« 銀座の奥野ビル(旧銀座アパートメント) | トップページ | 東大の秤の番人(東京都文京区) »

2013年4月29日 (月)

台東3丁目の看板建築など(東京都台東区)

130319taito1
探訪するときは、ある程度目的を持って訪れる場合と、たまたま通る場合がありますが、今回は東京出張の際、たまたま通りがかっての探訪です。
通りを歩いていると道の奥にこの建物があるのが目に入りました。
当然、近寄って見ます。

130319taito2
※クリックすると拡大します

遠目にも凝った建物と分かりますが、グリーンのスクラッチタイルや銅板での縁取りなど、近くで見ても美しく仕上げられています。
ショーウインドーがありますが、何のお店だったのでしょうか。

130319taito16
2階の戸袋は銅製で模様入り。

このあたりは台東区の台東3丁目で、戦災を免れた地域だとのこと。
関東大震災後の看板建築がたくさん残っています。
どこまでが戦前のものかは分かりませんが、あれこれと紹介してみます。

130319taito3
まず、同じ通りにガスライターサービスセンター・平坂商事と書かれた建物があります。飾りの柱があって、オーナメントが付いてと石造っぽい豪華なつくり。

130319taito4
こちらは銅板張りの3階建て看板建築。
3階建ての建物が多いです。

130319taito17
細い裏通りがたくさんあって、防火用水らしきものも置いてありました。今はプランターですが。

130319taito5
ラジエーター風の銅板張り。

130319taito18
これは1960年代ぐらいでしょうか。
面白いタイルの建物です。

130319taito19
出窓のある住宅。
壁をきれいにしていますが、ベースは古いかも。

130319taito6
どっしりした和風の建築もあります。

130319taito7
亀甲模様の銅板戸袋。

130319taito8
反対側は木の壁のままでした。
波板で覆われていますが、元は木の壁だったのでしょう。
町工場のようです。

130319taito9
この建物、手前は増築と思いますが、奥に丸窓が見えます。

130319taito20
腰までスクラッチタイルが張られていて、玄関扉は木のままです。

130319taito10
角に立つ近代建築っぽい建物。

130319taito11
波模様が印象的な看板建築。
隅のポイントに花のような模様が入っています。
3軒並びで、この建物は丸長紙店と書かれています。
紙の関係はよく見かけたように思います。

130319taito12
渋い銅板張りの看板建築。

130319taito13
ダイヤモンドマークが入るのは昭和の中期でしょうか。
森永乳業の販売店だったらしく、錆びたエンゼルマークやマミーのバルーンが残っています。

130319taito14
Wの銅板看板建築。

130319taito15
東京では珍しいと思うコンクリート製塵芥箱も見かけました(東京オリンピック前にほとんど撤去されたと聞いています)。

それにしても東京でも残っているところには残っているものですね。

なお、今回の写真はiPod touchで撮ったので、画質の悪いのも多いです。見にくくてすみません。

|

« 銀座の奥野ビル(旧銀座アパートメント) | トップページ | 東大の秤の番人(東京都文京区) »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/57274952

この記事へのトラックバック一覧です: 台東3丁目の看板建築など(東京都台東区):

« 銀座の奥野ビル(旧銀座アパートメント) | トップページ | 東大の秤の番人(東京都文京区) »