« 花苑都市・藤井寺経営地(後編) | トップページ | 新潟なつ歩き(10)両津:洋風の街角 »

2010年8月22日 (日)

新潟なつ歩き(9)佐渡へ

100719sado1
新潟旅行の2日目です。新潟なつ歩き(8)海を眺めるの続き。
泊まった万代シルバーホテルの向かいにあるバスターミナルから、新潟港佐渡汽船乗り場行きのバスに乗りました。

旅情からいうとフェリーの方がいいのですが、時間を優先してジェットフォイルです。
上の写真は今回乗船した、ぎんが号。ボーイング製なので飛行機みたい(型番は929らしい)。
この航路にはいち早く導入されたそうです。

100719sado2
新潟-両津間のジェットフォイル料金は6220円のところ、補助が出ているので4440円になっていました。
これでもいいお値段ですけどね。

100719sado3
6〜7割の乗船率でしたでしょうか。
きれいな船内です。



佐渡島は新潟から西北西の方向になります。
同じ航路をフェリーも走っていて、佐渡島に向かうメインルート。

100719sado6
あまり揺れないのと、2階席だったこともあり、「いつスピードを上げるんだろう?」とのんきに思っている間に両津の港が見えてきました(実は速かった)。最大速力は87km/時だそうです。

前週まで梅雨で大荒れだったのに、この日はいいお天気で助かりました。

100719sado8
両津の旅客ターミナルはかなり大規模。
海産物の土産物店が並び、「観光地に来たな」と実感させられます。
このターミナルビルの上に展望台らしきものがあって気になったのですが、時間の関係で確かめられず。ひょっとして、水面に挟まれた両津の街が眺められる?


より大きな地図で 佐渡 を表示

地図好きな私は、両津の地図に非常に心ひかれます。
日本海と加茂湖にはさまれた細い砂州上にある街なのです。
これだけでも行ってみたいと思います。

今回の旅行では、佐渡島島内の移動手段は路線バスで、本数が限られるので、バスの時間に合わせた行動になります。両津に割り当てた時間は約2時間。ターミナルで荷物を預けて、さっそく歩き始めました。

両津の街は、海上保安署のあるあたりを境に、北の夷(えびす)地区と南の湊(みなと)地区に分かれています。ターミナルも両地区の間あたりなので、どちらの地区を見に行くか迷いましたが、古い教会のある夷地区をまず見に行くことにしました。

100719sado9
歩き始めると、イカがお出迎え。
道ばたでイカが干してあります。

100719sado13
洗濯物にも混じってイカが干されています。
(あまり洗濯物は撮らない方がいいんですが、すみません)

100719sado11
両津海上保安署のある場所は、江戸時代に御番所があったところです。
ここに江戸時代からある大樹「村雨の松」があります。「○○の松跡」は各地に多いですが、今も残っているというのがいいですね。

ちなみに御番所跡は、明治2年に新潟運上所(税関)夷港出張所となり、昭和42年に廃止されるまで夷港税関として知られていたそうです。ここがまさに港の中心。

100719sado10
ここに面白い建物(地図では両商コーポ)がありました。
この建物、船みたいでしょう?
1階が高いピロティで、浮いているように見えます。
この手の「浮かぶ」建物、なぜか港でよく見かけます。

手前の水面は加茂湖と日本海を結ぶ水路で、手前が加茂湖、奥が日本海です。元々細い川が流れていたそうですが、明治36年に水害を防ぐ目的で、この水路が広げられました。建物が建っているのは湊地区です。

100719sado12
これもまた面白い加茂湖の風景。
遠くに見えるのは恐らく特産のカキの筏です。
湖岸に家が並び、そのまま仕事に出られるようになっています。

100719sado14
夷地区のメインストリートは、アーケードの商店街になっていました。

100719sado20
ところどころ、古いデザインの店舗があります。
この2階の窓は櫛形でちょっと洋風。

100719sado15
商店街を歩きながら両脇をきょろきょろしていたのですが、海側の景色が気になり、そちらに向かいました。
静かな港の風景があります。

100719sado16
漁業関係の地区なのでしょう。
ここにも浮かぶ建物があります。

100719sado17
倉庫も並んでいます。
昼間だからか、既に機能が移転しているのか、とても静か。

100719sado18
魚市場の風景です。

100719sado19
大型の切妻屋根の建物がなんだったのか気になります。
今はスーパーのキング両津店になっています。

100719sado21
逆に加茂湖側に入ると歓楽街があります。

100719sado22
タクシー会社の建物は古い建物を大胆に改造しています。

100719sado23
この建物も旅館か料理屋っぽいです。
これもまた港町らしい景色ですね。

もう少し夷地区を散策します。

 >「新潟なつ歩き」シリーズの目次はこちら

|

« 花苑都市・藤井寺経営地(後編) | トップページ | 新潟なつ歩き(10)両津:洋風の街角 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

浮く建物は、実用性はともかくとして、
「大波が来ても安心」という気持ち的なものもあるんでしょうねえ。

特に、こういう建物を紹介する不動産屋さんにとって(笑)

投稿: Bassman | 2010年8月23日 (月) 20:54

Bassmanさん、こんばんは。

波ですか。なるほど。
そういう発想もありますね。
不動産屋さんの発想で良い点を考えるというのは、今後もヒントになりそうです。ありがとうございます。

投稿: びんみん | 2010年8月24日 (火) 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/49205405

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟なつ歩き(9)佐渡へ:

« 花苑都市・藤井寺経営地(後編) | トップページ | 新潟なつ歩き(10)両津:洋風の街角 »