

130901koh15
トンネルはそのまま向こうの田んぼへ。
その両サイドに部屋が分割されているという面白い構造です。

130901koh16
建具のコレクションは、私などにはとても興味深いです。

130901koh17
このちょっと面倒な錠は昔よくありましたでしょう。
ペンギンマーク。

130901koh18
鬼マークってどこのメーカーでしょう。

130901koh19
この日はちょうどサクソフォーン・アイランドというイベントで、大阪音楽大学の学生さんグループが2部屋に分かれて、懐かしい音楽をちょっと前衛的に演奏していました。

130901koh20
この後、他の旅行者に勧められた旧片山邸を訪ねました。
芸術祭とは別イベントの「豊島MEETING ART in 片山邸」で、公開されていたものです。
この建物がすごいので、次回じっくり紹介したいと思います。


より大きな地図で 瀬戸内国際芸術祭2013 を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の香川・島めぐり(17)豊島へ

130831teshimahe1
犬島の後は高速船で直接、豊島に向かいました。
こういう派手な整理券をもらいます。
船はサンダーバード号。

130831teshimahe2
豊島が見えてきました。
結構、山が高い島です。ピークは339mの檀山。
豊島は香川県になります。

130831teshimahe3
船は家浦港に到着しました。
港にはおそらく海神を祭る祠があります。

130831teshimahe4
いくつか芸術祭の展示施設があります。
こちらはイタリアンレストランのイルヴェント。
外観はちょっと変わっている程度ですが・・・

130831teshimahe5
中はこんな世界。

130831teshimahe9
中庭もテーブルになっていて、目がちかちかしそうなペイントです。

あと豊島横尾館(横尾忠則さんの展示館)なども回ったのですが、外観の写真を忘れていました。こちらも目の錯覚を招くような仕掛けが面白い作品でした。
既に夕方なので、17時まで駆け足で回って終了です。

130831teshimahe6
一般の建物ですが、屋上への階段が魅力的。

130831teshimahe7
この時の旅行ではせっかくなので民泊を利用してみました。
そうめん工場をされている川東さんのお宅です。
関東からの宿泊者が多くて、島の見どころを教えてもらったり、興味深いお話を伺えました。

130831teshimahe8
朝食にはひや麦を出していただきました。
果汁を絞っていただくのが島ならでは。

この朝から本格的に島を探訪します。
豊島というとすぐ産廃問題を思い出してしまいますが、実施訪れてみるとそんなイメージはなく、事前に複数の方からお勧めいただいていた通り、見どころある島でした。


より大きな地図で 瀬戸内国際芸術祭2013 を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

夏の岡山・島めぐり(2)犬島の路地を歩く

130831inushima1
犬島の港近くには小さな丘があり、そこに岩が立ち上がっています。
その岩の上に祠があり、山の神が祭られています。
石切場の守り神様のようです。

130831inushima2
ここからは犬島の集落を見渡せます。
犬島の集落には作品が点在していて、路地から路地へめぐり歩きました。

130831inushima10
アーケードのある路地。
元雑貨店だったようです。
こういう空間の使い方は港の集落らしくて好きです。

130831inushima11
こちらはとても魅力的な建物。
洋風が入っています。

130831inushima12
正面が素敵でしょう?
小道さんに扉の両サイドの桟が「〒」マークになっていると教えてもらって気付きました。
元郵便局のようです。

130831inushima13
中を覗くとカウンターや公衆電話室が残っています。
今はイベントスペースとしても使われている様子。
ぜひ活用してほしい建物です。

130831inushima3
犬島では前回瀬戸芸開催の2010年から「家プロジェクト」が展開されています。アートディレクターの長谷川祐子さん、建築家の妹島和世さんにより、集落の空き地や空き家にギャラリーを配置するプロジェクトだそうです。
こちらは石職人の家跡。
空き地に洞窟画かアボリジニの絵画のような絵が描かれています。

130831inushima4
これもそうなのでしょう。
火炎のようなオブジェがさりげなく。

130831inushima5
S邸はカーブした建物にアクリルの凸レンズが埋め込まれています。

130831inushima6
向こうに見える景色と一体としての作品です。
水滴のようにも見えます。

130831inushima7
A邸も同じく、ここに入ると花畑の世界です。
ともに荒神明香さんの作品だそうです。

130831inushima8
中の谷東屋が面白いのは、中に入るとほんとによく音が反響することです。
ちょっと昔の団地を思い出しました。床のコンクリートが反響します。

130831inushima9
さて、犬島は石の島だった時代が長く、島は穴ぼこだらけで、それがまた面白い風景となっています。
ここも石切場跡に水がたまったものです。

130831inushima15
石垣の石には刻印のあるものもあって、史跡になっていました。

130831inushima14
豪快な石組みによる水場。
石の島らしいですね。

今回は石切場の探訪までする時間はありませんでしたが、石切場をたどっても面白いと思います。


より大きな地図で 瀬戸内国際芸術祭2013 を表示

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

夏の岡山・島めぐり(1)犬島精錬所跡へ

140101inushima1
予告通り、昨年の夏の記事から始めます(季節感なくてすみません)。
今回、次回は犬島を紹介します。
香川・島めぐりのシリーズなのですが、瀬戸内国際芸術祭の会場のうち、犬島だけ岡山県なので、タイトルも変えました。訪問日は8/31です。

犬島は精錬所跡の島として有名です。前々から行ってみたいと思いつつ、「わざわざ行く」踏ん切りがつかず、今回やっと芸術祭を機に訪問できました。普段は電車かバスを乗り継いで1時間半ほどかかるところなのですが、特別に岡山駅から宝伝港までの直通バスが運行されていました(45分で750円)。

140101inushima2
到着するのは西宝伝のバス停で、この先は道が狭いので港まで歩きます。
宝伝の町も気になるのですが、バスは船と接続しているので、寄り道せずにいきます。

140101inushima4
満員の船に乗ったら10分ほどで犬島港に到着。
向こうに岡山の本土が見えています。

140101inushima5
芸術祭用に案内所が置かれていました。
勝手に無人島のような印象をもっていたのですが、今でも50数人は住んでおられるそうです。最盛期は5000〜6000人。

140101inushima6
犬島精錬所跡に向かう途中、広々とした芝生があって、とてもいい眺めです。
たぶんこの島で切り出された花崗岩が並べられています。

140101inushima7
ゲートをくぐると犬島精錬所美術館。
犬島精錬所跡を利用した美術館です。

140101inushima18
カラミ煉瓦(鉱滓煉瓦)の壁に誘導されます。
銅の精錬過程で出る鉱滓を固めた煉瓦で、非常に重いらしいです。
前に生野鉱山を訪れた際にも見ました。

140101inushima16
カラミ煉瓦は風化には弱いようで、足元ではボロボロと崩れていました。

140101inushima17
犬島精錬所美術館は、地下に埋もれるように作られています。
多数の鏡を使って光を、精錬所遺構の煙突の効果で空気を導く面白い仕掛けがあるのですが、写真撮影は禁止なので外観のみです。

出口におばあちゃんが座っていて、嘆き口調で解説をしてくれました。
長らくこの島に住んでおられるそうで、この美術館のコンセプトから、昔は採石業で島が賑わっていたこと、カラミ煉瓦が夏熱く、冬冷たく、足をけがするものであることなどあらゆることを話してくださいます。

この島は江戸時代以来の採石の島で、大阪城の石垣や、明治時代の大阪港の築港にも石材を提供しています。明治42年に銅の製錬所が建設されますが、わずか10年で閉鎖、その遺構がいま活用されています。

140101inushima8
美術館の上はこうなっています。

140101inushima9
そして、精錬所遺構には遊歩道があって、巡り歩くことができます。
これが面白くて2周してしまいました。

140101inushima10
階段を登り、振り返れば向かいの島が見えます。

140101inushima19
美術館を上から。瀬戸内海が見渡せます。

140101inushima11
遊歩道はほぼ一本道ですが、遺構を下から、横から、上から巡ることができます。
赤煉瓦とカラミ煉瓦の組み合わせ。

140101inushima12
精錬所跡は小部屋に区切られています。
解説を聞かないとどういう使われ方をしていたのか分からないのですが。

140101inushima13
反対側は崖になっていて、石切り場跡の角張った池があります。

140101inushima14
南に目を転じると森の中に煙突。
計6本の煙突に囲まれています。

140101inushima15
この遺構は発電所跡です。
教会のようにも思えてしまいます。

140101inushima20
遊歩道のフェンスは鉄杭を打ち込んだシンプルなもので、よく馴染んでいます。
この遊歩道は過剰に何かを追加することなく、遺構をうまく見せていると思います。
崩れそうな煙突には補強をしていましたし、雑草を刈ったり、実際には維持にたいへん手間がかかるのでしょうね。
再訪する機会があれば、きっとまた見に行くと思います。


より大きな地図で 瀬戸内国際芸術祭2013 を表示

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

2014年あけましておめでとうございます

140101kn1

皆さま、明けましておめでとうございます。

ブログ「日常旅行日記」をご覧いただきましてありがとうございます。
昨年を振り返って思うのは、「新しいことに取り組まなかったな」ということです。
別に大きなことをするという意味ではなくて、「こんなのも面白い」という発見があまりなかったような・・・
今年はそんな気付きがあれば良いなと思います。

近代のまちへの関心は変わらず、
今年も近代の郊外住宅地や公園、レトロアパートなどを訪ね歩くつもりです。

さて、冒頭の写真です。

よく見ると見たことのあるガラス窓。

140101kn2
磨りガラスで絵が描かれているものです。
遠いので分かりにくいのですが、遠くに富士山があって、帆掛け船が見えて、手前に松原と民家があるという構図かと思います。注意して見るとこういうのも身近で見かけられるのですね。

140101kn3
ちょっとユーモラスな鯉の瓦。

140101kn4
生け垣の南天

身近な気付きを大切にしつつ、ブログを続けたいと思います。
しばらく昨年の(それも夏の!)記事が続きますので、お付き合いください。

本年もよろしくお願いします。
引き続きコメント歓迎です!

<関連記事>
 2013年を迎えて

続きを読む "2014年あけましておめでとうございます"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »