« 今年も大阪でまちかどの近代建築写真展「駅舎」3/3から | トップページ | 万代の牡丹湯(大阪市住吉区) »

2012年3月 4日 (日)

万代の洋風長屋など(大阪市住吉区)

120103mandai3
昨年末に長居を歩いた帰り、万代で洋風の長屋などを見かけました。
その日は日が暮れていたため、年明けに改めて出直しました。

このエリアは大阪市住吉区で帝塚山に隣接しています。万代池の南側です。
大正14年に認可が下りた「住吉第二耕地整理組合」の区域南西部ですので、昭和初期に開発が進んだ地域と思われます。

まずは、あべの筋に面した大きなお屋敷から。

120103mandai4
中華風の混ざったような立派な門です。

120103mandai5
敷地北端に建物が並んでいて、きれいに補修されていますが、本体は古そうです。

120103mandai6
幾何学模様の木製桟が入った町家。

120103mandai7
トンガリ屋根の洋風長屋が3棟連続しています。

120103mandai8
こちらは重量感のある和洋折衷の2軒長屋。

120103mandai20_2
正面から見るとこうなっています。

120103mandai9
円窓に斜めの桟が入っています。

120103mandai19
もう一つの円窓は分割の仕方を変えてあります。

120103mandai1
映画館のような存在感のある銭湯の牡丹湯さん。
建物は戦後すぐに廃材を使って建てられたそうです。

120103mandai2
かっこいいデザインでしょう?
後日、お風呂に入りに行きましたので別の記事にします。

120103mandai10
少し洋風の入った長屋。

120103mandai11
洋館付き住宅の洋館部分。
塀が高いのでよく見えません。

120103mandai12
ちょっと牡丹湯さんのデザインに通じるものがありますね。
これも洋館付き長屋と言っていいでしょうか。2軒長屋×2です。

120103mandai14
洋館付きの4軒長屋。

120103mandai15
塀のデザインが面白い長屋です。
恐らく左がオリジナルで、右は煉瓦を使って改修したのでしょう。

120103mandai17
もちろん洋風のもの以上に和風の長屋もたくさんあります。
このように立派な長屋もあるのですが、残念ながら無人で荒れています。

120103mandai16
長屋の玄関灯。

120103mandai18
※クリックすると拡大します

長屋の2階の木製手すり。
風景画のような透かしが入っていて、とても凝っています。



<住吉第二耕地整理組合の位置>

帝塚山の周辺ということで、このような地域を歩いて行けば、洋風デザインの波及が面として感じられるのかなと思います。

|

« 今年も大阪でまちかどの近代建築写真展「駅舎」3/3から | トップページ | 万代の牡丹湯(大阪市住吉区) »

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
びんみんさんのこの記事&牡丹湯の記事を拝見して帝塚山&万代界隈をブラブラ探訪しました。

このエリアは何度か探訪していますが、いつ行っても落ち着いた佇まいがいいですね。この記事の中では和洋折衷の2軒長屋が一番の好みです。

帰り際に北畠駅の近くで良さ気な喫茶も見つけ、これもブログにアップ予定です。

投稿: ひろ009 | 2012年3月27日 (火) 23:46

ひろさん、こんばんは。
このあたりを探訪されたのですね。
いい街並みだと思います。
この和洋折衷の2軒長屋、いいですよね。
北畠駅近くの喫茶店、また拝見します。
私は帝塚山三丁目近くの喫茶店に入ったところ、アマチュアカメラマンのたまり場になっているようで、それはそれで面白かったです。

投稿: びんみん | 2012年3月28日 (水) 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/54137587

この記事へのトラックバック一覧です: 万代の洋風長屋など(大阪市住吉区):

» 帝塚山三丁目駅近くの洋風長屋 [ひろの東本西走!?]
先日、びんみんさんが書かれていた探訪記事を見て、ぶらりと帝塚山方面に出かけました。 帝塚山には親戚の家があって幼い頃から何度も遊びに訪れていますし、これまでにも数回、住宅を中心に建築探訪もしています。... [続きを読む]

受信: 2012年3月27日 (火) 23:03

« 今年も大阪でまちかどの近代建築写真展「駅舎」3/3から | トップページ | 万代の牡丹湯(大阪市住吉区) »