« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月27日 (月)

北の玄関・伏木港(4)港の風景

120504port1
前に書きましたが、伏木を訪ねたのは大陸への窓口だった伏木港の名残を求めるためです。
海側を埋め立てて新たな岸壁ができたこともあると思いますが、今はちょっとさびしく思える岸壁です。

120504port2
※クリックすると拡大します。

北前船資料館に、昭和11年の伏木港の様子が分かる地図が展示されていました。
上が小矢部川左岸にある伏木の町で、下が右岸の六渡寺という町です(訪ねたので連載の最後に紹介します)。両岸合わせて伏木港ということで、むしろ対岸の方がたくさんの船が着いたようですね。旅客は伏木側かと思いますが。

これに合わせて「伏木港の特長」という説明文も展示されていました。
水深の深い良港であること、軍事的な優位性がPRされています。
当時の雰囲気を知る上で興味深いので全文掲げますが、興味のない方は読み飛ばして下さい。


伏木港の特長

一、港内水深く○も静穏にして四時安んじて荷役
  を為し得るの特色あり。即ち河口水深平均3
  0尺(9m)、優に1万トン級船舶の出入及
  び接岸荷役可能なるのみならず、一時に1千
  トンないし6千トン級の船舶19隻の接岸荷
  役を為し得る。
  本港において昭和6年外国船「アジア」号1
  万トン級の接岸荷役を為し得たる実例あり。

二、本港は能登半島の障囲あり。かつ小矢部川の
  河口港にして外港、俗称「藍がめ」の深海に
  連なり、巨船の出入り極めて便なり。

三、本港には日本鋼管、佐賀造船所、吉村造船所、
  日産化学工業、北海電化、北海曹達、レーヨ
  ン曹達、王子製紙、伏木板紙、樺太木材紙料、
  日本曹達、日本高周波重工業、鉄工所、鋳造
  所等多数の大工場有り。軍事的にこれを見る
  も頗る重要なる地位にあり。

四、本港の最近接地には水面165万平方米の放
  生津潟(水上飛行発着可能)と面積26万5
  千平方米の陸上飛行場(倉垣飛行場)あり。
  この点よりするも本港は軍事上重要なり。

五、本港の両岸には臨港鉄道、省線、伏木、新湊、
  中伏木、吉久の4駅あり。船車連絡に頗る便
  なるのみならず、その南部には高岡市、右岸
  に新湊町を控え、大部隊の宿営輸送に至大の
  便益を有す。

六、本県は本邦有数の水電圏(?)にして臨港工
  場に豊富かつ低廉なる電気を供給し得る外、
  本港の補助港として近接地に港内50万平方
  米を有する東岩瀬の良港を有す。

七、本港の付近には暗礁なく、夜間の航行自由な
  ると干満の差、極めて少なく、平均僅かに4
  3センチなり。

八、本港出入貨物トン数は遙かに敦賀を凌駕し、
  新潟と伯仲し、なかんずく対満(州)、対
  (朝)鮮貿易において最優位を獲得しつつあ
  り。

九、大正9年高田師団を「シベリヤ」派遣の際、
  新潟より乗船の計画なりしも港口水深不足の
  ため、○に予定を変更し、7千トン級の東郷
  丸ほか数隻を本港に回航し、輸送を完了した
  る事実あり。


 ※旧字体は可能な限り新字体に変更しました。
  またカタカナもひらがなにしています。

120504port15
伏木駅から港に向かって貨物線が伸びています。
背中側が海です。

120504port4
1本の線路がまだ残されていました。

120504port14
突き当たりに日中友好之碑が建っています。
日中平和友好条約の締結を記念し、戦時中の港湾荷役作業で亡くなった17人の中国人の慰霊として1979年に建てられたものです。

120504port3
港にある県営左岸2号上屋。
建物は戦後かもしれませんが、戦前からこの場所に上屋がありました。

120504port13
岸壁は広々としています。

120504port5
曇り空の下だとさびしい感じがします。

120504port6
岸壁の先の方。右は県営左岸4号上屋です。

120504port12
港にある派出所。
港を見渡すためか、3階建てになっています。

120504port7
貨物線に面して、昔ながらの土蔵造りの建物が残っています。

120504port11
こちらは2階の窓が面白いでしょう?

