« 「水の都の古本展」開催中(大阪市北区)※終了 | トップページ | 「まちかどの近代建築写真展 in 大阪V」が始まりました »

2010年3月10日 (水)

大美野田園都市の門(堺市)

100214ominomon1
大美野田園都市の話の3回目、ラストです。
ここでは戦前から残っている住宅が少ないという話をしました。ただ、せっかく来たのだから、もうちょっと何かないかと思うもの。

そんなとき、門があります。

上の写真などかなり原型を留めていると思います。
カラフルな石を丁寧に貼り合わせた階段。対照的に丸石を積み上げた門柱。上部に透かしのある木の門扉もよく見かけるものです。

100214ominomon2
極端な例では、家がすっかりなくなっていても、門の痕跡は楽しめる、こともあります。
今回は大美野田園都市にあるいろいろな門を見ていきます。

100214ominomon5
こちらは門柱もカラフルな石を貼っています。
3層に分けてますね。

100214ominomon7
こちらはコンクリートの門柱。

100214ominomon12
カラフルな石張りですが、さっきのとは石のカットの仕方が違います。
門扉のデザインが面格子風。

100214ominomon13
石でも一風変わった丁寧な仕上げです。
この門扉は新しいものでしょう。

100214ominomon11
この形の木の門扉も古いものでよく見かけます。
矢羽根模様というのでしょうか。
流行ったんですね。たぶん。

100214ominomon4
こちらは勝手口ですが、鉄扉に棒材でデザインをプラス。
いつのものかは分かりません。

100214ominomon3
一方、こちらは和風の門です。
引き戸の格子に注目です。

100214ominomon6
こちらになると動きのある格子模様で、さらにいい感じです。

100214ominomon9
門扉ではこんな変わり種も。
チョコチップ入り。

100214ominomon10
こちらは品のいいタイルの門柱。
斜めに溝を切ってあるタイルが変わっています。

100214ominomon8
最後に私の一番気に入った門を。
ピンクがかった石の色、そしてなにより通用口のアーチがきれいです。

こんな風に、最近は郊外住宅地を歩くときは、門のウォッチングも楽しみの一つになっています。

○関連記事
 「大美野田園都市第一期」
 「大美野田園都市第二期」

  他の郊外住宅地のインデックスはこちらです。

|

« 「水の都の古本展」開催中(大阪市北区)※終了 | トップページ | 「まちかどの近代建築写真展 in 大阪V」が始まりました »

日常旅行(大阪)」カテゴリの記事

コメント

記事と写真の良さもさることながら、さりげなく

>>チョコチップ入り。

ナイスすぎです。楽し。

投稿: 山本龍造 | 2010年3月10日 (水) 22:50

山本龍造さん
チョコチップ入りに反応していただき、ありがとうございます。
この感じ、何かで見たような・・・チョコチップクッキーや!というわけです。
しかし、改めてその門柱を見ると、チョコチップの一つはインターホンですし、密かに郵便受けを仕込んであったり、なかなか楽しい門柱です。

投稿: びんみん | 2010年3月10日 (水) 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/47771077

この記事へのトラックバック一覧です: 大美野田園都市の門(堺市):

« 「水の都の古本展」開催中(大阪市北区)※終了 | トップページ | 「まちかどの近代建築写真展 in 大阪V」が始まりました »