« 石切の眺望住宅地(東大阪市) | トップページ | 石切の信仰の道(東大阪市) »

2011年9月10日 (土)

ブログ6周年御礼

110504niigatasaka
<新潟の坂道>

このブログは本日、6周年を迎えました。
日常旅行日記を見ていただいている皆さま、コメントをいただいている皆さま、ありがとうございます。

本人はもっと長く続けている気がします。
この記事で708本目ですので、この1年の記事は69本。
年に100本を目標としていますので、ちょっと不本意な数字です。

震災の影響も多少はありますが、活動範囲が広がり、ペースを崩してしまったことが大きいかなと思います。でもペースを取り戻しつつあるので、波はありますが、続けて行きます。
気長にお付き合いください。

昨年の5周年でこれまでを振り返りましたので、今年はこの1年を振り返ります。


 ●2010年
  2月にツイッターを始め、ツイッターを通しての
  やりとり、活動、アクセスが増えました。
  夏から面格子ファンクラブがスタートして、
  大勢でコレクションを作り上げる楽しみを覚えました。
  旧開高邸の取り壊しの件や旧精華小学校活用の件では、
  ご縁が広がりました。

  ・1月 相生旅行
  ・2月 東京旅行
  ・5月 飾磨旅行
  ・5月 彦根旅行
  ・7月 夏の新潟・佐渡旅行
  ・11月 生野区に農学校跡を訪ねる
      門司・下関旅行
  ・12月 生野銀山の鉱石の道ツアー
      旧開高邸のこと
  
 ●2011年
  ブログは低調ながら活動の幅が広がった年です。
  3月に面格子写真展を開催することができました。
  大阪の中の西日本を探すシリーズをぼちぼちと開始。
  仕事帰りの銭湯めぐりも始めました。
  新潟とのご縁が続き、行ったり、迎えたり。
  密かに調査中の記事がありますが、
  それはまとまれば報告します。
  
  ・3月 旧精華小学校のこと
      東日本大震災
      面格子写真展開催
  ・5月 山形・新潟旅行
      みなとQさんを訪問(大阪の西日本シリーズ)
  ・7月 洋裁学校のギャラリー(新潟からお客さん)
  ・8月 石切探訪(遊園地跡と住宅地)

 これからもよろしくお願いいたします。
 コメントをいただけるととても励みになります。

<関連記事>
 5周年の記事

|

« 石切の眺望住宅地(東大阪市) | トップページ | 石切の信仰の道(東大阪市) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もっと長い間されているものと思っていましたが、6年!やり続けるというパワーはどこから来るのでしょうか。
ブログはびんみんさんの人柄~まちや人々の記憶を優しく見つめ、愛おしむ~であふれて、あまりに大量のページゆえ、全部じゃないですが、時々拝見して参考にさせてもらっています。
これからも、びんみんさんがどんなまちを歩かれるのか、楽しみにしております。

投稿: chuunya | 2011年9月10日 (土) 10:07

chuunyaさん
過分なおほめのコメントありがとうございます。
やり続けるパワー、何でしょうね。
先日撮った写真の建物がもう壊されているということが度々あり、その度に、こんな素敵なものがあるうちにみんなに見てもらわないと、記録に残さないとという気持ちが強まります。
また続けるほどに積み上がっていくのが魅力です。
自分でもいつ書いたか思い出せなくて、左上の検索や目次を使って見つけているんですけどね。
これからもよろしくお願いします。

投稿: びんみん | 2011年9月10日 (土) 10:27

びんみんさま
ブログ開設6周年、心よりお祝い申し上げます。
いつも“どやっ!”感のない心地よい風のような写真と文体…いいですね。そのテイストでこれからどんな街のどんなことを記していきはるのか楽しみです。
長く続けはることもすごいことですが、いかにずっと読者に来てもらうかも大変なことの様に思います。そういう意味においても、暑苦しい妙な主張がない御ブログはずっと見続けたくなります(裏腹に拙ブログは…暑苦しいですなぁ)。もちろんびんみんさんならではの着眼点と解釈に人柄(?)が出ていて、そこが楽しいというのが、ほんまの魅力なんですが。
ネタも気力も大有りの様なので、これからも楽しませてもらえそうですね。大阪ネタ含め、様々な記事、楽しみにしておきます。

投稿: 山本龍造 | 2011年9月10日 (土) 14:00

ブログ開設六周年、おめでとうございます。私がびんみんさんと出逢った(画面上ですが)のは湿原の画家佐々木榮松氏について検索していての、確か去年の秋でした。それ以来とても楽しい時間を過ごすことができています。ありがとうございます!本当に語り口調の文章が楽しくて、私にはちんぷんかんぷんの建築用語(?)でも勝手に納得しています。そうそう、榮松画伯と開高健氏、そして繋がるびんみんさんの話題はあのギャラリーで本日最終日でしたが「湿原の野草」を観に行き、偶然主催者の女性とお逢いしお話しし不思議なご縁を感じました。来月白寿を迎えられる画伯の健康を願わずにはいられません。それからびんみんさん、私用に(?)日下にふりがなふって頂きありがとうございました。思わず噴き出しました!これからも色々な所へとご案内お願いいたします。

投稿: まあちゃん | 2011年9月10日 (土) 16:09

山本龍造さん、こんばんは。

ありがとうございます。
当人は、文章にひねりがないなあ、締まりがないなあなどと思っていたりするのですが。
山本龍造さんのブログ、暑苦しくはないですよ。いつもぴりっと一味利かせてあるのがいいなあと思っています。
やる気とネタだけは十分ありますので、今後ともよろしくお願いします。

投稿: びんみん | 2011年9月11日 (日) 00:29

まあちゃんさま、こんばんは。

ありがとうございます。
まあちゃんさんとは不思議なご縁で、旧開高邸の見学会に行こうか迷っていたときにちょうどコメントをいただいて、参加するきっかけになり、それがいろんな出会いにもつながっていったので、ほんとにありがたく思っています。
専門用語や地名は、ついつい分かっているものとして書いてしまいますが、基本的にこのブログは専門外の人、他地域の人にでも分かるように書きたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。

投稿: びんみん | 2011年9月11日 (日) 00:32

ブログ6周年おめでとうございます。

最近は様々な活動をされておられますね。
拝見させて頂いた面格子写真展は面白かったですし、びんみんさんのネームプレート・クラフト(?)はレタリングが絶妙で素晴らしいと思いました。

個人的には郊外住宅地や公園などの記事を楽しみにしていますので、今後も頑張って情報発信をお願い致します。

またどこかのまち歩きでご一緒しましょう!

投稿: ひろ009 | 2011年9月11日 (日) 11:48

ひろさん、こんばんは。

ありがとうございます。
どうも、こういう記事を書くとお祝いの言葉を求めてるようになってしまいますね。
ちなみにそのクラフトは、面格子細工と呼んでいます。
郊外住宅地や公園は、個人的に大事なテーマだと思っていますので、これからも継続していきます。

どこかのまち歩き、ぜひご一緒よろしくお願いします!

投稿: びんみん | 2011年9月11日 (日) 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/52690173

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ6周年御礼:

« 石切の眺望住宅地(東大阪市) | トップページ | 石切の信仰の道(東大阪市) »