120504port8
看板には伏木米穀株式会社と書かれています。

120504port9
これになると全く蔵のようですね。

120504port10
窓から覗いてみると昔のカウンターらしきものがまだ残っているようです。

120504port16
少し陸側に入ったところに、古そうな建物がありました。
木製の桟やコンクリート表面に施されて模様など凝っています。

120504port17
玄関にかかっていた看板には、読みにくいですが、「日本興油興業株式会社(現在の日清オイリオ)脱脂大豆 植物油粕」などと書かれていますので、肥料を商っていたのでしょう。

120504port18
もっと駅よりの棚田家の並びにも古い建物があります。
地図で見ると金物屋さんだったようです。

120504port19
植物風の面白い換気口面格子がはまっていました。

120504port20
窓の格子や持ち送りなどもモダンです。
全体に洋風の要素が入るのは外国との取引があったためでしょうか。

次回紹介する旧伏木銀行など、一部は観光の対象としてマップに載っていますが、このようにひっそりと残る建物も多く、港の賑わいを伝えています。


より大きな地図で 富山 を表示

<関連記事>
 ○2012富山旅行の記事の目次
 北の玄関・伏木港
 (1)伏木駅
 (2)北前船資料館
 (3)伏木気象資料館
 (4)港の風景
 (5)メインストリート
 (6)看板建築など
 (7)工場建築
 (8)気になるもの
 (9)六渡寺へ(完)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

北の玄関・伏木港(3)伏木気象資料館

120504sokkosho2
伏木の近代を語る上で欠かせない場所が、高岡市伏木気象資料館(旧伏木測候所)です。
駅から真っ直ぐ歩いて行くと、崖の上にコンクリートの塔屋が見えます。昔は階段も使われていたようですが、今は坂の上から回ります。

120504sokkosho3
門は凝灰岩でできているようです。

120504sokkosho4
庭には「越中国守館址」の碑が建っていて、万葉時代の史跡でもあります。ここから船の出入りを見ていたのでしょうね。750年に大伴家持もここに赴任してきました。

120504sokkosho
これが伏木気象資料館(旧伏木測候所)の全景です。
本体は明治42年に建てられたので明治風ですが、塔(測風塔)は昭和13年です。

旧伏木測候所を最初に設立したのは国や県ではなく、民間人の藤井能三という人です。
能三は江戸時代の弘化3年(1846年)、伏木の廻船問屋能登屋三右衛門の長男として生まれました。明治2年、加賀藩の仕事で神戸に出た際、蒸気船で賑わう神戸港を見て衝撃を受け、近代化しないと伏木は取り残されてしまうと危機感を持ちます。

伏木に戻った能三がまず手がけたのは伏木小学校の設立でした。明治6年のことで、富山県初です。
続いて藤井女児小学校も開きました。

次に手がけたのが伏木港の近代化です。
三菱汽船の岩崎弥太郎に掛け合い、伏木に寄港してもらえるよう頼むのですが、積み荷を集めること、積み荷が半分に満たない場合の補償、燈台の整備の3条件を提示されました。燈台は間に合いませんでしたが(明治10年完成)、明治8年、三菱汽船の船が伏木と北海道、東京、大阪などを結びました。

それにとどまらず能三は明治14年、地元の船問屋とともに北陸通船会社を設立します。
この会社は三菱汽船との激しい競争の末、明治18年に倒産しましたが、能三はその後も伏木港の近代化に力を尽くし、のちに外国航路が開かれるきっかけになります。

伏木測候所については、明治16年、伏木燈台の一室に「私立伏木測候所」を置いたのが始まりです。
のち県営に移管し、明治25年には大字臥浦町字亨田に移転、海に近すぎたため、明治42年に現在地に移転しました。

非常に大きな功績があった人なのですね。

(参考)
 (社)日本埋立浚渫協会「海拓者たち 日本海洋偉人列伝 藤井能三」

120504sokkosho5
さて、玄関です。
軒下のひらひら(飾り)や透かし彫りなど、車寄せ部分には装飾がたくさん入っています。
階段や柱の基礎には緑色の凝灰岩らしきものが使われています。福井の笏谷石でしょうか。もっと地元の石かもしれませんが。

