« 加古川の近代を訪ねて(6)うねる道 | トップページ | 上野芝の戸袋(堺市) »

2012年2月17日 (金)

加古川の近代を訪ねて(7)気になるもの

120122kininaru_2
加古川の記事の最後に、私が気になったものをいろいろ紹介します。
まず、老舗銭湯の宝湯さん。煉瓦の四角い煙突があります。
でも気になったのはそれではなくて・・・

120122kininaru2
玄関の上に「雀」を逆さにした紙。
これはどういう意味なんでしょうか。
何かと掛けた縁起物かなと思うのですが。
すごく気になります。ご存じの方、教えて下さい。

120122kininaru3
防火水槽の再利用。

120122kininaru4
面格子っぽい飾りの付いた柵?
窓手すり・・・なんでしょうか?

120122kininaru5
消火栓はどこに?

120122kininaru6
これは気になるというよりかわいい部類。
風呂場などにある卵型のタイルが壁に散らしてあります。

120122kininaru7_2
ニッケ社宅街にて。
119番がまだポピュラーではなかった時代のものでしょうか。

120122kininaru8
同じくニッケ社宅街にて。
右側の箱はなんでしょう。
そうじ用具入れにしては玄関の前に置くのかなと。

120122kininaru9
ニッケ社宅街隣にある春日神社の撫猫(なでねこ)。

120122kininaru10
※クリックすると拡大します

その説明として、赤壁さんの話。
昔は「加古川といえば赤壁」だったとのこと。
おどろおどろしい話です。

120122kininaru11
松岡さんのベランダ。

120122kininaru13_2
微妙に意味ありげな面格子。

120122kininaru12
フォトグラフ?

120122kininaru14_2
余談ながら使われているタイルも面白いです。

いくつ気になりましたか?

|

« 加古川の近代を訪ねて(6)うねる道 | トップページ | 上野芝の戸袋(堺市) »

日常旅行(兵庫)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/54002868

この記事へのトラックバック一覧です: 加古川の近代を訪ねて(7)気になるもの:

« 加古川の近代を訪ねて(6)うねる道 | トップページ | 上野芝の戸袋(堺市) »