« 春の香川・島めぐり(2)坂出の近代建築など | トップページ | 春の香川・島めぐり(4)坂出のアーケード »

2013年5月 8日 (水)

春の香川・島めぐり(3)坂出の商店街の近代建築

130413shotengai1
続いて、坂出の中心商店街にある近代建築を東から西へ紹介します。
最初は商店街の角にランドマークとして立つ角本金栄堂(昭和9年)です。当初は菓子問屋だったとのこと。
坂出人工土地の上から見るとよく見えます。

130413shotengai2
※クリックすると拡大します。

スクラッチタイルにステンドグラス、アールを面取りした角には模様も入って華やか。

(追記)
 2014年6月2日の火事で燃えてしまったそうです・・・
  (2015.3.6記)

130413shotengai3
アーケード商店街をしばらく歩くと百十四銀行坂出支店・坂出本町出張所(昭和5年)があります。茶系統の落ち着いたタイルの濃淡がきれいです。

130413shotengai4
背面から見ると、四角い箱が積み重ねられていて、増築に増築を重ねてきたのかなと思わされます。

130413shotengai5
続いて、高須商会(昭和8年頃)。
営業品目が砂糖や小麦粉と書いてあるので、問屋さんでしょうか。
香川といえば、和三盆、うどんなので、ともに縁が深いですね。
軒の上に台形の明かり窓があるのが面白いです。

130413shotengai6
洋風のうだつが装飾的です。

130413shotengai7
軒下の照明も年代もの。
点灯してみてほしい。

130413shotengai8
楽器のコトブキヤさんは、書体がレトロです。

130413shotengai9
最後に水尾メリヤス(昭和初期)。
商店街側からは分かりにくいのですが、側面を見ると・・・

130413shotengai10
付け柱や軒蛇腹、胴蛇腹と洋風の意匠がふんだんに。
でもどことなく看板建築風です。

130413shotengai11
間口の広いお店で、反対側から見るとこんなふう。

130413shotengai12
2階の木製桟が矢羽根模様なのが良いです。

130413shotengai13
出入口の金文字が懐かしい書体です。

前回は大正時代の建築が多かったですが、商店街には昭和初期の建物が集まっていますね。
かつては繁華街だったはずですが、(既に夕方とはいえ)閉まっているお店が多いのが気になりました。


|

« 春の香川・島めぐり(2)坂出の近代建築など | トップページ | 春の香川・島めぐり(4)坂出のアーケード »

国内旅行」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

コメント

びんみんさん、おはようございます。一生訪れることはないだろう香川を案内して下さりありがとうございます。何やら懐かしさがぎゅっと詰まっている感じがしました。特にメリヤスって言葉を調べたら、元はスペイン語かポルトガル語らしいとのこと。またお勉強してしまいました。

アーケードでは昔の吉祥寺の商店街(かなり大きい)のを思い出しました。今は様変わりしているでしょうね。最後の「出入り口」に映っている人影がびんみんさん以外だったら怖いですね。次も楽しみにしています!

投稿: まあちゃん | 2013年5月10日 (金) 09:03

まあちゃんさま、おはようございます。
香川県も良いところですよ。
そういえば、メリヤスって変わった言葉だなと思いながら、調べたことはありませんでした。ありがとうございます。

最後の人影って何ですか?(なんて)

投稿: びんみん | 2013年5月12日 (日) 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/57334761

この記事へのトラックバック一覧です: 春の香川・島めぐり(3)坂出の商店街の近代建築:

« 春の香川・島めぐり(2)坂出の近代建築など | トップページ | 春の香川・島めぐり(4)坂出のアーケード »