120504sokkosho6
床下換気口の面格子を見ると、唐草模様が使われています。

120504sokkosho7
入館料210円を払って中に入ります。
館内も凝っていて、玄関ホールと廊下の間にはアーチが掛けられています。

120504sokkosho9
現在、各室は気象観測機器の展示などに使われています。

120504sokkosho15
表には今も使われている観測機器があります。

120504sokkosho8
天井には空気穴が。
きれいですが、こんな色使いだったのでしょうか。

120504sokkosho10
2階は公開されていませんが、階段を上ることはできます。
階段の親柱。

120504sokkosho11
階段の踊り場。

120504sokkosho12
階段の手すり。花のような模様が透かし彫りされています。

120504sokkosho13
ドアノブはいつのものか分かりません。

120504sokkosho14
こういう真鍮のドアノブ、懐かしいですね。

旧伏木測候所には当初、望楼があったのですが、昭和13年に測風塔が建設された際に取り壊されました。
その望楼の復元工事が2013〜2014年度に行われるそうです。楽しみですね。
北日本新聞「伏木気象館「望楼」復元へ」(2011.5.12)

また見に来る機会があればと思います。


より大きな地図で 富山 を表示

<関連ブログ>
 まちかど逍遙「伏木の近代建築」

<関連記事>
 ○2012富山旅行の記事の目次
 北の玄関・伏木港
 (1)伏木駅
 (2)北前船資料館
 (3)伏木気象資料館
 (4)港の風景
 (5)メインストリート
 (6)看板建築など
 (7)工場建築
 (8)気になるもの
 (9)六渡寺へ(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

北の玄関・伏木港(2)北前船資料館

120504akimoto1
富山の伏木は古代からの港町ですが、大阪と北海道を結んで交易を行った北前船の時代にもたいへん賑わいました。その名残が現在、北前船資料館として公開されている旧秋元家住宅です。

秋元家は江戸時代の文化年間(1804〜1818)以前からこの地で海運業を営んでいました。当初は船頭や水主(かこ)などの宿泊施設(小宿)だったのが、時代が下るにつれて、長生丸、幸徳丸といった船をもつ廻船問屋となったそうです。(パンフレットより)

120504akimoto4
敷地はこのようになっています。
主屋は明治20年の大火で焼失して、元通りに立て直されたといわれるもの。土蔵は江戸時代後期のものとされていて、望楼が乗っています。

120504akimoto19
伏木の町は段丘の上下に広がっていて、この旧秋元家住宅は段丘から張り出すように建てられています。

120504akimoto2
入場料210円を払って、中に入ります。

120504akimoto3
岩瀬で見た森家と比べてモダンさを感じさせる室内です。
水色の壁がユニーク。南方風のふすまもあります。

120504akimoto8
手すり付きの廊下。
夏には開け放していたのでしょう。

120504akimoto7
繊細な模様の桟が入った障子。
かなり細いです。

120504akimoto9
これも南方風?
網代の扉です。

120504akimoto5
七宝飾りの引手に、南方の繊維を使ったふすま。

120504akimoto10
千鳥の引き戸引手。

120504akimoto11
これも繊細なふすまの引手。

120504akimoto12
石も各地から集められたものだったりするのでしょう。
(確認していませんが)

120504akimoto13
明治を思わせる色ガラス。背後の土蔵へと続く廊下です。

120504akimoto14
庭から見た主屋。

120504akimoto18
土蔵を見上げたところ。
右が調度蔵、左が衣装蔵、左に少し離れて米蔵があります。
現在は、北前船関連や引札などの資料が展示されています。

展示を見た後、望楼に登ります。

120504akimoto15
梯子のように急で狭い階段を登ります。

120504akimoto16
階段室の半円の天井。

120504akimoto20
望楼は、茶室のような2畳ほどの狭い空間です。

120504akimoto17
開け放した窓からは、家並みの屋根越しに海が見えます。
風の通る心地よい空間で、資料館にいらっしゃったら、というより伏木にいらっしゃったら、必ず上がってみてください。

廻船問屋の当主の気分が味わえます。

120504akimoto21
伏木にはもう一つ、登録文化財の棚田家が公開されています。
こちらは要事前予約です。ぜひ合わせてお訪ねください。
私は行ってから気付いたので入れませんでした。

<関連記事>
 ○2012富山旅行の記事の目次
 北の玄関・伏木港
 (1)伏木駅
 (2)北前船資料館
 (3)伏木気象資料館
 (4)港の風景
 (5)メインストリート
 (6)看板建築など
 (7)工場建築
 (8)気になるもの
 (9)六渡寺へ(完)


