« 新潟なつ歩き(7)夏の庭を眺める | トップページ | 藤井寺のレトロ・アーケード »

2010年8月10日 (火)

新潟なつ歩き(8)海を眺める

100718kaigan1
新潟に来るといつも最後には海岸まで歩いています。
今回も海岸砂丘上の日和山展望台にやってきました。昭和11年に初代が建てられ、現在は昭和52年に建てられた2代目とのことですが、本体は変わっていないという話もあり未確認。
9mの低さながら展望台として十分実力を発揮しています。

100718kaigan2
ここからは新潟の町が眺められます。

100718kaigan3
もちろん海岸も眺められます。
前々回はここで満足して帰ったのですが、今回はあの突堤(西海岸第3突堤)の先まで行ってみたくなりました。この突堤、何のためにあるのかというと砂の流出防止が目的らしいですね。
しかし、それだけでなく、立ち入れるようになっています。

100718kaigan4
海岸に出るには車道を渡りますが、そこに懐かしい黄色い旗がありました。
懐かしいといいつつ、自分が使った記憶はないのですが。

100718kaigan6
海岸では海水浴をしている人も。

100718kaigan5
きれいな白砂です。

100718kaigan7
振り返ると日和山展望台。

100718kaigan8
まっすぐ海に伸びる道がいいです。

100718kaigan9
海岸はますます遠く。

100718kaigan10
先端は丸く階段状になっていて、すぐそこは波。
これだけ低いと少々高い波ならかぶってしまうでしょう。
高い防波堤とは違った良さがあります。

夕陽の方向にはうっすら佐渡島が見えます。
新潟一日目の記事はここまで。
明日はあの佐渡島に渡ります。

 新潟なつ歩き(9)佐渡へ に続く

 >「新潟なつ歩き」シリーズの目次はこちら

|

« 新潟なつ歩き(7)夏の庭を眺める | トップページ | 藤井寺のレトロ・アーケード »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

なんだかトマソンみたいな展望台ですねえ。
異次元に迷い込んだようです(笑)

投稿: Bassman | 2010年8月10日 (火) 10:08

Bassmanさん、こんばんは。

展望台として、ちゃんと役割を果たしているんですけどね。
不思議な雰囲気はあります。
展望台のトマソンというと、周りをビルに囲まれて見下ろされている展望台とかでしょうか。

投稿: びんみん | 2010年8月10日 (火) 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/49109629

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟なつ歩き(8)海を眺める:

« 新潟なつ歩き(7)夏の庭を眺める | トップページ | 藤井寺のレトロ・アーケード »