« 生野めん食会館の周辺(大阪市生野区) | トップページ | 面格子写真展開催&写真募集のお知らせ »

2011年1月30日 (日)

上町台地地下ツアーに参加

110129chika1
1/29(土)、「ここほれワンだぁ!上町台地地下ワンダーゾーンツアー」に参加してきました。
上町台地マイルドHOPEゾーン協議会の主催で2日間開催された「オープン台地 in OSAKA」のプログラムの1つです。
ツイッター仲間4人の方と一緒でした。
参加者は全部で20人です。
天満橋から近い北大江公園に集合します。

110129chika2
北大江公園の下に眠る石町の通りについて説明を受けました。
ちょうどこの歩道の方向です。

110129chika3
北大江公園から土佐堀通に下る味のある石段の途中。
前々から気になっていた、開かずの扉の向こうが何なのかが明らかに。
これを知りたいというのが今回参加した大きな理由でした。

後の茶話会で地元の方に伺ったところでは、ここは国方レースという会社の建物の地下室入り口だったそうです。上にも建物が建っていたとのこと。時々噂で聞く防空壕ではないそうです。
内部には窓や階段なども残っているそうですが、今のところ非公開です。
扉といい、周りの装飾といい凝っています。

以前はこれ以外にも、階段に沿って家が建っていて、それぞれ入りやすいように階段を改修していたそうです。階段が所々、非対称になっている理由はそれかもしれません。

110129chika4
北大江公園の見学を終えると、島町の通りにある丸善ボタンビルに移動。
1960〜70年代のビルらしい階段デザインで思わず写真を。

110129chika5
この日は「北大江今昔茶話会」が開かれていて、ツアーはそこに一部お邪魔する形で、戦前から戦後にかけてこの地に住んでおられた方に思い出話を伺いました。
マリアンさんのマドレーヌもお土産に。


110129chika6
昭和30年代の住宅地図を投影しながら説明していただきました。

・北大江公園の階段を上がった脇には森に囲まれた大阪ハリストス正教会(明治43年〜昭和20年)があって、白系ロシア人が出入りしており、子供たちは中に興味を持ちつつも近寄りがたかったこと。京都ハリストス正教会と同じ設計図だそうです。
・島町の通りは戦前は木煉瓦の道で馬が歩いていたこと
・島町の夜店が賑やかだったこと
・八軒家の渡船で行き来して遊んだこと
・天神橋から天満橋でもカキ船があったこと
・昭和20年3月13日夜、空襲を受けて労働会館の地下壕に避難したこと
・果ては八軒家に水上警察があって、昔はよく死体が流れてきたこと(行き倒れた人が投げ込まれたらしい)まで

いろいろなお話を楽しくご紹介いただきました。
まだまだ聞いていたかったぐらいです。

110129chika7
続いては地下鉄・谷町線で谷町四丁目駅まで。
地下ツアーなので、移動も地下鉄というのがこだわりです。
南大江小学校の西側に、太閤(背割)下水の見学施設があります。
今回は入れていただきましたが、普段でも上がガラスになっていて、のぞき込めます。

太閤下水というのは、秀吉が取り組んだ大坂の街の造成に伴い、1598年に建設が始まった素掘り下水道だそうです。建物の裏を流れていたので、背割下水ともいいます。
江戸時代後期に石積となり、明治22年には総延長350kmに。
現在も20kmが使われており、うち7kmは今後も使えるということで、文化財指定されているそうです。

110129chika8
下水の断面図です。両脇をがっちり石積で固めています。
明治19年、23年のコレラ流行を受けて、目地がモルタルで埋められたそうです。

110129chika9
さらに地下鉄で谷町九丁目まで移動。
北上して、上汐の花屋さん、花熊さんにお邪魔しました。
なんと1604年創業の大阪で一番古い花屋さん。寺町の仏花が専門です。
こちらの命が地下水です。見た目に分からないのですが、上の丸囲みのところに蛇口があって、地下水をお裾分けしてくださっているそうです。

110129chika10
普通に流しですが、蛇口をひねれば地下水です。
実際に飲ませていただきましたが、まろやかでとてもおいしいお水でした。
地下水の層が4層あってその一番下から取水しているそうです。
元々の井戸はもっと西側の谷町筋の下あたりにあったのだとか。

110129chika11
花の生け方の基本を示した絵。
3代目、1670年頃の絵ではないかとのこと。

110129chika12
お花、そして井戸は地下室にあります。

110129chika13
これが井戸です。かなり深く、フラッシュをたかないと分かりません。
pH6.8の弱酸性で、花が長持ちする水だそうです。

110129chika14
と、地下室の片隅に日本酒が。
創業400年祭の記念品として恥ずかしくないものということで、ここの地下水を仕込みの水に使い、4年間低温熟成させた日本酒をつくられたそうです。
それが良かったのでまた作られて、現在熟成3年目というのがこのお酒「夢ごこち」。
山田錦を使った大吟醸だそうです。

なんとサプライズで、1本特別に開けていただくことになりました。
なぜかお酒好きの参加者が多かったようで、大盛り上がり。
非常においしいお酒でした。もちろん非売品です。

110129chika15
この後、ツアーはハイハイタウンまで行って解散となったのですが、私たち5人は谷町九丁目の地下街にある純喫茶の「門」でお茶をして帰りました。
40年ほども営業されているそうで、コーヒー230円と非常に安いです。
周りにも気になる立ち飲みの店などもありました。

以上、サプライズも含めて非常に楽しいツアーでした。
また企画されることを願います。

|

« 生野めん食会館の周辺(大阪市生野区) | トップページ | 面格子写真展開催&写真募集のお知らせ »

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
楽しいツアーやったみたいですね。
それでですね、あの北大江公園下にあるあの扉、あれ、防空壕跡やないんですね。先日あるツアーであの場所も行ったんですが「ここは防空壕やったそうです」と言い切ってはったんですが…やっぱり地元の人から話聞かんとわからんもんですね。防空壕の後、レース屋さんが使っていたというのもあるかもしれんなとも思ったりしましたが。
あと、花屋さんのお酒、これ興味ありますわ。まさに秘蔵酒って感じで。
上町台地、まだまだ知らんこといっぱいで楽しく読ませて頂きました。おおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2011年2月 5日 (土) 17:53

山本さん、コメントありがとうございます。
はい、楽しいツアーでした。
防空壕ではないらしいです。さらに上に建物が建っていたそうです。
花屋さんのお酒、まさにここでしか手に入らないもので、ほんとに貴重でした。
また企画されると思いますので、機会ありましたらぜひ。

投稿: びんみん | 2011年2月 6日 (日) 01:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/50732339

この記事へのトラックバック一覧です: 上町台地地下ツアーに参加:

« 生野めん食会館の周辺(大阪市生野区) | トップページ | 面格子写真展開催&写真募集のお知らせ »