« 旧精華小学校が解体へ(大阪市中央区) | トップページ | 夏の香川・島めぐり(10)高松の大島 »

2013年11月20日 (水)

はならぁと2013の桜井本町(奈良県桜井市)

131117sakurai1
今年も奈良・町家の芸術祭はならぁとが開催されています。
今回は9/7〜11/26の長期断続開催で、会場8エリアのうち五條新町、今井町、宇陀松山、奈良きたまち、桜井本町の5ヶ所を回りました。順番は前後しますが、まだ今週末まで会期を残している「桜井本町エリア」を紹介します。
といっても例によって、イベントよりよそ見が多いのでご了承下さい。

桜井は5年前にも歩いたことがあります。
「初瀬街道の近代ー桜井」

桜井は木材の町です。

131117sakurai2
桜井だから桜の持ち送り?
ローカルな醤油看板も良い味を出しています。
(今も営業されてます)

131117sakurai4
会場エリアは主に初瀬街道が通る本町通りです。
前回は歩かなかった本町通りの西側から歩き始めました。
橋のたもとにお堂があります。
ここから西の町並みにも心ひかれましたが、それではいつまでもスタートできないので今回はあきらめました。

131117sakurai5
木材の町だけあって、家の扉などを見るのも楽しいです。

131117sakurai6
豆タイルの円柱が飾りになっている建物。

131117sakurai8
古い玄関灯。

131117sakurai9
アーケード商店街に入ったところに、はならぁと会場の旧力寿司があります。
既に営業はされていません。
左右で違うタイルが楽しい。

131117sakurai10
薄暗い室内で映像作品、絵画作品が展示されていました。
建物の雰囲気が効果を発揮しています。

131117sakurai11
半透明の明るいアーケード。

131117sakurai12
覆いが外されたアーケード。
見た目には面白い。

131117sakurai13
ある質屋さん。
ヴィトンの溝蓋。

131117sakurai14
展示会場の一番遠くは等彌神社です。
入口の御祓橋はチェス駒のような親柱のデザインで、想像通り大正時代、大正13年の橋です。

131117sakurai15
ここの吐水口は亀でした。
竜が多いですよね。

131117sakurai16
参道の途中にも同じような橋があります。

131117sakurai17
等彌神社は古社らしい、鬱蒼と厳かな神社でした。
こういうところに導いてくれるのが、回遊型イベントの魅力です。
拝殿前では竹を曲げて作品を公開制作中でした。

131117sakurai18
再び本町通りに戻って、東端の桜井東集会所へ。
桜に東の特注の瓦が乗っています。

131117sakurai19
路地(6丁目路地)も展示場所になっていました。
風に揺らぐ糸とビニール。

131117sakurai20
木製の窓が洋風デザインのパーマ屋さんがありました。

131117sakurai21
最後の方で立ち寄ったのが、佐藤邸。
古い家屋を地元の方が買い取って改修を進めているそうです。

塀の上に隙間だらけの木を打ち付け、とても面白い表現になっています。

131117sakurai22
一室では商店街アーケードの照明の語る話。
面白い着想です。
床から漏れる光を使った作品なども良いと思いました。

作品は一部しか紹介できませんでしたが、まだ今週末まで見られますので、よろしければお出かけください。


より大きな地図で はならぁと2013 を表示

<関連記事>
 「初瀬街道の近代ー桜井」

|

« 旧精華小学校が解体へ(大阪市中央区) | トップページ | 夏の香川・島めぐり(10)高松の大島 »

日常旅行(奈良)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/58609259

この記事へのトラックバック一覧です: はならぁと2013の桜井本町(奈良県桜井市):

« 旧精華小学校が解体へ(大阪市中央区) | トップページ | 夏の香川・島めぐり(10)高松の大島 »