« 目白文化村とその周辺 | トップページ | 目白から王子へレトロの旅(東京都) »

2010年2月21日 (日)

大谷石のある風景(東京都新宿区)

100130oyaishi3
今回、目白・下落合を歩いてみて、あちこちの塀や門で大谷石(栃木県宇都宮市大谷町産の凝灰岩)を見ました。
中でもいいなと思ったのが目白第二文化村のこの家。
カーブがきれいです。

100130oyaishi4
カーブの部分。
路面に敷いているのは花崗岩でしょうか。

100130oyaishi5
穴にシダが生えたりするのもいい感じです。
(家の方は困るようで、穴を埋められてますが)

100130oyaishi6
マップに紹介されていたライト風の門。
スクラッチタイルとの組み合わせ。

100130oyaishi1
大谷石単独の門。

100130oyaishi2
婦人之友社ビル周囲の石塀。
大谷石の石材を使っているというだけでなく、ひざの高さまでの低い塀というのもあちこちで見ました。素材とあいまって開放的な印象を受けます。

東京はそれほど歩いていないので、大谷石の塀がどの程度の頻度で現れるのか知らないのですが、大谷石のある風景はいいものだと思います。

100130komatsuishi
<下落合氷川神社の狛犬>

石の話ついでに、今回思ったこと。
江戸の狛犬はほとんどがグレーの小松石(真鶴産の安山岩)なのですね。
以前から東京の神社はどうして厳粛な印象がするのだろうと思っていました。大阪の神社は和泉砂岩や花崗岩の明るい色ですので、穏やかに感じます。その違いが感覚に影響していたのかもしれません。

街の石材から知らず知らずに受ける印象は大きいですね。


|

« 目白文化村とその周辺 | トップページ | 目白から王子へレトロの旅(東京都) »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73434/47626255

この記事へのトラックバック一覧です: 大谷石のある風景(東京都新宿区):

« 目白文化村とその周辺 | トップページ | 目白から王子へレトロの旅(東京都) »