« 加古川の近代を訪ねて(7)気になるもの | トップページ | 春夏秋のベランダ(堺市) »

2012年2月19日 (日)

上野芝の戸袋(堺市)

120219tobukuro1
最近、「大阪 アホげな小発見。とか」の記事で、「パンクな戸袋」の紹介があり、これからも戸袋採集に励みましょう、というやりとりがあったのですが、こういうのは流れがあるらしく、上野芝でユニークな戸袋を見かけましたので報告します。

全体はこういう配置です。
文化住宅の側面です。

120219tobukuro2
まず右上。
矢羽根模様と言っていいのでしょうか。
こういうクッキーがあったような。

120219tobukuro3
左上はもみの木型といえるでしょうか。

120219tobukuro4
左下は屈折型。

120219tobukuro5
右下は屈折型の反転です。
全体として統一感があるとは言い難いのですが、色合いはなじんでいます。

120219tobukuro6
また別の文化住宅では、十字架または四つ葉型。

120219tobukuro7
隣の文化住宅はダイヤモンドの斜めカット。

ダイヤモンドばかりと思っていた戸袋もいろいろあるものです。
でも、今回のはどれも行儀良くって、パンクではないですね。

|

« 加古川の近代を訪ねて(7)気になるもの | トップページ | 春夏秋のベランダ(堺市) »

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

こんにちはびんみんさま。
いやぁ、やっぱり菱形以外にも色々あるもんですね。
先の4つ、二階のヤツはそれなりに考え抜いたモンを感じる割に、一階のは、わりと地味に仕上げているのが不思議な感じですね。
次の物件のは、これはクローバーとダイヤ…トランプからの図案の様にも見えますね。
この記事で紹介された6つ、共通項として品の良さがあると思うのですが、その感じこそびんみんさんらしいなぁと思いました。
私もまた何ぞ見つけましたら、アップすることにします。
ええ物件を楽しませてもらいまして有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2012年2月20日 (月) 09:41

山本龍造さん、こんばんは。

たしかに、1階と2階で力の入り具合が違う気もしますね(笑)
次の物件は、どこかにハートやスペードもあるのでしょうか。
たまたまこれを見つけたのでこれを紹介しただけで、とくに品の良さを意識したわけではないですよ〜。
パンクなものに面白みを感じます。
私もまた面白いの見つけたら紹介しますね。

投稿: びんみん | 2012年2月21日 (火) 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/54027794

この記事へのトラックバック一覧です: 上野芝の戸袋(堺市):

« 加古川の近代を訪ねて(7)気になるもの | トップページ | 春夏秋のベランダ(堺市) »