« 竜山石を訪ねて(2)石工の村 | トップページ | 竜山石を訪ねて(4)鷹がいっぱい »

2013年7月15日 (月)

竜山石を訪ねて(3)旧米田村の近代建築

130428komeda1
高砂市の宝殿で石切場や石工の村を見て回った後、旧道をレンタサイクルで走っていると、旧米田村の中心部に出ました。ここはノーマークでした。

130428komeda2
角に米田村道路元標が立っていますので、ここが旧村の中心で間違いないでしょう。

130428komeda3
そこから脇道に入ると、長い板壁の造り酒屋が現れました。

130428komeda4
メイン道路側から見ると、西谷酒造で銘柄は「惣盛(そうざかり)」と大きく看板が出ています。

130428komeda13
道の両側に建物があって、南側がメインのようです。

130428komeda5
のぞきこむと、煉瓦の四角い煙突もありました。

130428komeda6
石積のスロープが美しい。
これも竜山石でしょう。

<追記>
 残念なニュースなのですが、神戸新聞によると、西谷酒造さんは廃業され、蔵も解体されるそうです。
 神戸新聞「高砂唯一の酒造会社「西谷酒造」200年の伝統に幕」(2013.8.14)


130428komeda12
隣には、石材店の本店らしき家もあります。

130428komeda7
さらに近代建築で、旧米田公会堂(米田修道場)があります。
昭和10年の建築だそうです。

130428komeda8
斜めから。

130428komeda9
夕陽を浴びて、ちょっといい感じになっています。

130428komeda10
前には皇太子殿下御降誕記念(昭和10年)の国旗掲揚台(たぶん)があります。

130428komeda11
またその隣には和洋折衷の下見板張りの住宅もありました。

地域の中心として、モダンさを感じさせる一角です。


|

« 竜山石を訪ねて(2)石工の村 | トップページ | 竜山石を訪ねて(4)鷹がいっぱい »

日常旅行(兵庫)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/57792275

この記事へのトラックバック一覧です: 竜山石を訪ねて(3)旧米田村の近代建築:

« 竜山石を訪ねて(2)石工の村 | トップページ | 竜山石を訪ねて(4)鷹がいっぱい »