« 木津川アート2011・加茂篇(1) | トップページ | 木津川アート2011・上狛篇 »

2011年12月30日 (金)

木津川アート2011・加茂篇(2)

111103kamo1
木津川アート2011・加茂篇の続きです。
加茂駅まで戻って、次に訪ねたのは(13)ランプ小屋です。
明治30年頃に建てられた赤煉瓦の小屋です。ここでは三谷智恵さんの「大仏鉄道所記」という本が展示されていました。他にも鉄道関係のものがたくさん並べられていて、このようにのぞき込む人だかりができていました。

111103kamo2
こんな小さな小屋です。
可燃物を納めるので赤煉瓦の造りになっているそうです。

111103kamo11
(14)松田木材の林直さん「みつける写真館」は前に紹介した通り。
今度は駅の南に歩いて行きますが、こちらも趣きある建物が並んでいます。

111103kamo3
(15)旧加茂図書館、小学校の入口にある書店。
小学校の前にある書店・文具店のレトロ感が残っています。

111103kamo4
旧加茂図書館の入口には、大典記念の石柱が立っていました。
大正天皇即位の大典で、大正4年のものです。

111103kamo5
さて、(15)旧加茂図書館では、少年少女科学クラブさんの「Catch the Sun」という展示をすっかり什器の取り払われた図書館の広いスペースで行っていました。
最初に入ったときはブルーのライトしか分からないのですが、目が慣れてくると柱や壁が白い蛾(のペーパークラフト)に覆われていることに気付いてびくっとします。
人間の目の仕組みを利用した仕掛けとのことで面白いです。

111103kamo6
目がくらくらしてきたところで外へ。
小学校の横には古いたばこやさんがありました。
「たばこ」の文字のタイルが使われています。

111103kamo7
ここまで来ると町外れてのどかな風景です。
かつて存在した大仏鉄道の跡をたどって行けるそうですが、今回は時間がないのでパスです。

111103kamo8
線路の北側は田畑が広がっていて、農作業小屋にも興味をひかれます。

111103kamo9
関西本線に沿って帰る途中、SLが止まっていました。
昭和12年に作られたC57だそうです。

111103kamo10
加茂駅の南側にも鉄道のモニュメントがありました。
こちらは明治31年に開業して明治40年にはもう廃止されてしまった大仏鉄道の記念物です。
車輪はレプリカのようですが、手前にあるレールと煉瓦は本物です。

今回はアートイベントをきっかけに加茂を訪ねましたが、それがなくても訪ねる価値のある町だと思います。

<関連記事>
 「木津川アート2011が始まりました」
 「木津川アート2011・加茂篇(1)」
 「木津川アート2011・上狛篇」
 「木津川アート2011・木津本町篇」

<関連リンク>
 ○木津川アート公式HP
 ○木津川アートスタッフブログ
 ○気まぐれblog「木津川アート2011」
 ○大阪アホげな小発見。とか「"木津川アート2011"へ行って、雑感あれこれ」


より大きな地図で 木津川アート を表示

|

« 木津川アート2011・加茂篇(1) | トップページ | 木津川アート2011・上狛篇 »

日常旅行(京都)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/53609532

この記事へのトラックバック一覧です: 木津川アート2011・加茂篇(2):

« 木津川アート2011・加茂篇(1) | トップページ | 木津川アート2011・上狛篇 »