« 木津川アート第4日:鹿背山の夕べ | トップページ | 新潟なつ歩き(16)宿根木へのサイクリング »

2010年11月 7日 (日)

木津川アートの周辺で

101103kizugawart1
アートイベントに出かけると、“気分がアート”なので、いつも以上にいろんなものが気になります。
イベントには関係ないのですが、木津川アートで出かけた木津川市で気になったものをいろいろ紹介します。

まずは木津川市役所の北側にある木津町商工会館。
一本柱の玄関ポーチがかわいらしい。

101103kizugawart2
木津川市役所の庭には木津小橋の親柱。

101103kizugawart6
学研都市線の踏切脇にある住宅。
洋風の玄関が素敵です。

101103kizugawart7
同じく学研都市線の踏切脇にあるのこぎり屋根の工場。
栗林織布という会社です。

101103kizugawart8
運送会社の渋い倉庫。

101103kizugawart9
民家の塀の上。

101103kizugawart11
木津と上狛の間には、木津川が流れていて、泉大橋が架かっています。
この橋がいいんです。この、森の中に入っていくような入り口部分。

101103kizugawart10
昭和25年に作られたと示す橋のプレート。
建設は日本橋梁株式会社と汽車製造株式会社(昭和47年に川崎重工に吸収)のように読めます。
リベットが存在感たっぷりですね。

101103kizugawart12
木津川の流れ。
木津と上狛の街に関わりの深い川です。

101103kizugawart13
泉大橋の全景。
トラスが決して高くないのがいいのかなと思います。
美しい。

101103kizugawart14
川を渡ると上狛です。
気になるトマレの表示。
ここのはかなり字が大きい。

101103kizugawart15
上狛の川縁はお茶問屋街だそうで、今もお茶の問屋さんがたくさんあります。
記念碑によると、明治の頃、山城のお茶は川と街道経由でここに集められて、木津川・淀川の舟運で神戸へと送られ、海外へ輸出されたそうです。この地はかつて、東神戸・今神戸と呼ばれたと記されています。

101103kizugawart16
壁面に漆喰の帯を引いて模様を描いていくのは、このあたりの流行だったのでしょうか。
お茶の葉のイメージ?

101103kizugawart17
この銅の雨樋の細工は見事というほかありません。
お茶屋さんは茶道などの世界と近いので、こういうところに凝ったりするのかなと思います。

101103kizugawart18
異彩を放っている農協倉庫(?)。

101103kizugawart19
上狛の中心部(大里)は中世以来の環濠集落で、このような堀に囲まれています。

101103kizugawart20
お城のような門。

101103kizugawart21
この水車は装飾か、壁面収納か。

101103kizugawart22
最後に上狛駅前で角が曲面の洋館付き町家を見ました。

木津にも上狛にもまだまだ面白いものが潜んでいそうです。
木津川アートに出かけられる方はそのあたりもぜひ。
イベントは11/14(日)まで開催されています。


|

« 木津川アート第4日:鹿背山の夕べ | トップページ | 新潟なつ歩き(16)宿根木へのサイクリング »

日常旅行(京都)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/49966126

この記事へのトラックバック一覧です: 木津川アートの周辺で:

« 木津川アート第4日:鹿背山の夕べ | トップページ | 新潟なつ歩き(16)宿根木へのサイクリング »