より大きな地図で 富山 を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

北の玄関・伏木港(1)伏木駅

120504fushikieki1_2
高岡から氷見線に乗って伏木駅に着きました。
ここが今回の旅行で一番の目的地です。

なぜ伏木かというと一枚の地図がきっかけです。
うろ覚えなのですが「日本海の時代」(?)と題された戦前の地図で、敦賀や新潟などとともに、伏木から大陸に伸びる航路が描かれていました。
関西の私があまり聞くこともない地名「伏木」が大陸への玄関として描かれている・・・とても気になりました。

さらに北前船の港町でもあることを知り、必ず行ってみたい場所となりました。

伏木駅は今はローカルな駅で、ゴールデンウィーク中にもかかわらず、降りたのは数人です。

120504fushikieki2
高岡からまっすぐ日本海を目指して走る氷見線は、伏木の駅から急カーブして海岸に寄り添います。
まっすぐ港に進む貨物線も残っています。

120504fushikieki4
駅舎は昭和4年頃なのでしょうか。
もともとは明治33年、中越鉄道の終着駅として開業したそうです。
中越鉄道は、砺波の地主が地元の米や肥料(干鰯)を積み出すためにつくった鉄道で、今の城端線、氷見線、JR貨物・新湊線にあたる富山初の民間鉄道です。

(参考)砺波野.jp「砺波野を知る 中越鉄道」

120504fushikieki3
味のある伏木駅の駅名標。

120504fushikieki5
懐かしさを感じさせる改札があります。

120504fushikieki6
これとは別に、臨時改札もあります。
どんな時に使われたのでしょう。

120504fushikieki7_4
駅の待合室は駅の大きさの割に広く、壁にボーダータイル(棒状のタイル)が貼られているので古いものと分かります。

120504fushikieki8
レトロな色調のタイルでしょう?

120504fushikieki9
(しばらく街を歩いた後)駅にレンタサイクルがあると聞いて、伏木駅に戻りました。観光案内所で貸してくれるのかと思うと、駅の窓口が受付。
自転車は駅の中に停めてあって、自転車を押して改札を出るのがなんだか面白いです。

観光案内所で地図などをもらい、街に出ました。


より大きな地図で 富山 を表示

<関連記事>
 ○2012富山旅行の記事の目次
 北の玄関・伏木港
 (1)伏木駅
 (2)北前船資料館
 (3)伏木気象資料館
 (4)港の風景
 (5)メインストリート
 (6)看板建築など
 (7)工場建築
 (8)気になるもの
 (9)六渡寺へ(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

高槻の京大農場

120610kyodainojo1
阪急高槻駅の東、阪急とJRにはさまれて、京都大学の農場があります(正式名称は京都大学大学院農学研究科附属農場)。
「十三のいま昔を歩こう」の記事を見て、移転計画もあると知り、機会あれば行ってみたいと思っていました。内容が重なりますが、紹介します。

農場は、昭和3年に摂津農場として付設され、昭和36年から本農場となったそうです。
建物は昭和3年から6年にかけて建設されたものが残っています。
農場の広さは15万平米の広大なもの。地下には、建設工事の際に発見された、弥生時代の安満(あま)遺跡が埋まっています。
(『大阪府の近代化遺産』、p217-218参照。以下もです)

表門から見るとメインの通りが本館までまっすぐ伸びています。

120610kyodainojo2
立派な表門は開設当初からのもの。

120610kyodainojo3
構内は農作業者、農耕車が優先です。
おそらくあまりに敷地が広くて地域を分断することから、縦の通路は地域に開放しているのでしょう。結構、車や自転車が通っています。

