« 東山公園・動物園(名古屋市) | トップページ | さよなら豊岡劇場 »

2012年3月21日 (水)

東山植物園の温室(名古屋市)

120311shokubutsuen1
東山動物園を一巡した後は、その奥にある東山植物園に向かいました。
動物園との連絡通路は、ぐるっと回り込むことになります。

東山植物園は昭和7年に東邦瓦斯から寄付を受けたのを基礎に、昭和9年に着工し、昭和12年3月24日に開園しました。

120311shokubutsuen2
一番の目的はこの温室。
温室のうち5棟は開園時からあるもので、なんと温室なのに重要文化財です。
設計は名古屋市建築技師の一圓俊郎氏だそうです。
前面には池がありますが、当初はバラ園だったそうです。

120311shokubutsuen3
ロンドンのキューガーデンの温室をモデルにしたという美しい姿です。

120311shokubutsuen_ehagaki1
※クリックすると拡大します

手持ちの絵葉書を載せておきます。
温室は変わらないですね。この頃は石炭ボイラーの煙突があります。
手前に児童公園があったようです。

120311shokubutsuen_ehagaki2
※クリックすると拡大します

ついでにもう一枚。ほとんど同じですが。

120311shokubutsuen6
では中に入ります。

120311shokubutsuen16_map
※クリックすると拡大します

前面部分が昭和12年の温室で、後ろにも木造の温室があったのですが、戦災で焼失したのだそうです。
こんなところまで空襲されたのですね。
現在あるのは、その後に再建された温室です。

120311shokubutsuen15
入口には開園当初の写真などがたくさん掲示されていて、初期の様子が分かります。

120311shokubutsuen7
まず中央ヤシ室に入ると鬱蒼と植物が茂っています。
植物園の温室って独特のむせるような匂いがしますね。

120311shokubutsuen9
インドゴムノキは昭和12年からの生き残り。

120311shokubutsuen10
インドボダイジュも同じく昭和12年からあるものです。
当初からある植物にはこのようにプレートが掛けてあって分かるようになっています。
他にも、ピンポン、アメリカシャガ、ドクフジ、カンノンチク、カラタネオガタマ、ガジュマル、ゲッキツなど全部で10数種が開園時からある植物だそうです。

120311shokubutsuen8
構造を見てみましょう。
鉄骨造りの総ガラス張りで、鉄骨をつなぐのにリベット組みではなく、名古屋では当時初の電気溶接を使った最新工法が取り入れられたそうです。

120311shokubutsuen14
柱の基礎部分。高架下でも時々こういう形を見ますね。

120311shokubutsuen13
温室の上部。

120311shokubutsuen11_2
両翼をつなぐ低い部分の温室。
美しいです。

120311shokubutsuen12
モザイクタイルによるタイル絵などもありました。

120311shokubutsuen17
さて、再び温室の外へ。
植物園の入口近くに池があり、この橋の形は昭和12年頃の写真にも登場しています。

120311shokubutsuen18
動物園と結ぶ花園橋は昭和25年架設。
現在、改修中です。

120311shokubutsuen19
植物園は広くて、まだ奥に遊歩道がありますし、尾根の上まであるようです。

120311shokubutsuen20
植物園の池。移築された合掌造りの建物などもあります。

今回はあまり時間がなくて、ここまでで精一杯でした。
もしかするとまだ奥に見るべきものがあるかもしれません。

|

« 東山公園・動物園(名古屋市) | トップページ | さよなら豊岡劇場 »

国内旅行」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/54271210

この記事へのトラックバック一覧です: 東山植物園の温室(名古屋市):

» ハーブ園の植え替え始まる 東山植物園 [ローカルニュースの旅]
東山植物園は、150種の香りを楽しめる人気スポット「ハーブガーデン」の植え替え作業を始めた。現地にレストランが新設されるため、立ち退くことになった。移設先は決まっておらず、当面は裏庭で養生する。旬のハーブを随時、展示するなどして一般への公開は続ける。... [続きを読む]

受信: 2012年6月25日 (月) 20:39

« 東山公園・動物園(名古屋市) | トップページ | さよなら豊岡劇場 »