« 赤煉瓦の湊川隧道(神戸市) | トップページ | 鴫野橋の向こう(大阪市城東区) »

2010年7月 9日 (金)

六甲散歩(神戸市灘区)

100629rokko1
六甲散歩といっても、六甲山に登ったわけではなくて、阪急の六甲駅の周りをぐるぐると歩いたという話です。
阪神間は近代に開発が進んだため、少し歩いても面白いものがたくさんあります。

六甲の駅前には、赤煉瓦の六甲変電所があります。
大正9年の開業時のものではないかとのこと。

040828kanzaki1
<参考:神崎川変電所 2004年撮影。2005年解体>

解体された神崎川変電所(神崎川駅のそばにあった)と同時期のものらしいのですが、比べると六甲変電所の方がシンプルに見えます。

100629rokko2
六甲駅は坂の途中にあって、変電所は山側ですが、下っていくとH歯科という古そうな医院建築がありました。
折り目正しいというのか、角がぴしっと立っています。
やや荒れ加減なのが惜しいところ。

100629rokko3
さらに下ると和洋折衷の住宅があります。
これ、売りに出ているんですよ。

100629rokko4
出窓などもあります。

100629rokko5
反対側からも撮っておきます。
洋館付き住宅の形であることが分かります。
誰か買わないかな・・・といっても高いでしょうね。

100629rokko6
また別の家です。
石垣が塀になっていて直接、屋根が乗っているのが面白い。

100629rokko7
こちらは下見板張りの住宅です。

100629rokko8
この地区には六甲八幡神社があります。
「摂津国八幡社」の標柱が立っていて、非常に格式が高そうです。

100629rokko9
このようにいまだに長い参道の森を抱えています。

100629rokko10
周りを住宅に囲まれているとは思えない雰囲気。

100629rokko11
時々見かける国旗掲揚台ですが、ここでは木の柱とセットで残っていました。
このような取り付け方なのですね。
「御大典記念」で昭和3年なので、昭和天皇即位の大典のときのものです。

奥の灯籠には八幡土地区画整理組合の名前が入っています。

100629rokko12
第1回国勢調査記録員の名前が石に刻まれています。
大正10年に建てられたらしい。
第2回、第3回の国勢調査も記念碑が残っていました。
記念に植樹をしたようです。

100629rokko13
何の一部か分かりませんが、近代風のデザインの石材。

古い歴史を持ちながらも、近代のものが見られる六甲八幡神社。
周辺の開けた雰囲気を反映しているようです。


|

« 赤煉瓦の湊川隧道(神戸市) | トップページ | 鴫野橋の向こう(大阪市城東区) »

日常旅行(兵庫)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/48831252

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲散歩(神戸市灘区):

« 赤煉瓦の湊川隧道(神戸市) | トップページ | 鴫野橋の向こう(大阪市城東区) »