« 春の彦根(1)彦根城に登る | トップページ | 春の彦根(3)滋賀大学の近代建築 »

2010年6月 2日 (水)

春の彦根(2)湖岸の風景

20100502biwako0
彦根は琵琶湖岸の街です。
せっかくなので、湖岸まで歩いてみることにしました。

20100502biwako1
松原の集落の方に歩いて行くと、琵琶湖に通じる水路が小さな船だまりになっていました。私には何を獲るのか分かりませんが、漁船がつながれています。

20100502biwako2
そして作業用のコンクリート枡が並んでいます。

20100502biwako3
リヤカーも壁に掛かっていて、のどかな風景。

20100502biwako15
右の建物は、家畜医院と書かれていました。

20100502biwako4
湖岸には並木道。
昔はそれこそ松原があったのではないでしょうか。

20100502biwako5
琵琶湖めぐりや多景島行きの観光船のりばがあります。
多景島は「誓いの御柱」について調べていたときに知りました。私には未踏の島です。

20100502biwako6
瓦の製造所があるのは、ここから船で出荷したのでしょうか。

20100502biwako7
湖岸の昭和の喫茶店。

20100502biwako8
こちらも。
なぜか心にじんときます。

20100502biwako9
歩いて行くと小さな林があります。松原下屋敷(お浜御殿)という井伊家の屋敷です。
11代当主の井伊直中により、文化7年(1810年)頃に造営されました。
明治4年の廃藩置県後、井伊家はこの屋敷に住んだそうです。
この玄関棟は明治22年の増築。

20100502biwako10
持ち送りは井伊家の「井」の字入り。

20100502biwako11
この玄関棟の裏に国名勝の庭園があります。
この日は特別公開されていました。

20100502biwako12
しかし、彦根城の賑わいと対照的に、ここを訪ねる人はわずか。

20100502biwako13
やや荒れた庭園は非常に静かです。

20100502biwako14
庭は新緑にあふれていました。

この庭園は琵琶湖の水位に連動して汀線(波打ちぎわ)が変化する汐入形式の庭園だそうです。
いずれ整備が進んで常時公開されるのかもしれませんが、この日は静かな庭園をぜいたくに楽しませていただきました。


より大きな地図で 彦根 を表示

|

« 春の彦根(1)彦根城に登る | トップページ | 春の彦根(3)滋賀大学の近代建築 »

日常旅行(滋賀)」カテゴリの記事

コメント

やっぱり水辺の風景はいいですね〜。
船溜まりとか最高。
和みます。

投稿: Bassman | 2010年6月 2日 (水) 10:11

Bassmanさん
水辺の風景はいいですよね。
思いこみかもしれませんが、海の港町に比べて穏やかにも感じます。

投稿: びんみん | 2010年6月 2日 (水) 20:56

言われてみれば・・。

海と比べると高波とかも少なそうだし、
水面との距離が近いせいなんですかね。

投稿: Bassman | 2010年6月 3日 (木) 10:12

Bassmanさん、こんばんは。

堤防が低かったり、なかったりすることや、船のつくりも簡素なことから受ける印象もあるかもしれませんね。
宍道湖岸の松江や来待なども思い出しました。

投稿: びんみん | 2010年6月 4日 (金) 01:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/48519671

この記事へのトラックバック一覧です: 春の彦根(2)湖岸の風景:

« 春の彦根(1)彦根城に登る | トップページ | 春の彦根(3)滋賀大学の近代建築 »