« 新潟なつ歩き(3)油田を見学 | トップページ | 吹田の垂水を歩く »

2010年7月28日 (水)

新潟なつ歩き(4)油田のある風景

100717kanazuplus1
前回の記事だけで油田の説明は完了なのですが、もう少し油田の風景を紹介しておきます。
これは旧木工場で、のち鉱業事務所として使用された建物。

100717kanazuplus2
山の中にも油田関係者のものと思われる住宅があります。

100717kanazuplus3
ナショナルポンピングパワーの側にある小屋。

100717kanazuplus4
こういう樽っていい。

100717kanazuplus5
小屋をのぞき込むとストーブが置いてありました。
管理要員の詰め所だったのでしょうか。

100717kanazuplus6
明治38年に開坑したC-14号井(綱式機械掘り)。
木となっているようです。

100717kanazuplus7
ブルホイルというピストン巻き上げ装置。
ポンプのピストンに巻く皮を取り替えるときに使われるらしい。

100717kanazuplus8
今も石油がたまっています。

100717kanazuplus9
こういうパイプは再利用でしょうか。

100717kanazuplus10
やぐらを作り慣れていれば、火の見櫓なんてお手のもの、みたいな気がします。
昭和35年の製造。

100717kanazuplus11
周辺はいたってのどかな風景です。

100717kanazuplus12
まんが的なお地蔵さん。
いい表情です。

このあと、適当なバスがなかったので、夏の陽射しを浴びながら新津美術館経由で、古津駅まで歩いて帰ったのでした。
新潟まちなか編につづきます。

 >「新潟なつ歩き」シリーズの目次はこちら

|

« 新潟なつ歩き(3)油田を見学 | トップページ | 吹田の垂水を歩く »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/48993357

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟なつ歩き(4)油田のある風景:

« 新潟なつ歩き(3)油田を見学 | トップページ | 吹田の垂水を歩く »