« 春の彦根(5)桑畑の測候所 | トップページ | 春の彦根(7)芹川の並木 »

2010年6月14日 (月)

春の彦根(6)気になる石

100502jizou1
彦根の歩いていて、気になる石がありました。
一つは観光地図にも乗っている腹痛石です。
触ると腹痛になるという。

腹痛石のあるのはちょうどお城に向かう道筋です。
お城のある山には平安時代以来、彦根寺という観音霊場があったそうです。
参詣者がこのあたりに来ると、背負ってきた荷物を下ろし、このあたりにあった石に腰掛けて休憩したのですが、そのうち石がなくなっていき、残された石を守るために腹痛の話ができたのではとのことです。

前掛けの腹痛石は分かりますが、その前にある丸い石はなんでしょうね。

100502jizou
またこちらはお地蔵さんです。
ここにもお地蔵さんの前に丸い石が置いてあります。
持ち上げると願いがかなうという石でしょうか。

100502jizou2
さらに両側に吊されているもの。
身代わり猿は分かりますが、石もまたいくつか吊されています。
港町を訪ねると祠に石を積んであることがあり、これも琵琶湖漁民に関わりがある風習かもしれません。

彦根は城下町・商人街ですが、それ以外の要素もあることを、こういう石を見ると感じます。


|

« 春の彦根(5)桑畑の測候所 | トップページ | 春の彦根(7)芹川の並木 »

日常旅行(滋賀)」カテゴリの記事

コメント

病気が治るならともかく、
腹痛になるってのが面白いですねえ。

石畳もきれい。
海老江に比べるときちんと整備されてる感じ。
さすが城下町ってことですかね。

投稿: Bassman | 2010年6月15日 (火) 09:55

Bassmanさん、こんばんは。

まさか触ると腹痛になるなんて思わないので、旅人向けに説明書きか誰か説明役がいりますよね。

石畳については比較的新しいものではなかったかなと思います。あまり記憶に残っていないのですが。
さすが観光地?

投稿: びんみん | 2010年6月16日 (水) 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/48623980

この記事へのトラックバック一覧です: 春の彦根(6)気になる石:

« 春の彦根(5)桑畑の測候所 | トップページ | 春の彦根(7)芹川の並木 »