« 雲雀丘の高碕記念館とS邸(宝塚市) | トップページ | 銀座の奥野ビル(旧銀座アパートメント) »

2013年4月28日 (日)

雲雀丘の洋館群(宝塚市)

130421hibarigaoka1
宝塚市にある雲雀丘は、阪急宝塚線・雲雀丘花屋敷駅の北側にあり、大正5年から阿部元太郎という人が個人で開発した住宅地だそうです。阿部元太郎は、それ以前に神戸・住吉村の観音林・反高林で土地の分譲をした人とのこと。
雲雀丘では斜面地形を活かした開発が行われました。
今回の記事は下記の論文を参照しました。

<参照>
 中嶋節子さん「近代における宝塚市雲雀丘住宅地の開発経緯 とその性格 一阿部元太郎による開発を中心に-」(1998年、大阪市立大学生活科学部紀要)PDF

住宅以外にも開発時の名残があって、その一つが駅前から伸びるシュロ並木です。シュロ並木って珍しい光景ですね。

前回までの記事で旧安田邸高碕記念館、S邸を紹介しましたが、それ以外に今も残る雲雀丘の洋館群を紹介します。

130421hibarigaoka2
まず駅の北東にあって一際目を引くT邸。
他の住宅が大きな敷地の庭木の奥に建っているのに対して、このT邸は道に面して建っているのでよく眺められます。大正初期の建築だそうです。

宝塚市では都市景観形成建築物というものを指定していて、全部で20件あるのですが、この建物も含めて多くが雲雀丘にあります。

130421hibarigaoka3
1階と2階の窓の間に、セセッション風の装飾が使われています。

130421hibarigaoka4
ステンドグラスも外から見えます。

130421hibarigaoka5
こちらは和風の住宅の門。

130421hibarigaoka6
坂を登っていくと、Y邸があります。
左に見える車庫も古いもののようです。

130421hibarigaoka8
住宅部分を拡大してみました。

130421hibarigaoka7
M邸は昭和2年、ドイツ人による設計の住宅。
ここから先、洋館が連続していて、他では見ないようなまとまった景観です。

130421hibarigaoka9
眺望を重視して開発されただけあって、素晴らしい眺めです。
シュロの木もいいアクセントになっています。

130421hibarigaoka10
こちらはK邸。あめりか屋によって、昭和2年に建てられました。とてもきれいに維持されていますね。

130421hibarigaoka11
木の格子状の装飾がユニークな別のK邸。
これも昭和2年の建築です。
よく見えないのが残念です。

130421hibarigaoka12
また別のK邸。大正11年建設です。
よく見えません。

130421hibarigaoka13
これも見えにくいのですがM邸。

130421hibarigaoka15
上から見ると見やすいです。

130421hibarigaoka14
平屋建てのK邸。

130421hibarigaoka16
赤い屋根が印象的なK邸。
赤い屋根が多いのは、阿部氏が赤い屋根を勧めていたのも理由らしいです。

130421hibarigaoka17
これらの住宅の中では一番高いところにあるM邸。
昭和10年頃なのでこれらの中では新しい住宅です。

130421hibarigaoka18
初期の郊外住宅地らしく蔵がありますが、そんなにたくさんあるようには感じられませんでした。

130421hibarigaoka19
前にも紹介したT邸。
大正11年頃、あめりか屋によって建てられました。

130421hibarigaoka20
最後にかなり見えにくいですが、T邸。

庭木の向こうにあってよく見えない住宅も多いのですが、逆にそれぞれからの眺めは素晴らしいことと思います。今後もっとオープンガーデンに参加されるお宅が出てこないかなと淡く期待します。

<関連記事>
 「雲雀丘花屋敷でオープンガーデン開催中」
 「雲雀丘の旧安田邸オープンデー」
 「雲雀丘の高碕記念館とS邸」
 目次「近代の郊外住宅地と別荘地、社宅」

|

« 雲雀丘の高碕記念館とS邸(宝塚市) | トップページ | 銀座の奥野ビル(旧銀座アパートメント) »

建築」カテゴリの記事

日常旅行(兵庫)」カテゴリの記事

コメント

雲雀丘地域は来年開発100年を迎えます。地域まちづくり協議会に雲雀丘100年浪漫委員会を設置し様々な活動を進めています。その中に100年記念誌発行準備を進めています。過去にも「宝塚雲雀丘花屋敷物語」を発刊しましたが、今回は外から見た雲雀丘として外部から見た雲雀丘をと考えています。ご協力いただければ有賀邸のですが・・・・よろしく
    熊澤良彦

投稿: 熊澤 良彦 | 2015年9月24日 (木) 10:23

熊澤様、お声がけいただきましてありがとうございます。
雲雀丘は開発100周年になるのですね。100年を迎える住宅地がこういう形で祝われ、評価されることは素晴らしいことと思います。何ができるのか分かりませんが、ご協力できることがありましたら、ご協力いたします。

投稿: びんみん | 2015年9月25日 (金) 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/57261158

この記事へのトラックバック一覧です: 雲雀丘の洋館群(宝塚市):

« 雲雀丘の高碕記念館とS邸(宝塚市) | トップページ | 銀座の奥野ビル(旧銀座アパートメント) »