« 八木のディテール(奈良県橿原市) | トップページ | 元遊廓の旧川本邸2012(大和郡山市) »

2013年1月29日 (火)

畝傍駅の貴賓室(奈良県橿原市)

121111unebi1
八木の町からその日はJR畝傍駅で電車に乗りました。
この駅は明治26年に開業しているのですが、この駅は天皇家の畝傍御陵(神武天皇陵)参拝のために作られたのだそうです。さらにこの駅舎は橿原神宮紀元2600年(昭和15年)祭式典に合わせて作られたそうで、まさに天皇家のための駅。

ホームが少し高くなっていて、階段で上るようになっています。
厳かないい雰囲気。
手前は一般用の階段ですが、右奥は・・・

121111unebi3
貴賓室につながる階段です。

121111unebi5
貴賓室にはまず広い廊下があり、そこからまた扉があって、主室になっています。
主室は立入禁止なので、控えの間から撮っています。
さすがに赤絨毯に折上格天井の立派な部屋。木部は台湾ひのきが使われているそうです。

昭和34年以来、貴賓室は皇族の利用がなく、開かずの扉となっていたそうです。
一年前のHANARARTで特別公開され、私もそこで開かれた「ハーブ&ドロシー」の上映会を見に行ったのですが、主室はよく見られませんでした。今回もHANARARTの展示会場としての公開で、今回はちゃんと見ることができました。2011年の公開以降は何かとイベントに公開されているようではありますが。

121111unebi6
玉座。重々しいカーテンがかかっています。

121111unebi2
駅には現在使われていませんが、団体用の出入口もあります。
屋根の構造がいい感じです。
かなり特殊な駅ですね。

121111unebi4
ホームの柵もちょっとおもしろい。
駅全体が記念物になっています。

行く先々で目にする紀元2600年の記念物が気になっていたところ、ちょうど『紀元二千六百年 消費と観光のナショナリズム』という本があったので読みかけています。


|

« 八木のディテール(奈良県橿原市) | トップページ | 元遊廓の旧川本邸2012(大和郡山市) »

日常旅行(奈良)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/56648863

この記事へのトラックバック一覧です: 畝傍駅の貴賓室(奈良県橿原市):

« 八木のディテール(奈良県橿原市) | トップページ | 元遊廓の旧川本邸2012(大和郡山市) »