« 北の玄関・伏木港(6)看板建築など | トップページ | ブログ7周年御礼 »

2012年9月 7日 (金)

北の玄関・伏木港(7)工場建築

120504toa0
伏木の町を探訪中、カメラの電池を切らしてしまいました。
「町の南にコンビニがあるよ」と喫茶店の方に教えてもらい、ようやくレンタサイクルを借りて買いに走った次第です。しかし、そのおかげで収穫もありました。

町の南の鉄道沿いに、東亞合成(株)高岡工場(工場紹介PDF)があります。
看板が出ていて、どうも瞬間接着剤「アロンアルファ」を作っている工場らしい。

高岡工場は、大正7年に設立された北海曹達(株)の電解工場をルーツとしています。
北海曹達は、和歌山の南海晒粉(現南海化学)が立ち上げた会社の一つで、豊富な電力と港を求めての進出だったのかもしれません。欧米で盛んだった電気分解法による苛性ソーダ、副産物の晒粉製造が国内に普及する前に先手を打っての進出だったそうです。戦前までは軍需化学工場でした。
南海化学100年史
 ※いろんな意味で面白い!

120504toa1
そんなことは後から知ったことで、その時に気になったのは工場建築です。
まず正門脇にある事務所。
モダンな佇まいです。木造でしょう。

120504toa2
玄関部分。

120504toa3
正門入って右にも切妻屋根の研修室があります。

120504toa4
そこに掲げられていた工場配置図。
鉄道をはさんでかなり広いです。
この記事では表から見えるところだけ紹介します。

120504toa5
向かいの駐車場に残っている建物。
どういう用途か分からないのですが。

120504toa12
外にあるので近くから見ることができます。
出窓の屋根が古いので、もともと出窓だったようです。

120504toa13
玄関部分。玄関扉の枠の部分は恐らく木製で古そうです。

120504toa11
床下換気口はコンクリートタイプの面格子。
これって豊岡の達徳会館と同じ

120504toa10
再び敷地の方で、正門より南側にある建物。
下見板張りです。

120504toa6
正門から北には何棟か古そうな建物が続いています。
まず事務所の裏に低い赤屋根の建物。

120504toa7
その隣に下見板張りの工場。

120504toa9
また隣に小さな倉庫のような建物をはさんで。

120504toa8
少し大きな工場。

中に入ると他にもあるのかなあ。
列車からも見えるはずです。


より大きな地図で 富山 を表示

<関連記事>
 ○2012富山旅行の記事の目次
 北の玄関・伏木港
 (1)伏木駅
 (2)北前船資料館
 (3)伏木気象資料館
 (4)港の風景
 (5)メインストリート
 (6)看板建築など
 (7)工場建築
 (8)気になるもの
 (9)六渡寺へ(完)


|

« 北の玄関・伏木港(6)看板建築など | トップページ | ブログ7周年御礼 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/55597450

この記事へのトラックバック一覧です: 北の玄関・伏木港(7)工場建築:

« 北の玄関・伏木港(6)看板建築など | トップページ | ブログ7周年御礼 »