« 新潟さと歩き(3)十日町の木造工場 | トップページ | 荻窪の旅館西郊(東京都杉並区) »

2012年10月29日 (月)

奈良・町家の芸術祭「はならぁと2012」開催中

121027hanarart1
昨年に続き開催されている、「奈良・町家の芸術祭HANARART(はならぁと)2012」に行ってきました。
奈良県内6ヶ所の町家などを会場に現代アート、地域のアートを展示するイベントです。
会期は前期・後期に分かれていて、それぞれ開催エリアが違います。

<前期> 10/27(土)〜11/4(日)
 ○五條新町(五條市)
 ○御所市名柄(御所市)

<後期> 11/1(木)〜11/11(日)
 ○郡山城下町(大和郡山市)
 ○八木札の辻(橿原市)
 ○田原本寺内町(田原本町)
 ○三輪(桜井市)

つまり11/1〜4は、全地域で開催されています。

今回の特長として、出展作品が、
・公募した11組のキュレーターが現代アートを選んで展示する「こあ」
・地域の人や地域外の作家など様々なアーティストが自主的に開催する「もあ」
に分かれているそうです。
現代アートの芸術性を追う部分と、地域の人がどっぷり関わる部分を併せ持つ面白い試みだと思います。

私は街好き、建物好きの観点から紹介します。
また、作品に初めて出会う新鮮さのために、開催中はネタバレはできるだけ避けたいと思います。

まず、御所市の名柄から。
葛城山麓にある昔の宿場町で、木綿産業や菜種油などで栄えた集落だそうです。

御所の駅からは離れていて、土日は臨時バスが運行されています。
バスは近鉄御所駅前から出るということと、本数が1時間に1本ぐらいと少ないのでご注意ください。
私はJRの御所駅から近鉄駅前まで走りました。
(奈良交通バスで行く方法もあります)

121027hanarart2
建物でお勧めは、旧名柄郵便局。
明治時代の郵便局です。
驚くのは中に入るとカウンターの向こうが廃墟になっていること。ちょっと衝撃の体験です。中庭にも入れます。

他に中村家住宅という旧代官屋敷、元旅館だったという建物、築80年の民家などにも入れます。

121027hanarart3
面白いのが鬼瓦のコレクション。
この地域の柏原というところで大々的に鬼瓦が焼かれていたそうで、地元の方が解体される民家からゆずり受けた鬼瓦を展示しています。

121027hanarart4
見比べることで、宝の袋や宝珠など吉祥物の表現方法の豊かさを感じることができます。

時間に余裕があれば、御所駅の東にある「御所まち」の町並みも面白そうです。

121027hanarart5
次に五條。御所と五條の移動はJRが1本で便利です。
江戸時代中期の中家住宅などが会場になっています。

121027hanarart6
五條新町は、五條駅から徒歩10分程度。
商店街をたどっていけば着きます。
こちらも宿場町です。

名柄と違って既に町並み整備が進み、観光化されていますので、「まちや館」など常設の町家施設がいくつもあります。
今回もそんな建物が会場になっていました。

こちら、中家住宅では、戸を閉め切ったところに浮かび上がる古代風の展示というのが良かったです。

1ヶ月限定リースで町家を借りて、鉄道模型の店をされている方もおられたりして面白いです。
こういうイベントをすることで、町家が開かれていくというのはいいことですね。

はならぁと情報としては以上ですが、
ついでに五條の情報も。

121027hanarart9
通りにある老舗の餅屋さん。
午前中でもう饅頭が売り切れ。

121027hanarart7
昨年の記事でも紹介したのですが、私の五條でのお勧めスポットはさくら井戸です。

121027hanarart8
崖から清水の湧き出る大きな井戸で、金魚がいたり、お地蔵さんがおられたり、何かいわくありげな場所です。

<関連サイト>
 はならぁと2012公式サイト

<昨年の関連記事>
 奈良の町家で「はならぁと」開催中
 「はならぁと」のならまちを歩く
 「はならぁと」の大和郡山を歩く


より大きな地図で HANARART2012 を表示

|

« 新潟さと歩き(3)十日町の木造工場 | トップページ | 荻窪の旅館西郊(東京都杉並区) »

お知らせ」カテゴリの記事

日常旅行(奈良)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/55994224

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良・町家の芸術祭「はならぁと2012」開催中:

« 新潟さと歩き(3)十日町の木造工場 | トップページ | 荻窪の旅館西郊(東京都杉並区) »