« 講座「第四回内国勧業博覧会と京都」、京都会館にて | トップページ | 豊岡の達徳会館 »

2012年4月17日 (火)

淡路のレトロアパート(大阪市東淀川区)

120415awajiapart1
いい感じのレトロアパートを紹介するシリーズ。
今回は再開発の進む淡路です。
先日、淡路駅の西側で素敵なレトロアパートを見かけたのですが、その時は時間がなかったので改めて出直しました。

それがこちらの満寿荘です。
重なってゆく屋根に木製のサッシ。

120415awajiapart14
この窓の感じ。

120415awajiapart3
玄関周りがとても昭和レトロです。
豆タイル張りの丸柱がいい感じでしょう?

120415awajiapart4
その時に隣のアパートも気になりました。
こちら側は側面です。

120415awajiapart5
正面に回るとこちら。「月光苑」といいます。

120415awajiapart11
右の細い路地を抜けるとさっきの満寿荘に抜けます。

120415awajiapart6
ペンキがはげてきていますが、落ち着いた赤、緑の屋根、グレーの扉ときれいな色づかいです。

120415awajiapart7
月光苑の表示。

隣に淡路荘というアパートもあって、外観からは分かりにくいのですが、中はいいかもしれません。

120415awajiapart8
もう一つ、近くにこちらのこだま荘があります。

120415awajiapart9
壁がきれいに塗り直されていますし、サッシがアルミに交換されていますが、本体は古そうです。

120415awajiapart10
玄関ひさしの持ち送りにも古さを感じさせます。

120415awajiapart12
足元にコンクリート製ごみ箱があるのもポイント。

これだけの木造アパートが集まっているのは、さすがに淡路だと思います。
省略しましたが、文化住宅などもあります。


より大きな地図で レトロなアパート を表示

120415awajiapart13
余談ながら、帰りに淡路駅東のダイヤモンド珈琲へ。
焼きりんごがおいしいです。国光の出回る秋から春までのメニューらしいです。

<関連ブログ>
 十三のいま昔を歩こう・淡路を歩くシリーズ
 ・再開発で変わりゆく淡路を記録されています。

<関連記事>
 「大正区のレトロアパート」
 「大阪のレトロアパートいろいろ」
 「磯路の木造アパート」
 「長居のレトロアパート」
 「なんばの千南荘」
 「岸里トライアングル」
 「新・福寿荘を探検」


|

« 講座「第四回内国勧業博覧会と京都」、京都会館にて | トップページ | 豊岡の達徳会館 »

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/54490360

この記事へのトラックバック一覧です: 淡路のレトロアパート(大阪市東淀川区):

« 講座「第四回内国勧業博覧会と京都」、京都会館にて | トップページ | 豊岡の達徳会館 »