« 鉱石の道ツアー(2)神子畑の選鉱場跡 | トップページ | 鉱石の道ツアー(3)明延の坑道に入る »

2010年12月22日 (水)

玄関灯も楽しい(大阪市東住吉区)

101211montou5
近代の建物を求めて街を歩いているといろいろ気になるものがあるのですが、その一つに玄関灯があります。とくにチョコレート型、かまぼこ型のものは戦前に流行ったスタイルなのではと思います。

先日、作家の開高健氏が少年・青年時代を過ごした長屋が売却されるということで、見学会にお邪魔した折に周辺を歩いていると、長屋の門の玄関灯のバリエーションがいろいろとありました。
今回はこれを紹介したいと思います。

まずシンプルなチョコレート型。
左右の桟を見ると、わざと削り跡を付ける昔流行ったスタイルです。
新しい玄関灯が芽吹いてますね。

101211montou4
ちょっとした格子が入るタイプ。
隣の玄関灯を見ると縦2本の桟が1本だったりするのです。

101211montou1
市松模様の入ったタイプ。

101211montou3
面格子風の唐草模様が入ったタイプ。
銅製ですね。角が生えてます。

101211montou2
かまぼこ型のタイプ。
しゃれたデザインです。

101211montou6
全く違いますが、シンプルな半円状のものもあります。

090211montou1
時期の分かる参考例として、阿倍野区阪南町の玄関灯も紹介しておきます。
大正15年に大阪市営の分譲住宅として建設された住宅です。
両側の桟とは半ば独立していて、六角形の門灯が次第に桟と一体化して片面だけのものになっていくのかななどと想像しますが、それはもっと時代と対応させながら見ないと分かりません。

玄関灯も比べて見ていくと楽しいものですね。

|

« 鉱石の道ツアー(2)神子畑の選鉱場跡 | トップページ | 鉱石の道ツアー(3)明延の坑道に入る »

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/50364897

この記事へのトラックバック一覧です: 玄関灯も楽しい(大阪市東住吉区):

« 鉱石の道ツアー(2)神子畑の選鉱場跡 | トップページ | 鉱石の道ツアー(3)明延の坑道に入る »