120610kyodainojo5
通路の途中から西方向。
農場の田圃、そして温室です。

120610kyodainojo6
農場の建物は敷地の北寄りに固まっています。
中央が本館で、右が別館。
道はその間を縫って抜けています。

120610kyodainojo7
本館は昭和5年の建築です。
どこかの山荘に来たみたい。

設計者は京都帝国大学の営繕課で、不明確ながら当時営繕課長だった大倉三郎ではないかとのこと。
大倉三郎は生駒時計店にも関わっているそうですが、ほぼ同時期ですね。

120610kyodainojo8
玄関持ち送りには南洋風の彫刻。
当時は日本の南方進出もあり、南洋植物の栽培研究も重要なテーマだったのかもしれません。

120610kyodainojo9
腰までは石が貼られていて、スクラッチタイルの帯が回してあります。

120610kyodainojo10
ガラス越しに中も覗いてみました。
木製の階段が残っています。

120610kyodainojo11
本館の向かいに建つ農場研究室。

120610kyodainojo12
本館の西には、平屋の蔬菜選別室が建っています。

120610kyodainojo13
ここから先は進めないのですが、炊事室、加工室、倉庫、農機具舎、肥料庫、水田バラック、蔬菜部堆肥舎などがあるそうです。

120610kyodainojo14
そして、本館の東側には昭和6年建設の別館。
ここは間近に見ることができます。

120610kyodainojo15
その先は道がカーブしています。
左手に果樹園が広がっていました。

120610kyodainojo16
簡単な裏門があって、外の水田へと続いています。

120610kyodainojo17
敷地の外側に沿って歩いてみました。
使われてなさそうですが、他にも門があります。

120610kyodainojo18
敷地の東北隅から。
外の農地とははっきり分かれていて、境界にはキョウチクトウが植えられていました。

120610kyodainojo19
逆に南西側から見たところ。
こちら側は柵が低くてオープンです。遠くに見えるのが本館です。

120610kyodainojo20
敷地の南西隅には職員宿舎がありました。

京大農場の移転に関する最新の状況としては、
2012年7月30日に、学研都市の城山台に2016年春に移転するという基本協定の発表があったようですね。
>京都大学「大学院農学研究科附属農場の移転について」
 高槻市「安満遺跡芝生公園等の整備について」

 構想を見ると、農場跡地は遺跡公園と防災公園になるようです。
 気になる建物の部分は遺跡公園のエリアで、展示館などに活用されることを期待したいと思います。

 以前、京都新聞の2012年2月28日付け記事に、京大が「現農場では、遺跡のために老朽化した建物の建て替えができない」という気になるコメントをしています。
 ほんとは建て替えたいところ、地下に遺跡があるために建て替えられずに残っていたのですね。
 さらに史跡公園として建物が残るとしたら、不思議な運命を感じます。

 今後8月〜10月にかけて市民アンケート調査、冬には市民ワークショップがあるそうなので、市民の皆さん、この建物も活用していただけるよう、ぜひよろしくお願いします^^

<関連ブログ>
 十三のいま昔を歩こう「京都大学大学院農学研究科附属農場」



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

「KATAGAMI Style」展(京都国立近代美術館)

120729katagami1

京都国立近代博物館で開催されている「KATAGAMI Style -世界が恋した日本のデザイン もうひとつのジャポニスム-」展を見てきました。
「KATAGAMI」というのは「型紙」ですが、この場合は着物などの生地を型染めするために使われる型です。伊勢型紙が主なもので、鈴鹿の白子の特産です。美濃和紙を何枚も重ねて柿渋で固めたものを、彫刻刀のようなもので彫って作ります。非常に繊細で美しいものですが、消耗品です。

それが明治期に廃業した染め屋などから欧米に流出して収集され、デザインの参考として、アーツ&クラフツ、アールヌーヴォー、ユーゲントシュティールなどのデザインに大きな影響を及ぼしていたらしいことが分かってきたとのこと。
だから「KATAGAMI」という表記なのですね。

もとは着物のデザインだったものが、壁紙、家具、食器、建築などに応用されているの例が示され、とても目を見張らされる内容です。それは単純な模倣ではなく、そのデザイン構成を解釈して、新たなものに生まれ変わっています。そのデザインが再び、日本に還流するのですね。

今まで、白子の資料館などで型紙を見たことはあったのですが、それはほんの一部で、もっと多様な世界が広がっていたことを知りました。
まだ研究は始まったばかりだそうで、これからの展開が楽しみです。

京都展は8/19まで開催しています。
私ももう一度見たいなと思っています。

○開催概要
 公式HP「KATAGAMI Style 世界が恋した日本のデザイン もうひとつのジャポニスム」
 京都展:京都国立近代美術館
 会期:2012年7月7日(土)〜8月19日(日)

 以後、三重県立美術館に巡回(8月28日〜10月14日)

<関連記事>
 「型紙の町・白子」2005.12.10
 「芸術的な消耗品」2006.2.28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

