« 夏の香川・島めぐり(16)小豆島の洋館付き住宅・煉瓦 | トップページ | 五條の岡橋家住宅(奈良県五條市) »

2013年12月23日 (月)

はならぁと2013の五條

130916gojo1
この秋、開催された奈良・町家の芸術祭HANARART(はならぁと)2013の際に訪ねた五條新町を紹介します。
毎年、開催形態が変わりますが、今年は奈良県内8会場のうち、大和郡山のみがメインの「こあ」会場で、あとは「もあ」または「えあ」(アーティストインレジデンス)での開催でした。また日程はだいたい10日ずつの断続的なリレー開催でした。このうち、私は五條新町、今井町、宇陀松山、奈良きたまち、桜井本町(紹介済)を訪ねました。

例によって、あまり作品関係なく、興味の趣くままに紹介しますので、関係者の方が見ておられたらすみません。

さて、五條の最終日は台風一過で、こんな風に吉野川も濁流となり、JRの和歌山線が止まるというかなり大変な日でした。影響でこの日の開催は午後スタート。

130916gojo2
今回、目玉と言えるかもしれないのが、栗山家住宅の公開です。
年代が分かる中では最も古いという1607年築の住宅です。

130916gojo3
生活空間とを区切る格子戸。
もちろんこういうのはずっと時代がくだるものですが、空間に凛とした美しさがあります。

130916gojo4
天井は高く、長い梁が渡されています。
黒光りして美しい。

130916gojo5
いつも売り切れているところしか見たことのないお餅屋さんも今日は売っていました。

130916gojo10
展示会場は、旧街道筋の新町通りを端から端まで。最初に西の端まで行ってから歩き始めました。
西の端は段丘に上がっていて、その途中に岡橋家住宅があります。この住宅が素晴らしかったので、次回単独で紹介します。虹色の垂れ幕ははならぁと、赤と白ののれんは五條会場の目印です。

130916gojo6
その隣は、フランス料理店のラミ・ダンファンス・アラ・メゾン。
昨年オープンしたという町家フレンチです。だんだんお店が充実しています。はならぁと会場ではないので、外から見るだけ。

130916gojo7
続いて、山田旅館。
今も宿泊することができます。
かつては吉野川を下ってくるいかだ職人たちの定宿として賑わっていたそうです。
今でいうビジネスホテル。今は外国の方など、観光利用をされたり、結婚式場に使われる予定もあるそうです。本来の形で残るのがうれしいですね。

130916gojo8
ここでは宿の奥さんのパッチワーク作品、(紀州出身なので)紀州手毬などが飾られていました。
右のは初日の出が描かれていて、作品的にも面白いと思います。

130916gojo9
古い戎大黒さんのお面も飾られていました。
すすけています。

130916gojo11
次は御田邸。

130916gojo12
もとは御田薬局で、その当時の扉や調剤室の表示、商品棚などが残っています。
左にちょこっと見えているのは、地元の中学生による吉野川の鮎。

130916gojo13
続いて松下邸。

130916gojo14
奥に絵が描かれていますが、これは今回の作品ではありません。
奥も気になりますが、雨漏りなどもしていて、土間から上には上がれませんでした。

130916gojo15
下村邸。
五條エリアには横浜美術大学チームが入っているのですが、その拠点の一つになっているようです。

130916gojo16
ここの見どころは繊細な格子戸。
スライドさせて、風の出入りを調整できるようです。

130916gojo17
辰巳邸では、タイの作家さんがインスタレーションを展示されていました。
風雨の音なども流れていたのですが、前日はリアルに台風の風雨があったわけで、町でやるとそういうイメージが付加してくるのが面白いところです。

130916gojo18
すっかり台風一過の青空になりました。
五新鉄道跡の橋脚アーチと橋の欄干のアーチの競演。

130916gojo19
まちなみ伝承館では台湾の母娘の作家さんが展示されていました。
橋本にお住まいの台湾人通訳の方が、一作品ずつ詳しく解説をしていただきました。

130916gojo20
これは参加型の作品で、私も一本結んできました。

テキスタイルを素材に、それぞれ教訓を含んだような作品です。例えば、夫婦の衣服をつないで一着の服に仕立てた作品は、男性部分が広がると女性部分が引っ込み、女性部分が広がると男性部分が引っ込むという流れで、夫婦円満の心得を表現しているそうです。

今回の五條エリアは前回以上に公開町家が多く、町家に入るのを楽しみにしているものとしてはとてもありがたいエリアでした。あと2回ほど紹介します。

今回調べていて気付いたのですが、このエリアのグーグルストリートビューは、はならぁと開催期間中に撮影されているんですね。来て下さいとお願いしたのでしょうか。こういう記録の残し方は面白いです。


より大きな地図で はならぁと2013 を表示

<関連記事>
 「五條の気になる建物」 2012
 「五條のさくら井戸」 2012
 「奈良・町家の芸術祭はならぁと2012」
 「五條新町で近代のもの探し」 2011
 「五條の水のある風景」 2011
 「五條で書体三昧」 2011
 「奈良の町家で「はならぁと」開催中」 2011

|

« 夏の香川・島めぐり(16)小豆島の洋館付き住宅・煉瓦 | トップページ | 五條の岡橋家住宅(奈良県五條市) »

日常旅行(奈良)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/58802789

この記事へのトラックバック一覧です: はならぁと2013の五條:

« 夏の香川・島めぐり(16)小豆島の洋館付き住宅・煉瓦 | トップページ | 五條の岡橋家住宅(奈良県五條市) »