« 山形の旅(13)酒田の日和山周辺の建物 | トップページ | 貝塚の昭和のまちかど(2010年9月) »

2011年8月17日 (水)

貝塚遊郭の跡(2010年9月)

100904kaizukayukaku1
昨年の9月4日なので、もう1年近く前になりますが、貝塚を歩きに行きました。
南海本線の貝塚駅を降り、海に向かって歩くと、緩くカーブする昭和の商店街があります。
この左側に貝塚遊郭跡があります。(後で知ったのですが)

Kaizuka_m31
<明治31年 5万分の1地図>

明治の地図を見ると、そのあたりはまだ空白で、ミカン畑だったという話も。
大正3年に移転してきたそうです。

Kaizuka_s22
<昭和22年 2.5万分の1地図「岸和田西部」>

昭和22年の地図で斜線で塗られているあたりが旧遊郭ではないかと思います。

100904kaizukayukaku2
現在も遊郭跡の雰囲気を偲ぶことはできます。
例えばこの割烹。立派な構えをしています。
昭和37年創業らしいですが、それ以前からあったような風格。
この通りがメインストリートだったようです。

100904kaizukayukaku3
縦のボーダーが印象的な建物。
柱の部分にはびっしりタイルが張られていますし、玄関周りもまたタイルです。

100904kaizukayukaku4
こちらもちょっとひねりのある建物。
1解の目隠し風の壁も変わっていますが、2階にタイルの飾りがあります。

100904kaizukayukaku5
拡大してみるとこんな感じ。
タイル見本のように渋いタイルが集められています。

100904kaizukayukaku6
換気口の面格子が竹。凝ってます。

100904kaizukayukaku7
こちらも洋風のカフェー建築。ちょっと和風。

100904kaizukayukaku8
ここまでくると大がかりです。
塗り直してきれいに使われていますね。
書き割り風。

100904kaizukayukaku9
こちらもアーチの窓が連続で。
裏を小川が流れています。

総じて洋風のカフェー建築が多くあるようです。

100904kaizukayukaku10
ところでこれらの建物は、ちょっとした台地の上にあります。
台地の下に回ってみると、高い煉瓦の擁壁が!

100904kaizukayukaku11
境界部分を横から見たところです。
計画的に造成されたことが感じられます。

100904kaizukayukaku12
遊郭跡に抜ける情緒のある路地。
坂道と落ち着いた街並みが魅力的な貝塚です。

|

« 山形の旅(13)酒田の日和山周辺の建物 | トップページ | 貝塚の昭和のまちかど(2010年9月) »

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/52485916

この記事へのトラックバック一覧です: 貝塚遊郭の跡(2010年9月):

« 山形の旅(13)酒田の日和山周辺の建物 | トップページ | 貝塚の昭和のまちかど(2010年9月) »