岸里トライアングルのアパート(大阪市西成区)

120708yoshimi1
以前、ぽっかりと取り残されたような岸里の一角を、「岸里トライアングル」として紹介しました。
先日、その後の様子を見に行って、レトロなアパートの見落としに気付きましたので追加紹介します。
ヨシミ荘という名前のアパートです。
前面道路に対して斜めに建っています。


120708yoshimi9
最初の日は夕方で薄暗かったので、改めて昼間に撮りに行きました。
ぱっと見ただけでは分からないのですが、多彩なタイルづかい、玄関にはガラスブロックと波模様の型板ガラス、よく見ると壁に貼られた石など、様々な表現を使っています。

120708yoshimi3
タイルを散らしてあるのが面白いでしょう?

120708yoshimi5
玄関脇の壁に使われているタイル。
曲面に、整列しつつ、様々な幅と長さのタイルが並んでいます。

120708yoshimi6
床のタイルは、もう少し一般的かもしれません。

120708yoshimi4
2階のバルコニーに何の役目があるのか分かりませんが、アーチ型のタイル壁があります。

120708yoshimi7
もう少し拡大してみましょう。
植物のツルと葉を表現しているのか、面白い模様です。

120708yoshimi8
もう一つ、向かいに煉瓦敷きの通路が残っているのにも気付きました。
岸里トライアングルの奥深さをまた知りました。


より大きな地図で レトロなアパート を表示

<関連記事>
 「岸里トライアングル」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

高岡の看板建築など

120504takaoka1
1時間ちょっとの駆け足で回った高岡から、看板建築などを紹介します。
まず三番町にある大村三書堂印房というハンコ屋さん(昭和9年)。銅板で覆われていて、まさに看板建築。
高岡は銅器で有名ですので、銅を扱う職人さんはたくさんいたことと思います。

120504takaoka17
細部を見ると、窓の上の花模様、窓のアーチ枠まで銅でつくられていて、とても手が込んでいます。

120504takaoka2
隣は至ってシンプルな和田屋さんですが、これも近代建築。

120504takaoka3
山町筋の裏の通りに入ります。
福祉施設の「ひかり一番町」は、洋館付きの町家です。
洋館部が側面に付くのは珍しいのでは?
組み木細工のような見た目、浮遊感のある中2階で、中がどうなっているのか気になります。

120504takaoka4
隣にあるのは宮崎商店(昭和10年)です。
本体は切妻の日本家屋で、看板建築であることが分かります。

120504takaoka5
軒飾りは植物ですが、窓上の飾りなどには、金属的なデザインが使われています。

120504takaoka6
隣も宮崎商店なので、同じお店なのでしょう。

120504takaoka7
吹きつけたような、赤さび色のべったりとしたタイルが面白い。

120504takaoka8
これも薄型の看板建築。
「手作りの店」と書かれていて、工芸品を売っているようです。

120504takaoka9
脇道で型押し鉄板を張った建物を見かけました。
型押し鉄板がいつ頃の流行なのか、のちのサイディングにつながるのか、この頃気になっています。

120504takaoka10
再び三番町で、室崎商店(昭和10年)。
これも和風建築の前面だけを洋風にしています。

120504takaoka11
木下歯科医院は、中庭付きの町家を縦に引き延ばして、前面を洋風にしたよう。
ユニーク。大正12年の建築だそうです。

120504takaoka12
窓上の意匠は、ツリガネソウでしょうか。

120504takaoka13
駅に戻る途中、道の向こうに古そうな建物が見えました。
明治38年に建てられた高岡ホテルという料亭のようです。

120504takaoka14
大手町まで来て、交差点にベージュ色の近代建築が向かい合っていました。
片方は明治33年築の福尾商店。
「うるし」の文字の木製看板が掛かっています。

120504takaoka15
向かいには内田寝具店。
同様のデザインで、「綿卸商」の木の文字があります。
綿卸から布団屋さんに移行したのでしょうか。

交差点を挟んで統一的にデザインされたように見えます。

120504takaoka16
最後にこれも看板建築の町家。
目立たないですが、窓の上部に連続の飾りが入っています。

最後は息を切らすぐらいの駆け足でしたが、意外と収穫は多く、高岡は改めて歩きに来たいと思います。
伏木編に続きます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »